『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

これは間違いなくおねだん以上!ニトリ「ランドリーラック・カナスタ2段」

ここのところ、ホームセンター各社は既存店売上高の微減が続いています。月次売上を公表していないカインズはともかく、好調なのはコーナンくらいです。

品群別で言うと、インテリア用品の売上減が目立つように思います。ということはおそらく、ニトリが競合になっているのでしょう。ホームセンターはどこもドラッグストアとニトリの草刈り場にされてしまっていると言えるのかもしれませんね。

深夜営業などの利便性というファクターも持つドラッグストアはさておき、勝ち組であるコーナンとニトリに共通するのはコスパです。やっぱり値段が安いというのは分かりやすいですし、可処分所得が限られる庶民にとって魅力的です。

 

ニトリ・ランドリーラック・カナスタ2段

値段が安いと言えば、ニトリの新商品「ランドリーラック・カナスタ2段」も間違いなくおねだん以上です。税込1,490円という価格は別に安いと感じられないかもしれませんが、他店の価格と比較すれば一目瞭然です。

サンカの「ボルカラック2段」という商品で、アマゾンでは税込2,483円、楽天市場では同1,954円から(2019/03/16現在、以下同)。高さが微妙に違いますけど、ほぼ同じものと見て間違いないでしょう。

なお、3段タイプもありますが、ニトリの税込1,990円に対し、アマゾン、楽天市場ともに、2,000円台からです。

値段のことはともかく、ポリプロピレン製の組立式ということで丈夫とは言えませんが、シンプルなデザインで洗面脱衣場などで気軽に使いやすいと思います。



ニトリ・ワゴン・カナスタ4段

ニトリのカナスタには一般的なバスケットタイプのワゴンもあります。上写真の「ワゴン・カナスタ4段」のほか、3段と、幅の狭いスリムタイプの4段と3段があります。

これらいずれも、やはりサンカの「カーゴワゴン」とほぼ同じ商品です。

こちらのワイドタイプの4段はアマゾンが税込3,018円、楽天市場が同2,138円からということで、ニトリの同2,490円というのは決して安くはありません。ですがまあ、近所のニトリで買えば送料分は助かるでしょうね。

 

もともとはボルカラックとカーゴワゴンで別の商品名のものを、同じメーカーということで「カナスタ」に統一しているニトリも律儀だなーと思うわけですが、昨今の動きを見るとむしろサンカのほうがニトリであまり目立ちたくないのでしょうね。サンカは他のホームセンターとの取引もありますから。

同様の動きは他にもあります。アスベルの「ラックスマグネット」シリーズが「アーバン」という商品名に変わったり。伸晃のラップホルダーなどもカラーをホワイトに統一して「チャーム」というシリーズで販売されています。

売れても売れなくても、メーカーとしては悩ましいところなんでしょうねー(苦笑)

関連記事

無印良品に負けてない!まさにおねだん以上のニトリ「Nインボックス」
リニューアルしたニトリの「Nインボックス」はおねだん以上で、まるで無印良品のよう。従来品よりスクエアでスタイリッシュ。フタの天面とボックスの側面はマット調に仕上げられており、質感へのこだわりが感じられます。
ニトリとほぼ一緒!DCM系列が「squ+インボックス」もどきの販売開始
ホームセンターのダイキ、カーマ、ホーマック、ケーヨーデイツー、くろがねや、サンワを擁するDCMホールディングスが、サンカの「squ+インボックス」とほぼ同じカラーボックス用インナーボックスを発売します。ニトリでも扱うプロパー品との違いは?
ニュータイプかっ!?ニトリ×天馬「フィッツプラスNT」は引出しのデザインが違うだけ
収納マンおすすめのポリプロピレン製チェストと言えば天馬のフィッツプラス。このジャンルのものとしては高級品ながら定番と言えるほどの人気で、ニトリでも扱われていました。 ”ニトリでも扱われていました”と過去形になっているのは、ニトリの店頭...
カラーボックスを小物の収納に最適なチェストにチェンジ!サンイデア・squ+ポスデコ
カラーボックスは手軽な魔法の収納グッズではありません。むしろ何を収めても中途半端で不完全な、安いだけが取り柄の収納グッズです。実際、収納方法に困ることが多い小物を収納するにはとても煩わしさを感じます。 そんなカラーボックスを小物の収納...

コメント