セリアで買った50mm幅の白いマスキングテープは塗装以外にも使えるかも

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

過去に何度か触れている通り、我が家では白いマステを多用しています。壁紙に粘着テープで何かを貼り付ける際の下地として使うほか、壁紙の養生や、配線を壁に固定するときなどに使用します。

しかしながら、常用しているカモ井のマステも以前に比べると実質的に値上がりしています。信頼性が高いことを考えれば妥当な価格ではありますが、どうでも良いような場所で使う際はグレードを落としてでもコストを抑えたいというのも本音です。

ちょうどセリアで似たような幅広の白いマステを見つけたので試してみることにしました。

※この記事は2023年8月21日時点の情報に基づいています

 

ナカトシ産業・マスキングテープ幅50mm×長さ8M白

ナカトシ産業・マスキングテープ幅50mm×長さ8M白 品番 500-MTW JANコード 4904342005371 @セリア

品番500-MTW
JANコード4904342005371
材質基材:和紙
粘着剤:アクリル系粘着剤
製造国中国
税込価格110円

ナカトシ産業の「マスキングテープ幅50mm×長さ8M白」は、私が愛用しているカモ井の白いマステ(MT5W208)と同じ幅50mmのマステです。

ナカトシ産業は長さ8m、カモ井は7m。かたや中国製、かたや日本製ですが、カモ井の1/3~1/5くらいのコストで済むのですから安いと感じます。

ただし、こちらはあくまで塗装用。カモ井のマステとは根本的に違うことは明らかです。

サンノート・マスキングテープ白 幅24mm×長さ14m

サンノート・マスキングテープ白 幅24mm×長さ14m JANコード 4954939022014 @セリア

JANコード4954939022014
材質基材:和紙
粘着剤:アクリル系粘着剤
製造国日本
税込価格110円

その横に目を遣ると、日本製の白いマステがありました。サンノートの「マスキングテープ白 幅24mm×長さ14m」です。黄色や幅18mm×長さ18mもあります。

こちらも塗装用で、幅は半分ほどですが、日本製ですからカモ井のマステの品質に近いものがあるかもしれません。ついでに買って試してみることにしました。

それにしても、ナカトシ産業とサンノートの直接対決は粘着式マグネットシート以来ですね。

100均でも超強力な粘着マグネットシートはダイソーではなくセリアにあった!
100円ショップのセリアで強力タイプの粘着式マグネットシートを2点購入しました。ナカトシ産業の「粘着付マグネットプレート」とサンノートの「マグネットプレート強磁力片面粘着剤付2枚入」。いずれも磁力がとても強くて収納に役立ちます。ダイソーには売ってません。

 

カモ井に比べると薄い&ツヤあり

カモ井加工紙MT5W208に比べるとナカトシ産業とサンノートは薄い&ツヤあり

ナカトシ産業とサンノートのマステは幅も製造国も異なるものの、紙質などの質感はほぼ同じに感じられます。いずれもカモ井加工紙のmt basicと比較すると紙厚が薄く感じられるとともに、ツヤがあります。塗装用ですから当然と言えばその通りですが。

壁紙に貼って比べてみると、ナカトシ産業とサンノートのマステはやはりカモ井に比べると壁紙の表面の凸凹を拾います。一方で、粘着力は同程度に感じられます。

 

ナカトシ産業とサンノートは透け透け

ナカトシ産業とサンノートのマステはカモ井加工紙に比べると透け透け

2×4材に貼って、カモ井加工紙のマステ各種と透け具合を比較してみました。もっとも薄くて透けやすい「mt foto」よりも薄くて透けやすいことがお分かりいただけるかと思います。

ちなみに、上写真では分からないとは思いますが、ツヤは下貼り用の「mt CASA LINING」に近い感じです。

 

一般的な塗装用マステより白い

ナカトシ産業とサンノートのマステは一般的な塗装用マステに比べると白い

「じゃあ結局、ナカトシ産業とサンノートのマステは普通の塗装用マステじゃないの?」と思われるかもしれません。でも、一般的な塗装用マステってだいたい生成り(きなり)色ですよね。それに比べるとナカトシ産業とサンノートのマステは白いです。

 

以上のことから、今回ご紹介したナカトシ産業とサンノートのマステは壁紙の養生などに適していると思います。浴室ドア周辺や洗濯機、洗面化粧台周り、キッチンのそばなどに貼ると良いでしょう。塗装用なので水や汚れを弾きやすいはずです。

逆に、マステの上から両面テープを貼って壁に何かをくっつけるとかには向かないかもです。あと、薄くて透けやすいので下地を隠すという用途には不向きだと思います。

そういった特性を理解しておけば、これはこれで使えるんじゃないでしょうか。

壁紙にマステを貼ると壁紙を傷める可能性があります。自己責任でお願いします。

関連記事

カモ井「mt CASA」廃番!白マステならbasicかLIVINGかfotoで
私がこれまで愛用していたカモ井加工紙のマスキングテープ「mt CASA 50mm幅×10m巻き マットホワイト MTCA5086」が廃番になってしまいました。後継品はmt basic。下貼り用でコスパを重視する場合はmt CASA LINING。mt fotoは少し薄いので下貼りとして使うにはあまり適さないかもしれません。mt CASA FLEECEは壁紙の広い面を模様替えするのに最適です。
我が家の「カモ井のマステ」活用事例10選!配線収納や壁紙のキズ防止に
カモ井加工紙の白いマスキングテープ(mt CASA 50mm幅&100mm幅)は私にとってマストアイテムです。粘着式のフックを壁紙に貼り付ける際や、配線を固定する際、壁紙のキズ防止のためなどに使います。
セリアにあった!百均「白い幅広マステ」をカモ井加工紙&無印良品と比較
白い幅広のマスキングテープが100円ショップで売ってないかなーとずっと探していたのですが、近所のセリアの棚の一番下にありました。喜びのあまり早速買ってきたので、カモ井加工紙と無印良品のマステと比較してみました。
リピ買い必至!ダイソー「カビ汚れ防止マスキングテープ」でキッチンが美白に
ダイソーの「カビ汚れ防止マスキングテープ」をシステムキッチンのシンクとコンロ周り、洗面化粧台、ステンレストップのミニキッチン、それぞれのコーキング部分に貼ってみました。貼ってみると半透明になるので白いワークトップだとまったく目立ちません。カビ防止の効果はまだ分かりませんが、ホコリや汚れの防止には役立つと思います。

コメント