『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

トッパー仕様のマットレスって意味ない?コスパと高齢化を考えれば大いに意義あり

新居に引越しするまで、わたくし収納マンはフランスベッド製の20万円強のダブルサイズマットレスを使っていました。現在はもちろん、当時でも珍しい両面低反発ウレタンという仕様です。

なぜ両面仕様にしたかと言うと、マットレスは上下だけでなく裏表を入れ替えることで長く使うことができるからです。上下裏表の向きを変えることで局所的に傷むことを防ぐことができます。少なくとも20年くらい前まではベッドメーカーの多くがマットレスの正しいメンテナンス方法としてそう言ってきたはずです。

しかし、現在ではどうでしょう。多くのマットレスは裏返して使える構造にはなっていません。にもかかわらず、価格が安くなっているというわけでもないと思います。上下の向きを変えられるだけで、使用可能な期間は短くなっているはずなのにもかかわらずです。

だいたい、ベッドメーカーって昔から言うことがいい加減なんですよ。低反発ウレタンが良いと言ったり、高反発が良いと言ったり。やれ高密度スプリングだ、ポケットコイルだ、プロのアスリートが使っているだの何だのって。ユーザーの好みや時代の変化に合わせているだけと言うこともできるでしょうけど、あれこれもっともらしい理屈で売ることに長けているだけという感じもします。

 

トッパーとは?

ニトリ「NスリーププレミアムP1-CR」on「ロデリック・シングル」

ところでここ数年、トッパー仕様のマットレスが販売されていることはご存知でしょうか。おそらくもっともメジャーなのはテレビCMでお馴染みのニトリ「Nスリープ・プレミアム」(上写真)でしょう。大まかな構造で言えばダブルデッキに近いとも言えますが、それよりはマットレスを2枚重ねにした構造と言ったほうが正しいかと思います。

これに近いものに、普通のマットレスの上に敷いて使うマットレストッパーというのもあります。エアウィーヴのマットレスパッドタイプなどもそのひとつです。ベッドパッドとは異なり十分な厚みがあるため、その下のマットレスの性能はほとんど影響しません。

トッパー仕様のマットレスって意味ない?

こういったトッパー仕様のマットレスやマットレストッパーについて販売店で話を聞くと、マットレストッパーは店で扱っているので肯定的ではあるものの、トッパー仕様のマットレスについては否定的に捉えていることが多いと感じます。理由はよく分かりませんが、「あまり意味がない」と言われることが多いのです。

でもそれは私はおかしいと思うんです。マットレストッパーについては、片方で睡眠の質を上げるマットレスを売っておきながら、片方でマットレスの性能をほとんど無効化してしまうマットレストッパーを売っているんですから。

寝心地が悪いマットレスを買ってしまった人にマットレストッパーを売っているだけと見ることもできますが、長らくベッド売場を遠目で見ている私にはそうは思えません。ぶっちゃけ、利益率が高い商品が売れればそれで良いと考えているとしか思えないのです。

一方でトッパー仕様のマットレスについては、私も寝心地という点では意味がないと思います。しかし、以下の2点で大いに意味があるのではないでしょうか。

  • もっとも劣化しやすい表層部を分離&交換することで長く使える
  • 高齢になると重いマットレスの向きを変えるのは大変だが分割できればそれも容易

自慢するわけじゃあありませんが、私はニトリがNスリープを発売する以前からトッパー仕様のマットレスについて考えていました。しかし、ベッドメーカーが扱わないのを見て、何か難しい障害があるのかと思っていました。

でもたぶん、そうじゃないんですよね。従来のベッドメーカーにとってトッパーというのは不都合なんだと思います。スプリングなどの内部構造を追求することで少しでも高い価格帯のマットレスを買ってもらおうと考えていたベッドメーカーにとって、トッパー構造のマットレスはそれまでの考え方と矛盾するのです。おまけに、表層部だけ取り換えられてしまうと、単価が下がり、売上も減少してしまいます。

その証拠に、マットレスはどんどん厚みを増しています。20年くらい前は20cm前後が当たり前だったマットレスが、近年は30cm弱が当たり前になり、40cmくらいのものもあります。こんなにマットレスの厚みが増しているのは、ベッドメーカーが内部構造を重視するとともに単価アップを図っているからにほかなりません。ベッドメーカーに対する不信感が募るとともに、私はこのような結論に達しました。

 

繰り返しになりますが、トッパー仕様のマットレスは私も寝心地に関しては意味がないと思います。しかし、トッパー仕様のマットレスなら年老いても容易に向きを変えたり陰干しすることができます。おまけに、表層部だけを取り換えれば長く使うことができるので、コストを抑えることもできます。

「それならマットレスの上に布団を敷けば良いじゃないか」と言われるかもしれません。しかし、一般的なマットレスは上に布団を敷いて使うように設計されていませんから、湿気の逃げ場がなくなる可能性があります。なので、トッパー仕様のマットレスとマットレスの上に布団を敷くのとではちょっと違うのです。

そんなわけで、ベッドメーカーや販売員が言っていることが正しいのか、はたまた私の言い分が正しいのか、身をもって確認してみることにしました。次回、私を含めて家族4人が4種類のマットレスを比較した結果を検証してご報告したいと思います。

続編

ニトリvsナフコvsマナベvsゲン!家族4人でマットレスを比較してみた
ニトリの「Nスリープ プレミアムP1-CR」、ナフコ21スタイルの「グランリーヴェTS-400」、マナベインテリアハーツの「ノンコイルマットレス プライム」、タンスのゲンの「低反発ウレタン8cm厚」+「高反発ウレタン20cm厚」、以上4種類のマットレスを家族4人がそれぞれ1週間試して比較のうえランキングしてみました。最も人気だったのはナフコ。包み込まれるような柔らかさです。

関連記事

「高価なマットレスほど寿命が長い」と勘違いしている人は7割以上!?
新興寝具メーカーのライズTOKYOの調査結果によると、約1/4の人が5年以上マットレスを使い続けており、「マットレスは価格が高いほど長く使えると思う」と回答した人が7割に達したということです。しかし、この調査にはいくつか疑問があります。
「きのこvsたけのこ」よりアツイ!?「ふとん派vsベッド派」の勢力は半々という結果に
任天堂wii Uの人気ゲームソフト「スプラトゥーン」で6月18日から「きのこの山vsたけのこの里」という新たなフェスが始まるということで、我が家の子供たちも楽しみにしています。昔の子供は「巨人vs阪神」、私の世代なら「ファミコンvs...
ニトリ、IKEA、シマホで!予算5万円で買えるベッドマットレス比較
ニトリ、IKEA、シマホで予算5万円で買えるシングルベッドのマットレスを比較してみました。総じて、5万円はIKEAでは最上級ランク、ニトリでは上級ランク、シマホではほぼ最低ランクと言えるだけで、決してIKEAやニトリが安いわけではないことが分かります。
ニトリ、IKEA、シマホで!予算5万円で買える3人掛けソファ比較
ニトリ、IKEA、シマホで予算5万円で買える3人掛けソファを比較してみました。ダイニングセット同様、島忠ホームズは選択肢が少ないものの、ニトリとIKEAはこの価格帯が充実しています。ニトリのほうが内部構造もシッカリしており安心して購入できると言えるでしょう。

コメント