『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

IKEA・無印良品・3COINSで!コスパ良し&オシャレなフタ付き収納ボックス3選

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開されましたのでお知らせします。

布で隠すのはダサい!ボックスを使ってスマートに収納しよう | cataso[カタソ]
見せたくないモノは布を掛けてしまえばスッキリ!そんな風に思い込んでいませんか?でも実はすごくダサい収納方法なのです。布で隠すというのは、すっぴんでマスクをしてベンチコートを着て出掛けるようなもの。その理由とおすすめの収納方法をご説明します。

お客様のところでもよく言われるんです。「こういうのは布で隠したら良いですよね?」って。その度に私は否定するんですが、今回の記事に書いたように、隠せたと思っているのは本人だけで、むしろ「隠しましたアピール」をしてしまうだけなんですね。

とは言え、ボックスに収めれば良いと言われても、これもなかなか難しいです。いや、正確に言えば、インテリア好きにとってはむしろ楽しい作業なんですけど、片づけが苦手と言う人にとっては難しい作業のようです。片づけが苦手な人はコストパフォーマンスなどスペックを重視する傾向があり、サイズや強度を追求するからです(もしくは考えるのが面倒臭くなって、逆にテキトーに買ってきてしまうことも)。

というわけで今回は、IKEA・無印良品・3COINSで、コスパが良くてオシャレなフタ付き収納ボックスを3つ選んでみました。なぜこの3社かと言うと、比較的身近だからです。一応ニトリも見てみましたが、お金をもらっても要らない感じだったので今回はパスしました。

なお今回は、最低でもカラーボックスで使える大きさ以上のものに限定しています。

 

IKEA・SMÅRASSELふた付きボックス

IKEAで売っている紙製のフタ付きボックスは安いけどペラペラで、およそ耐久性というものは期待できません。しかしながらSMÅRASSELふた付きボックスはW21×D26×H15cmサイズで199円と低価格。その価格で縁がスチールで装飾されているので多少の耐久性は見込めます。

無印良品・ポリプロピレンキャリーボックス

無印良品・ポリプロピレンキャリーボックス・小

出典:無印良品

無印良品で最も低価格なのはポリプロピレンキャリーボックス・小。定評のあるポリプロピレン製なので丈夫です。ボックス自体は半透明なので中身は見えますけど、ラインを揃えることができるので中身は見えてもスッキリと見せることができます。また、前面内側にカワイイ柄の包装紙などを貼り付けておけば、中身を隠すこともできます。

 

3COINS・フラットケース

3COINS・フラットケース

出典:3COINS

100円ショップにもフタ付き収納ボックスはいろいろありますけど、やっぱりただお金は取らないというか、100均は所詮100均かなと感じます。ダイソーなら200~300円でそこそこの柄のものもありますけど、それなら最初から3コインズに行ったほうが早い感じがします。

こちらのフラットケースは表面がフェイクレザー調のビニールでそこそこ丈夫ですし、雰囲気も悪くないです。

 

という感じで、やっぱりボックスはそこそこのお金は出さないとなかなか良いものがないなーと改めて思いますし、部屋中で統一しようと思えばそれこそまとまったお金が必要になります。だからまとめて一気に布でバサッと隠してしまいたくなるんだと思いますけど、やっぱり細かいところからひとつひとつこだわっていきたいものですね。

関連記事

【衣装用フタ付き収納ボックス比較】ニトリvs無印良品vsイケアvsカインズvs天馬vsアイリスvsJEJ
ニトリ、無印良品、イケア、カインズ、天馬、アイリスオーヤマ、JEJの衣装用フタ付き収納ボックスを比較してみました。見た目重視なら無印良品、コストパフォーマンス重視ならカインズホーム、耐久性重視なら天馬、そこそこの見た目と耐久性を期待するならJEJがオススメです。一方でIKEAは地雷と言えるでしょう。
IKEAの新商品「KUGGIS(クッギス)ふた付きボックス」ならカラーボックスにピッタリ!
割りと最近、IKEA(イケア)の雑貨ラインナップに加わった新商品「KUGGIS(クッギス)ふた付きボックス」。これがなかなか素敵なのです。 カラーボックスにピッタリなサイズ展開 イケアの「KUGGIS(クッギス)ふた付きボックス...
コスパ最悪!古紙100%利用のRE STANDARD「モールデッド・パルプボックス」が激カワイイ
とある家具&雑貨店で、玉子の紙パックのような素材でできたフタ付きの箱を見つけました。 オフィスに戻ってから調べてみたところ、RE STANDARD(リスタンダード)の「モールデッド・パルプボックス」という商品であることが分かり...
無印良品の「ポリプロピレン収納ボックス」と「キャリーボックス」を比較
無印良品から新商品「ポリプロピレン収納ボックス」が発売されました。これは従来の「PPキャリーボックス」をリニューアルしたものと考えられます。比較してみたところ、フタ別売、合計価格アップ、キャスター取付不可といった点が大きな違いといえます。キャスターを取り付けたい場合はサイズ展開がほとんど変わらないロック付きのほうを選ぶと良いでしょう。

コメント