『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

突板ベッドフレーム対決!ニトリ「ロデリックS」vsマナベ「エールデ2」

突板ベッドフレーム比較!ニトリ「ロデリックS」vsマナベ「エールデ2」

基本的にベッドのフレームなんてどれを選んでも寝心地には影響しません。もちろん、スチールパイプやパイン材だとギシギシ言いますが、プリント紙か突板かというのは自己満足だけのことです。

ですが、プリント紙はやっぱり安っぽい。逆に突板だと大手ベッドメーカーの場合はシングルでも10万円以上になります。せっかくマットレスの予算を4万円程度に抑えたのに、寝心地に関係ないところで10万円以上も払うのは馬鹿馬鹿しいです。

そこで、いろいろ探して検討した結果、ベッドフレームはニトリの「ロデリックS」とマナベインテリアハーツの「エールデ2」を購入することにしました。いずれも大手メーカーのおよそ半値、約4万円で購入できる突板ベッドフレームです。

以下はすべてシングルサイズ、価格および仕様は2020/05/28現在。

 

ニトリ・ロデリックS

ニトリ・シングルベッドフレーム「ロデリックS」

税込価格40,639円
サイズ幅99×奥行211×高さ83cm
材質オーク突板
LED照明2灯
コンセント2口
高さ調節2段階(床板高15/24cm)
カラー3色展開

ニトリの「ロデリック-S」は表面材にオーク突板を使ったベッドフレームです。学習机がナチュラル色のナラ突板なので、子供たちは雰囲気の合うこちらをチョイスしました。

埋込式LED照明が2灯

埋込式LED照明が2灯 

ロデリックSには埋込式のLED照明が2灯付いています。また、2口コンセントも付いています。枕元にスマホを置きたいそうで、これらの機能は必須条件でした。

開口部高さが10cmしかない

開口部高さが10cmしかないため充電器やモバイルバッテリーがギリギリ

ロデリックSはオープンスペースの高さが10cmしかないのがやや難点です。モバイルバッテリーや高速充電器がギリギリだったり、目覚まし時計が置けなかったりします。

ちなみに、後述するマナベのエールデ2の開口部の高さは17cmです。

マナベ・エールデ2

マナベ・シングルベッドフレーム引出しなし「エールデ2」

税込価格38,390円
サイズ幅104×奥行212×高さ90cm
材質ウォールナット突板
LED照明1灯
コンセント2口
高さ調節4段階(床板高12.5/17/23.5/30cm)
カラー1色展開

一方、私と妻はマナベインテリアハーツの「エールデ2」をチョイスしました。ぶっちゃけ、エールデ2にもナチュラル色があれば全部これに統一したかったんです。だってこっちのほうがデザインがカッコイイですし、質感も変なツヤがなくて良いですから。

価格もこちらの方が少し安いし、配送設置料も無料でしたからね(ニトリは平日配送設置の場合1,100円必要)。

電球タイプのLED照明が1灯

電球タイプのLED照明が1灯

エールデ2の照明は埋込式ではなくE17口金のLED電球を採用。そのため、電球が切れれば交換が可能です。たぶんこちらのほうがコストが掛かるのですが、ユーザーファーストで良いと思います。

高さ4段階調節可能

エールデⅡは高さ4段階調節可能

ニトリのロデリックSは床板の高さを2段階に調節できるのですが、マナベのエールデ2は4段階も調節できます。ただ、これは逆に悩ましくて、最初は高さ30cmにしたものの高すぎて、17cmに下げたら今度は低すぎると妻に言われ、結局23.5cmに落ち着きました。

でもまあ、マットレスの厚みは一様ではないので、これくらい調節範囲が広いほうが助かるかもしれませんね。

 

候補に挙がった突板ベッドフレーム

センベラ・クルト2

そのほか候補に挙がった突板のベッドフレームを紹介しておきたいと思います。

sembella(センベラ)の「クルト2」はアルダー無垢のフレームであるにもかかわらず価格は税込33,800円とお手頃です。LED照明は付いていませんが、この価格でこのデザインというのは個人的にはすごく魅力的でした。

センベラ・モデスト

お次もセンベラで「モデスト」。こちらもLED照明はありませんが、ウォールナット突板で税込39,800円とお手頃価格となっています。もっとも、これをチョイスするならマナベのエールデ2のほうが良いと思います。

ちなみに、センベラはドイツのベッドメーカーで、日本では関家具が扱っています。

グランツ・ウォルテL

グランツの「ウォルテ・Lキャビネット」はニトリのロデリックSのミドルブラウン色に近い感じです。ただ、側面から照らす照明なのでちょっと眩しく感じられました。

 

ロデリックSはニトリではハイエンドに位置づけられます。エールデ2もマナベで同様の扱いです。いずれも低価格帯を得意としているため、突板のベッドフレームはあまり数が出ないのでしょう。

グランツの突板ベッドフレームは東京インテリア家具やナフコ21スタイルなどで取扱いがありますが、ブランドを意識する消費者は価格が高くても大手ベッドメーカーのフレームを買うようで、あまり力を入れていない印象です。

でも、同じ4~5万円くらい出すなら大手ベッドメーカーのプリント紙のフレームを買うより、ノンブランドでも突板のフレームを買ったほうが良いじゃないですか。どうせ大手メーカーも自社工場で作るわけじゃなくて外注していることが多いわけですし。

マットレス然り、フレーム然り、結構みなさんメーカーや販売店にいいようにされているのかなーって感じがしますね。

関連記事

ニトリvsナフコvsマナベvsゲン!家族4人でマットレスを比較してみた
ニトリの「Nスリープ プレミアムP1-CR」、ナフコ21スタイルの「グランリーヴェTS-400」、マナベインテリアハーツの「ノンコイルマットレス プライム」、タンスのゲンの「低反発ウレタン8cm厚」+「高反発ウレタン20cm厚」、以上4種類のマットレスを家族4人がそれぞれ1週間試して比較のうえランキングしてみました。最も人気だったのはナフコ。包み込まれるような柔らかさです。
ポケットコイル1080個使用!ニトリ「Nスリープ プレミアムP1-CR」
ニトリのトッパー仕様のベッド用マットレス「Nスリープ プレミアムP1-CR」についてレビューします。ポケットコイルを1080個も使用しており、他ではちょっと考えられないコスパを実現。一方で、圧縮梱包にしたり、ボトム底面をビニールにするなどしてコストを抑えています。
テンピュールには遠く及ばず。マナベ「ノンコイルマットレス プライム」
マナベインテリアハーツの「ノンコイルマットレス プライム」はスプリングを使用せず低反発と高反発のウレタンを組み合わせたマットレスです。構造的にはテンピュールに似ていますが、そこはやはり値段相応でした。ただ、低価格だし、処分が楽なのは良いと思います。
トッパー仕様のマットレスって意味ない?コスパと高齢化を考えれば大いに意義あり
マットレストッパーは寝心地を改善するうえで有効とされる一方で、トッパー仕様のマットレスは意味がないという販売員が多いように思います。しかし、トッパーだけ取り換えることができればコスパが良いと思いますし、高齢化を前提に考えると2枚に分けて向きを変えたり陰干しできるというメリットがあるのではないでしょうか。

コメント