山崎実業も参戦!オシャレな「収納に使えるフタ付きポリバケツ」7選

日用品やオモチャなどを収納する箱状のものは今や様々な選択肢があります。素材だけでも、ポリプロピレン、スチール、布、ストロー、合板など。形状や大きさはまさに多種多様です。

そんななか、ポリバケツというのは選択肢のひとつに過ぎませんが、興味深い存在です。誰が見てもバケツだと分かる存在感はインテリア性があります。また、大きな持ち手や水を入れることもできるという点では非常に実用的でもあります。

このたび山崎実業が新たにポリバケツを発売したので、それを機に「収納に使えるポリバケツ」を全部で7つピックアップしてみました。

山崎実業・バケツTOWER 4208/4209

山崎実業・バケツTOWER 4208/4209

山崎実業のTOWERシリーズの新商品「バケツ」は、珍しい四角いフタ付きのポリプロピレン製バケツです。容量は12リットルで、外寸は275×265×280mmということですから、パッと見よりも立方体に近い形状です。

このバケツがユニークなのは、バケツなのに一般的なカラーボックスに収まるサイズだということ。また、フタをセットしたときに縁がほとんど見えないのでスタイリッシュです。

なお、TOWERシリーズなので当然と言えばそうですが、バケツにしては珍しくホワイト(4208)とブラック(4209)のモノトーンカラーでバリエーションされています。

無印良品・ポリプロピレンバケツ・フタ付

収納に使えるポリバケツと言えば、無印良品の「ポリプロピレンバケツ・フタ付」を最初に思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。生活感が出がちなバケツを無印流にシンプルにアレンジした定番商品と言えます。

容量は7.5リットルで、外寸は310×290×200mm。山崎実業のバケツに比べると約2/3の高さであるうえに円筒形なので容量は小さいです。それでも山崎実業より実用性を重視したサイズとデザインだと思います。



八幡化成・オムニウッティL

八幡化成の「オムニウッティL」も定番の収納に使えるポリバケツです。10リットルのLサイズのほか、20リットルのLLサイズ、8リットルのSサイズがあり、カラーバリエーションも実に豊富です。

インテリア性が高いだけでなく、耐荷重は150kg、耐熱温度は-20~120℃、水を汲む際に便利なホースを通す穴が持ち手に開いているなど、実用性も非常に高いことが特徴です。

ライクイット・マルチポットMP-02

前述のオムニウッティに似ているのがライクイット(吉川国工業所)の「マルチポットMP-02」です。5リットルのSサイズ、7.5リットルのMサイズ、12リットルのLサイズがあり、カラーは6色展開です。

表面がツルっとしているので、オムニウッティのヴァッフェルのような表面が気にくわないという方には良いのかもしれません。

SK11・プラスチックペールバケツ 蓋付き

個人的にお気に入りなのが、工具メーカーであるSK11(藤原産業)の「プラスチックペールバケツ 蓋付き」です。つまり、家庭用品ではなくガチのプロユースなので頑丈です。

容量は20リットル、外寸は370×360×360mmと大きめ。持ち手はロープでできており、フタはパチンとハメられるようになっています。インダストリアル系や男前インテリアにはピッタリかも。

Tidy (テラモト)・ バケットCE-666-200

Tidy (テディ/テラモト)の「バケットCE-666-200」は丸みを帯びたスクエアなデザインで、ステンレス製の持ち手がアクセントになっています。容量は10リットル、外寸は300×282×209mmで、サイズ感は無印良品のバケツに似ていると言えましょう。重量は無印良品よりちょっと重い660gです。

耐荷重など細かいスペックは分かりませんが、業務用清掃用品を中心に扱うテラモトの商品なので、品質は間違いないのではないでしょうか。なお、カラバリは4色です。

リス・シールバケツ11型

無印良品のポリプロピレンバケツはどこが作っているのか定かではありませんが、ひょっとするとリスの「シールバケツ11型」は姉妹商品と言えるのかもしれません。シールバケツは味噌や糠床が入っていそうなレトロなデザインで、ナチュラルな雰囲気を醸し出しています。

11リットルの11型のほか、6.5リットルの6型、8.9リットルの9型があります。ちなみに、フタ付きではありませんが、リスの「ペール・ペール」もオシャレで、変形しても割れないという利便性があります。

そのほか、機能的には密閉可能なトラスコ中山の「角型密閉バケツTMC-10K」なんかも便利で良いと思うのですが、ちょっとオシャレとは言い難いですね。

ともあれ、バケツ型なら持ち運びに便利なだけでなく、意外とどれも頑丈で、しかもオシャレっぽいです。フタ付きなら積み重ねもできるし、スツール代わりにできるものもあります。

様々な使い方ができるうえに価格も手頃なので、使い勝手は良いのではないでしょうか。

関連記事

無印良品「やわらかポリエチレンケース」に丸型などが新たに追加されました。「丸型・深」はレッドゴリラ(旧・タブトラッグス)のMサイズに近い大きさで、フタをセットして重ねられるという点でも似ています。一方で取っ手が邪魔にならない、見た目にスッキリ見える、価格が安いというメリットもあります。
スタックストーの「バケット」Mサイズに北欧風の新柄12種と木目調のフタ2色が登場しました。Finlayson(フィンレイソン)、MOGU TAKAHASHI(モグタカハシ)、ERI SHIMATSUKA(島塚絵里)の3ライン。フタはマホガニーとチェリーウッドの2色です。
八幡化成の「sceltevie Cestino Basket(セルテヴィエ・チェスティーノバスケット)」は普通のカゴとはちょっと違います。別売の「Coverchio(カヴァーチオ)」をセットすればフタになり、積み重ねることもできます。3サイズ×8カラーでバリエーションも豊富。
前回は玄関で使える男前コンテナを紹介しました。 【前回】「男前コンテナ」で玄関収納をスッキリ!靴・工具・子供のオモチャの収納に便利なコ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク