スポンサーリンク

ニトリの「つっぱりロールスクリーン」は既製サイズでも隙間なく価格も安い

私は基本的に押入れは襖を外して開けっぱなしにするのが良いと考えています。そうすることで、通気が常に確保できるだけでなく、モノの出し入れも容易になるからです。おまけに、たとえば引違いの襖の場合は、左右それぞれのスペースからモノを取り出す面倒臭さがありませんし、左右のスペースを跨ぐ形で引出し式衣装ケースや布団を収納することだってできます。つまり、メリットが非常に多いのです。

しかし一方で、襖を外してしまうと中身が丸見えになってしまいます。リビングダイニングから見える場所だったりすると、ちょっと恥ずかしいかもしれません。かと言って布やカーテンで隠すと、”隠してます感”が浮き彫りになってしまいます。ロールスクリーンならフラットな感じで良いですが、賃貸住宅では取り付けが事実上無理ということもあるでしょう。

そんなときは突っ張り式のロールスクリーン!ですが、オーダーになるとお値段もなかなかのものです。

そうして結局、つっぱり棒にカーテンという選択肢に押し戻されがちだったわけですが、ニトリの「つっぱりロールスクリーン」を使えば問題は解決するかもしれません。

※価格および仕様はすべて2022/08/05現在

 

ニトリ・つっぱりロールスクリーン

ニトリ・つっぱりロールスクリーン

出典:PR TIMES

ニトリが一部店舗で4月から販売を開始し、8月中旬から全国の大型店舗へ拡大する「つっぱりロールスクリーン」は、従来からある一般的な突っ張り式のロールスクリーンとはちょっと違います。

これまで突っ張り式のロールスクリーンは既製品なら押入れや窓の枠とスクリーンの間にすき間が生じることが多々ありました。また、サイズオーダーだと価格が一気に跳ね上がるという問題がありました。

一体どういうことか、もう少し詳しく説明してみましょう。

従来の既製サイズはすき間が生じやすい

従来の一般的な既製サイズの突っ張り式ロールスクリーンは、ロール軸そのものが突っ張り棒のような構造になっているため、窓枠や押入れの枠との間にすき間が生じたり、そもそもサイズが合うものが見つからないという問題がありました。

ニトリは突っ張りパーツが独立している

一方、ニトリが販売を拡大する予定のものは突っ張りパーツがロール軸とは独立しており、スクリーンが窓枠を覆う格好になります。そのため、既製品であっても窓枠との間にすき間が生じず、合うサイズが見つからないといった問題もほとんどありません。

取り付け簡単!

文章では分かりにくいと思うので、動画で構造や取り付け方などを見てみましょう。これなら賃貸でも問題なく取り付けできそうです。良くできているなーと感心しますね。

ラインナップ

タイプスクリーン寸法対応間口幅税込価格
採光幅60×丈135cm40~60cm5,490円
幅90×丈180cm61~90cm5,990円
幅180×丈180cm136~180cm9,990円
遮光1級幅60×丈135cm40~60cm5,990円
幅90×丈180cm61~90cm6,990円
幅180×丈180cm136~180cm10,990円

ニトリのつっぱりロールスクリーンは幅40cmから180cmまで対応可能な3サイズが用意されています。これなら小窓から一間幅の掃き出し窓や押入れまで対応できますね。

また、それぞれ採光タイプと遮光1級タイプがあり、カラーもホワイトとブラウンの2色が揃っています。それでいて幅60×丈135cmサイズで5,490円からなので、オーダーする場合と比べて半値程度で済む計算です。

製造元はフルネス?

「これは画期的!さすがニトリ!」と思ったら、どうもフルネスの製品のようです。というか、動画がニトリ版とほぼ同じ(苦笑)基本的にはまったく同じ仕様とサイズで、ホームセンター最大手のDCM系列でも販売されています。DCMのほうがカラーバリエーションも豊富です。

そう言えば、ニトリでも以前からフルネスのロールスクリーンを扱っていましたね。

 

というわけで、別にニトリがスゴイっちゅーわけでも何でもなかったわけですが、商品そのものは手軽で良いと思います。これなら賃貸住宅でも穴を開けることなく、価格も安く抑えることができて、気軽にロールスクリーンを窓枠や押入れなどに取り付けることができますからね。

なお、価格が高くなってもできるだけピッタリ合うサイズのロールスクリーンのほうが良いという場合は、タチカワブラインドが似たような仕組みの突っ張り式ロールスクリーンを扱っているのでそちらをご検討ください。

関連記事

国産オーダーなのに安い!立川機工のロールスクリーン「ファーステージ」
立川機工の既製品ロールスクリーン「ティオリオ」とオーダー品の「ファーステージ」を購入して比較してみました。ファーステージは単に色やサイズをオーダーできるだけでなく、ブラケットが位置調整可能な金属製。しかもサイズによっては意外と安いです。
ニトリvsナフコvsカインズvs専門店!既製カーテンを比較してみた
ニトリ、ナフコ、カインズ、カーテンじゅたん王国で、既製カーテンを購入して比較してみました。品揃えが豊富で品質も価格も良いと感じたのはナフコ。ニトリは品揃えこそ十分ですが、品質はおねだん相当。カーテンじゅうたん王国は専門店の割りにイマイチ。もっとも最悪だったのはカインズでした。
意外と盲点!?石膏ボード壁にカーテンレールを取り付ける方法と選び方
石膏ボード壁にカーテンレールの選び方とその取り付け方について。長さは窓の幅よりも約20cm長いものを選ぶのが一般的です。またその位置は窓上約10cmくらいが無難でしょう。下地がない場合はカベロックやアンカーを使う必要があります。
機能的でオススメ!押入れにカーテンを取り付ける方法
※写真は一間半(幅約2700mm)の押入 押入れは一般的に一間幅(約1,800mm幅)で左右引き違いの襖2枚がついていることが多いですが、この場合、片側の開口部は800mm程度となり、1,000mm幅程度の布団を出し入れするには意...

コメント