『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

珍しいホワイト系のオープンシェルフ!ニトリ「天然木ユニットシェルフ」

自分で言うのもナンですが、わたくし収納マンは膨大な数の収納グッズや家具を網羅しています。そのため、「どんな収納家具を置けば良いか?」という相談を受ければ、頭の中のデータベースから最適なものを提案することができます。

しかしながら、「白い木製オープンシェルフを探して欲しい」という相談にだけは何度も苦汁を味わされました。これが、ありそうでないのです。ないこともないのですが、ロクなものがないのです。

でも、「これなら大丈夫かも?」と思える新商品が登場したので紹介したいと思います。

 

ニトリ・天然木ユニットシェルフ

ニトリ・天然木ユニットシェルフ(ワイドハイタイプ)

出典:ニトリネット(以下同)

ご覧ください!こちらがまさしくホワイト系の木製オープンシェルフ、ニトリの「天然木ユニットシェルフ」です。ホワイトウォッシュなのでベタっとした純白ではありませんが、ほぼほぼホワイトと言って差し支えないでしょう。


最下段のボックスで強度を確保

ニトリ・天然木ユニットシェルフ(ワイドハイタイプ)

例によって例のごとく、天然木=パイン集成材なのでそれほど頑丈とは言えません。しかし、スチールや化粧合板と違ってナチュラルな風合いを楽しむことができるはずです。また、最下段は2段カラーボックスのようなものをビルトインしているので、それなりの強度は確保できているはずです。

なお、固定棚の耐荷重は1枚あたり11kg、最下段ボックス内の可動棚は同じく7kgとなっています。

カラーボックス並みの奥行

ニトリ・天然木ユニットシェルフ(ワイドハイタイプ)

奥行は30cmなので3段カラーボックスと同程度。高さは182.5cmの5段で全段固定式ですから、A4サイズがちょうど収まるくらいかなと思います。使い勝手としては微妙なところかもしれませんが、他にマトモなホワイト系の木製オープンシェルフが存在しない現状、致し方なしというところでしょう。

ちなみに、白井産業の「きなりえ」は民事再生のドタバタに紛れて消滅した模様です。

まるで安っぽい無印良品のオーク材ユニットシェルフ!?白井産業「きなりえ」
無印良品のユニットシェルフには4つのグレードがあります。パイン材、スチール、ステンレス、そしてオーク材。パイン材、スチール、ステンレスはいずれも背面をクロスバーで支える構造で、他社でも類似品はいくつもあります。しかしオーク材は筋交いで支える...

ラインナップ一覧

ニトリの天然木ユニットシェルフは「組合せによって拡張可能な便利なシェルフ」というシリーズ名が設けられていて、いくつかのラインナップが用意されています。また、ホワイトウォッシュだけでなくダークブラウン(上写真)もあります。

価格は冒頭の幅81cmタイプが税別21,204円、上写真の天然木ユニットテレビボード3点セットが一番高価で同60,835円となっています。無印良品の「パイン材ユニットシェルフ・86cm幅・大」が税別13,796円だということを考えると割高感がありますが、どうしてもホワイトが良いとなれば致し方なしでしょうか。

 

なお、今回ご紹介したニトリの天然木ユニットシェルフは現状、ニトリネットのみでの販売となっています。そのため、店頭で見ることはできません。また、ネット限定ということはどこぞのプロパー品かと思って色々探してみたのですが、同じものは他で見つけることができませんでした。

奥行30cmが良い、棚板は全段固定で問題ない、それほど重いモノを乗せる予定もない、ちょっとくらい高くてもホワイトが良いということでしたら、ニトリの天然木ユニットシェルフはオススメできると思います。しかし、これらの条件から外れるようなら、ホワイト系をあきらめるか、IKEAの「IVAR(イーヴァル)」を自分で白く塗装するというのが妥当なところでしょうか。

しかし、需要はきっとあるはずなのにホワイト系の木製オープンシェルフがないというのは一体どういうことなのでしょうね?下地が透けないようにためには厚塗りする必要があり、そうするとコストが掛かって売れる価格ではなくなってしまうからでしょうか。

やっぱり、これからもしばらく苦悩する日々が続きそうです(苦笑)

関連記事

ザ・ホワイト!オシャレな白いオープンシェルフ6選
「ホワイトのオープンシェルフを探しています」と言われることが多いんですが、これが意外とないんですよね~。ただでさえ選択肢が少ないのに、サイズが合わなくて断念ということもありますから、なおさら難しいです。 以前にも同様のご相談があって、...
「ラブリコ」などに最適な塗装済みor無塗装の純正パイン無垢板が発売!
平安伸銅工業 から発売された「パイン集成材棚板」は、「ラブリコ・ナゲシレール」や「Weekend Workshopシェルフフレーム」シリーズに最適なサイズにカットされ、塗装済みもしくは無塗装の集成材です。価格が手頃なので、DIYは面倒臭い、コスパが悪いなどと考える人に最適です。
モノクロ好きに朗報!山善のメタルシェルフに「白&黒のパーツ」が充実
山善のメタルシェルフに「白&黒のパーツ」が登場。ブラック&ホワイトのモノクロ好きには朗報と言えるでしょう。サポートコの字バーのほか、奥行きハーフ追加棚、普通の棚板(ワイヤーシェルフ)が加わりました。アイリスオーヤマと悩ましいところです。
ライトグレーと言うよりホワイト!無印良品「スチールユニットシェルフ」リニューアル
無印良品の「スチールユニットシェルフ」がリニューアルされたので実物を見たうえでレポートします。色はグレーからライトグレーに変わりましたがホワイト以外の何物でもないと思います。価格はセット品が5~21%安くなりましたが、追加棚や帆立などのパーツは据え置きです。まだほとんどのオプションパーツがグレーのままなので、これから買い揃えたい人には悩ましいところ。

コメント