『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

山崎実業「プレート」「アクア」がニトリで「フラット」「アクート」に

山崎実業の「Plate(プレート)」や「AQUA(アクア)」はシンプルなデザインで人気の高いシリーズです。そのため、ほとんど値引きがないにもかかわらず、多くのホームセンターやインテリアショップで扱われています。

ジェネリックな商品ばかり扱われていると思われがちなニトリでも山崎実業の商品が扱われていました。しかし、さすがに「おねだん以上」ではないと判断されたのでしょうか。ニトリのプライベートブランドである「DAY Value」を冠してオリジナル商品化されました。

 

山崎実業「プレート」→ニトリ「フラット」

ニトリ・ポリ袋エコホルダー FLAT(WH)

出典:ニトリ

スチール製のキッチン収納小物を中心に展開している山崎実業の「PLATE(プレート)」が、ニトリでは「FLAT(フラット)」として展開されることになりました。しかし、まったく同じ商品をパッケージと商品名だけ変えたわけではありません。どうも微妙に変わっているのです。

たとえば上写真のニトリの「ポリ袋エコホルダーFLAT」は山崎実業「ポリ袋ホルダーPlate」とほぼ同じサイズでありながら、上方に伸びる4本の棒の形状は「ポリ袋エコホルダーL TOWER」のようにフラットです。それでいて、価格は楽天市場で買うのと同程度となっており、「おねだん以上」の面目躍如といったところです。

なお、ニトリのFLATシリーズはポリ袋エコホルダーを含めて現在23アイテムが揃っています。また、プレートはホワイト色が基本ですが、フラットは一部商品でホワイト、レッド、グレーの3色展開となっています。



山崎実業「アクア」→ニトリ「アクート」

ニトリ・水切りバスケット ACUTO(RE)

出典:ニトリ

ABS樹脂などを主材とした山崎実業のシンク周り用品「AQUA(アクア)」は、ニトリでは「ACUTO」と商品名を変えて販売されます。こちらは「アクア」を文字って「アクト」かと思いましたが、おそらくはイタリア語で「アクート」と読むのが正しいのだと思います。「鋭い」「激しい」といった意味のようです。

それはさておき、ニトリのアクートはフラットと違って金型を作るのが大変だからか、基本的にアクアとディテールが同じようです。微妙に変えている可能性は否定できませんが、パッと見た感じは同じで全5アイテムをラインナップしています。

それでもカラバリは若干違っていて、たとえば「水切りバスケットAQUA」がホワイト、レッド、グリーンの3色展開なのに対し、ニトリのアクートはグリーンに代えてグレーを展開しています。価格も楽天市場でアクアを買うのと同程度です。

山崎実業 水切りかご アクア レッド レッド
ホームセンターヤマキシ楽天市場店
¥ 1,760(2019/10/18 15:19時点)

 

実のところ山崎実業は「TOWER」や「Plate」や「AQUA」などのブランドを巧妙に使い分けて同じ商品を別の商品名で販売することで、違いがあるのかないのかが消費者に分からないようにしています。ニトリでも今のところプレートとアクアの残りとフラットとアクートが売場に混在しており、私にもちょっと把握しかねるところがある状態です。

もし何かしら大きな違いに気づかれた方は、是非ご一報ください(笑)

関連記事

IKEAの新商品「GRUNDVATTNET食器洗い用ボウル」と山崎実業の「AQUA」を比較
前回はIKEAの新商品「JORDBROビーズクッション」を紹介しましたが、今回IKEAを訪問するにあたってはもうひとつの新商品をチェックすることも目的のひとつでした。 【前回】安物買いの何とやら。IKEAの「JORDBROビーズクッシ...
イオンよりおねだん以上!浴室マグネット収納「ラックスMG」ならニトリ
アスベルの浴室用マグネット収納グッズ「ラックスMG」シリーズは、ニトリでは「アーバン」という商品名で、イオンでは「ホームコーディ」のラインナップとして販売されています。価格を比較してみたところ、ニトリのほうが安いという結果になりました。ラインナップもニトリのほうが豊富です。さすがおねだん以上。
あの定番がリニューアル!ニトリの「Nインボックス」は旧仕様と互換性あり
ニトリ×サンカの「squ+インボックス」がリニューアルされて「Nインボックス」になりました。サイズ、価格、カラーバリエーションはほぼ同じ。従来品と完全に互換性もあります。ただデザインがスクエアになっただけとも言えますが、その一言で片づけられないほど美しくなりました!
ニュータイプかっ!?ニトリ×天馬「フィッツプラスNT」は引出しのデザインが違うだけ
ニトリ×天馬の「フィッツプラスNT」はプロパーと引出し前板のデザインが違うだけ。あとは幅35cmがないというデメリットしかないものでした。しかし、2019年1月に天馬が一律値上げをした一方、ニトリでの価格は据え置いたため、ニトリのほうが安くなってしまいました。

コメント