食器棚の扉がガタガタで精密じゃない!「unico(ウニコ)」の家具

思いもかけず更新を3日間も休んでしまいました。

決してチャリで事故って入院していたわけではありません。予期せずバタバタしてしまったということもありますが、最近は必死でネタ探しをするよりも本の執筆に時間を割くようにしているためです。

と言っても、まだ先日書き始めたところなので、ほとんど書けてないんですけどね(苦笑)頑張って、できるだけ7月中に書き上げたいと考えております。

さて。先日、大阪は難波でちょっと時間があったので、久しぶりになんばパークスの中をうろつきました。なんばパークスの中にはケユカの居抜きでテナントに入ったIDC大塚家具のほか、フランフラン、モモナチュラル、ダブルデイ、ウニコなどのインテリアショップがあります。

モモナチュラルも最近はちょっと雰囲気が変わってきましたね。以前は白っぽくてフェミニンな感じだったのが、素材感を活かしたカフェっぽい感じに変化しています。ダブルデイのほうがインダストリアルな雰囲気とは言え、こういうインショップのインテリア雑貨店は割りとテイストが似通ってきたと感じます。

価格についても、もともと似たゾーンではありますが、さらに似てきた感じがします。ダイニングセットなら10~20万円、ボード類も10~20万円、ソファなら10万円以下という価格帯です。

この価格帯はニトリよりは明らかに高い。一方で、国産有名メーカーよりは安い。モモナチュラルはすべて国産、ほかはボード類以外はほぼ輸入ですけど、総じて表面の仕上がりは丁寧。けれどもよくよく見るとあちこちで手抜きが見られます。中でもウニコの手抜きっぷりにはちょっと驚きました。

ウニコ byミサワ

unico loom なんば

※unico loom なんば

「unico(ウニコ)」はミサワが運営するライフスタイルショップで、フード業態を含めて現在57店を展開しています。直近の年商は約92億円で(2018年1月期決算)、売上だけで言えば家具の大正堂、マナベインテリアハーツ、安井家具(ファニチャードーム)、かねたや家具店、村内ファニチャーアクセス、服部家具センターと同じくらいの規模です。

ミサワはもともと三沢精機製作所として精密機械の製造販売をおこなっており、そこから輸入雑貨の卸小売事業に参入して今に至る異色の存在。そういうこともあってか、業界内にはあまり情報が回ってきません。



食器棚の扉がガタガタ!

出典:unico

ミサワがもともと異業種だったと言っても、もう30年前の話です。今となっては自他ともに認める立派なインテリアショップであることに間違いありません。

ところが、ウニコの食器棚(キッチンボード)を見て驚きました。扉のラインが揃わず、ガタガタなんですよ。上写真のボードの場合、上台に扉が3枚ありますけど、その3枚の扉の上端がキレイに揃っていないのです。

店舗であれ家であれ、完全に平らな床というのはほぼ存在しませんから、床の不陸の影響を受けている可能性はあります。また、ヒンジ金具の調整が十分でないだけの可能性もあります。しかし、ウニコの店頭にあったハイボードのすべての扉がガタガタなんですよ!これでは偶然そうだったとは思えません。

ウニコの店員がヒンジ金具の調整すらできない素人なのか。もしくは作りがお粗末で歪みやすいのか。おそらくはその両方だと思いますが、決して安くもないこの価格帯でこの品質というのはちょっと残念ですねー。

ぶっちゃけ私としては、ウニコあたりのインテリアショップで家具を買っちゃう人を見ると、「マジでー?」と思ってしまいます。見た目は確かにカッコイイですし、ちょっと背伸びすれば買える価格帯ではありますけど、ちょっと家具のことを知っていれば明らかな手抜きが散見されるからです。

しかし、扉のラインが揃っていないだとか、無垢なのに反り止めが入っていないとか、塗装がお粗末だとか、そんなこと、一般の消費者は分からないわけです。分からないというか、むしろどうでも良いわけです。

アパレルで言えば、ボタンがすぐ取れちゃったり、縫製がすぐにほつれちゃうようなブランド物を消費者の多くが好むわけで、いま国産家具メーカーの多くが重視している品質なんてものは消費者感覚からはズレているんだと思います。

もちろん、品質を落として値段を少しでも安くすれば良いなどというつもりは微塵もありません。しかし、良いモノを作れば分かってくれるなんて妄想はいい加減やめて、ウニコのように消費者に訴求するのにもっとエネルギーとコストを掛けるべきだと強く思う次第です。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク