『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

あの定番がリニューアル!ニトリの「Nインボックス」は旧仕様と互換性あり

ニトリのカラーボックス用インナーケース「インボックス」は、サイズラインナップが豊富なだけでなく、カラーボックス以外でも様々な用途で使えるということで人気の定番アイテムです。サンカ(サンイデア)の「squ+INBOX」とまったく同じものなのですが、ニトリのほうが価格が安く入手もしやすいということも人気の秘訣と言えるでしょう。

サンカ・squ+インボックス

ただ、そういう状況は先に取り扱ってきたホームセンターにとっては面白くありません。メーカーとしても何とかしなければならないと考えていたことでしょう。

ニトリのほうも「DCMにはオリジナルを作ってウチはプロパーかよ!」という思いがあったのかもしれません。ともあれ、今年に入ってから従来のインボックスを「Nインボックス」にリニューアルして販売を開始しました。

 

もっとスクエアに!Nインボックス

ニトリ・Nインボックス

出典:ニトリネット

従来のインボックスから「Nインボックス」にリニューアルして何が変わったかというと、まず最大の変化はより四角くなったということです。これまでも十分に四角かったですが、よりエッジの効いたデザインになりました。



サイズは変わらず、従来品と完全互換

1mmほど表記寸法が変わっているものもありますが、基本的にはサイズは同じ。サイズバリエーションも同じです。キャスターやフタも含めてラインアップも同じ。そのため、従来のインボックスとは完全互換となっています。つまり、旧仕様の上に新仕様を重ねたり、旧仕様のボックスに新仕様のフタをセットすることもできるのです。

価格も基本的に変わらず

旧仕様新仕様
たてハーフ538円599円610円
レギュラー699円699円712円
ハーフ538円599円610円
クオーター399円399円407円
フタ レギュラー299円299円304円
フタ クオーター199円199円203円

価格も基本的に変わっていないようです。記事執筆時点でニトリネットでの「たてハーフ」と「ハーフ」の売価は税込538円となっているのですが、私の記憶(記録)では599円だったはずです。なので、基本的にリニューアルに伴う価格の変更はありません。

2019年10月1日の消費増税以降の税込価格に対応しました。本体価格には変更ありません。

カラバリは若干変更で1色減

  • 旧仕様…7色(クリア、ホワイト、グレー、ダークブラウン、ターコイズブルー、イエローグリーン、ローズ)
  • 新仕様…6色(クリア、ピュアホワイト、グレー、ブラウン、ターコイズブルー、ローズ)

カラーバリエーションはほとんど同じ感じですが、若干変わっています。また、従来は最大7色まで増えたのがリニューアル後は1色減って6色となっています。

しかしながら、ニトリでインボックスを扱い始めた当初はホワイトとダークブラウンだけだったので、今後また増える可能性もあるかもしれません。

 

ちなみに、「インボックス」からリニューアルした「Nインボックス」ですが、ニトリの店頭での案内によると、収納ボックス「レッタ」という商品名で存在した時期があったようです。ニトリには「レッタ」というローボードやサイドボードがありますけど、デザイン的には何ら関係なさそうに見えます。ひょっとすると、特定の地域で先行販売されていたのかもしれません。

それはさておき、つまるところNインボックスは従来品と比較して、サイズも価格もカラバリもほぼ同じ。日本製で引き続きサンカが作っているように見えます。ただデザインがよりスクエアな感じになっただけです。従来品と完全に互換性もありますから、これまでのユーザーが不利益を被る心配もありません。

しかし、ただスクエアになったという表現では片づけられないほど、Nインボックスは美しいのです!私は感動のあまり、必要もないのに買ってしまいました(笑)

次回、実物をより詳しくレポートしたいと思います!

続編

無印良品に負けてない!まさにおねだん以上のニトリ「Nインボックス」
リニューアルしたニトリの「Nインボックス」はおねだん以上で、まるで無印良品のよう。従来品よりスクエアでスタイリッシュ。フタの天面とボックスの側面はマット調に仕上げられており、質感へのこだわりが感じられます。

関連記事

あれれ?ニトリのカラーボックス用インボックスはサンイデアのsqu+インボックスと同じ!?
今までまったく気付かなかったんですが、ニトリのカラーボックス用インボックスはサンイデアのsqu+(スキュープラス)インボックスとどうも同じもののようです。 ニトリ・インボックス サンイデア・squ+インボックス これがまた...
ニトリとほぼ一緒!DCM系列が「squ+インボックス」もどきの販売開始
ホームセンターのダイキ、カーマ、ホーマック、ケーヨーデイツー、くろがねや、サンワを擁するDCMホールディングスが、サンカの「squ+インボックス」とほぼ同じカラーボックス用インナーボックスを発売します。ニトリでも扱うプロパー品との違いは?
モノクロ収納に!黒のインテリア用品のセレクトショップ「カバロック」
楽天市場にあるショップ「KABAROCK(カバロック)」は、黒い収納インテリア用品のセレクトショップ。運営元のアステージの商品だけでなく、同じ新潟県のJEJの商品も豊富で、単にブラック色で揃えているだけでなくオリジナル商品が多いです。
カインズホームのカラーコンテナもカラーボックスにピッタリ!しかもサンイデアのsqu+よりお得
前回はカラーボックスにピッタリなIKEAの「KUGGIS(クッギス)ふた付きボックス」を紹介しました。 【前回】IKEAの新商品「KUGGIS(クッギス)ふた付きボックス」ならカラーボックスにピッタリ! IKEAの「KUGGIS...

コメント