スポンサーリンク

オールステンレスで一生もの!ケユカ「LidestオイルポットII」

揚げ物って大変ですよねー。下ごしらえしないといけないし、粉まみれになって、油まみれになって、おまけに片づけも大変。私なんてトンカツを揚げるだけでも一苦労なので、一度に何種類も用意できる人ってスゴイなーといつも感心します。

ともあれ、キレイに片づけたつもりでもオイルポットってどうしても油でギトギトになりがちです。おまけにサビも出てきます。我が家でも結婚以来十数年使い続けたオイルポットがサビてきたので、引越しを機に処分して新しいものを購入しました。

 

KEYUCA・LidestオイルポットII

ケユカ・LidestオイルポットII

引越しを機に購入したのは、KEYUCA(ケユカ)の「Lidest(リデスト)オイルポットII」です。使い勝手を何度か試してからご紹介しようと思っていたところ、気が付いたら売り切れになっていたため紹介を見合わせていたのですが、再入荷したみたいです。

フタが立つので置き場所に困らない

ケユカ・LidestオイルポットIIはフタが立つので置き場所に困らない

Lidestは商品名に「Lid(フタ)」という単語が含まれている通り、フタに特徴があるオイルポットです。フタのハンドルを下にすれば、上写真のように立てることができるんですね。

オイルポットのフタって油でギトギトしていて、使うときに置く場所に困るんですよね。その点、Lidestはそんなプチストレスから解放してくれます。

オールステンレスでサビない

ケユカ・LidestオイルポットIIはオールステンレスでサビない

また、Lidestオイルポットの本体やフタは1枚のステンレス板を曲げて作られているので、継ぎ目がなく、基本的にサビる心配がありません。さすがにハンドル部分は溶接ですけど、パーツそのものはこちらもステンレス板を折り曲げたもので頑丈です。

網は1枚ものではなくステンレスの網をステンレスの枠でサンドイッチしたものですが、揚げカスやギトギト油が継ぎ目などに詰まることはありません。とても手入れがしやすいです。

大口径で使用済みの油を注ぎやすい

ケユカ・LidestオイルポットIIは大口径で使用済みの油を注ぎやすい

Lidestオイルポットは使い終わった油を入れやすいです。私はてっきり本体の口径が大きいからだと思ったんですけど、そうじゃないんですね。容器の大きさそのものは一般的なオイルポットとそんなに変わらないのですが、網の枠が細くて揚げカスで網が詰まってしまうことがないからだと気付きました。

私はフライパンで揚げ物をします。天ぷら鍋と違って注ぎ口が付いていないので、使い終わった油をオイルポットに注ぐときは一気に流し込むことになるんですよね。それで網の面積が広くて揚げカスが詰まりにくいLidestオイルポットが使いやすいと感じるのだと思います。

食洗機OK

ケユカ・LidestオイルポットIIは食洗機OK

あと、これは商品説明には書かれていないことなんですけど、Lidestオイルポットはオールステンレスなので食洗機で洗っても大丈夫だと思います。2回ほど洗いましたが今のところ問題ありません(ただし乾燥機能は使わず)。

油でギトギトになったオイルポットを手洗いしなくて済むというのは、本当にストレスがなくて良いですね!

ちょっとかさばる?

ケユカ・LidestオイルポットIIはかさ張るように感じる

一方で、Lidestオイルポットはちょっとかさ張るように感じました。しかしながら、調べてみたら一般的なオイルポットもだいたい同じくらいの大きさでした。取っ手の形状が特殊なので、そう感じるだけなのでしょう。

 

というわけで、Lidestオイルポットにはとても満足しています。デザインはシンプルだし、食洗機OKだし、油が外側についてもキッチンペーパーですぐにキレイに拭き取ることができます。おまけに、網目が広くてフライパンでも油を注ぎやすいです。耐久性も高く、これはもう一生ものだと思います。

強いて欠点を挙げるとすれば、価格がちょっと高いことくらいでしょうか。でもこれも改めて調べてみたら、アルミ製と比べると2~3倍になるものの、ステンレス製では高くも安くもないということが分かりました。なので、コスパも決して悪くないと思いますよー。

関連記事

ためしてガッテン流でトンカツを揚げてみた→簡単だけど微妙な結果に
NHK「ためしてガッテン」の”平成最後の年に贈る!家庭の「フライ」新常識”という特集(2019年1月16日放映)で紹介されていた方法でトンカツを揚げてみました。バッター液を使うという方法は時短にも繋がるのがメリット。一方で、バッター液を濃くしすぎるとスーパーで売っているトンカツのように衣が厚くなって油もよく吸ってしまうのがデメリットでしょうか。
「食卓から手作りコロッケが絶滅の危機」は喜ばしいことだと思う件
パナソニック・エコソリューションズ社の「食卓の変化実態調査」によると、「食卓から手作りコロッケが絶滅の危機」だということです。しかし、夫婦共働きが当たり前になり、少しでも家事の負担を減らそうとする風潮の現在、手間が掛かる揚げ物を避けるというのはむしろ歓迎すべきことではないでしょうか。
唐揚げはコロッとしたものなんて誰が決めた!?薄くしたら少ない油で料理も時短
最近、家事にまつわるネタを書いていないので、「収納マンは主夫をサボっているんじゃないか」と思われてしまっているかもしれません。ですがもちろんそんなことはありません。相変わらず「洗濯の自由」は妻に奪われたままですが、料理や掃除などは変わらず私...
収納マンの初KEYUCAは新商品!「arrotsダストボックスpush」
KEYUCA(ケユカ)の新商品「arrotsダストボックスpush」を購入しました。従来品はペダル式ですが、こちらはプッシュオープン。袋留めの形状が変わり最大2分別に。また、キャスターは別売となっています。カチッと開閉できるのが最高に気持ち良いです!

コメント