『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

ニトリvsナフコvsマナベvsゲン!家族4人でマットレスを比較してみた

ニトリvsナフコvsマナベvsゲン!家族4人でマットレスを比較してみた

新居に設えるベッドを選ぶにあたって、私には壮大な計画がありました。それは4種類のマットレスを買って、家族全員で人体実験してみるということです。

ベッド用マットレスを買うときって、なんだかよく分からないまま展示品をいくつか試してみて、なんとなーく「これかなー?」というのを買うわけじゃないですか。もしくは販売員にいろいろ説明を受けて購入したら、そのベッドメーカーのマネキンだったりするわけですよ(苦笑)

そんなわけで、私の家族にはじっくり得心してマットレスを選んでもらいたいと思い、家具店を6店舗ほど回って好みを聞いたうえで4種類のマットレスを購入。それぞれ1週間試してもらってから、気に入ったものを順番にランキングしてもらうことにしました。

最終的にマットレスを購入したのは、ニトリ、ナフコ21スタイル、マナベインテリアハーツ、タンスのゲンの4店舗。今回はそれぞれ順番に紹介してから家族の評価を発表するなんて回りくどいことはせずに、いきなり一番人気になったマットレスから順番に紹介して参りたいと思います!

今回は基本的に家族それぞれの好みに基づく寝心地の評価です。また、サイズはすべてシングル、ベッドパッドやシーツはすべて同じものを使用しています。なお、価格はすべて2020/05/20現在。

 

【人気No.1】ナフコ・グランリーヴェTS-400

ナフコ・グランリーヴェTS-400

息子
評価3位1位1位2位

今回比較したマットレスの中でもっとも人気が高かったのは、ナフコ21スタイルの「グランリーヴェTS-400」(税込39,800円)です!トッパー仕様の二重構造のマットレスです。

これは妻が大絶賛で、ベッドが「早くここにおいでよ~」と言うんだとか(笑)トッパーもボトム(下側)もポケットコイルなのですが、トッパーは化繊でできた敷き布団のようにフワフワで、包み込まれるような柔らかさなのです。それでいてボトムは割りとシッカリしていて、私は畳の上に来客用の綿布団を敷いて寝ているような感じがしました。 

このマットレスは寝心地だけでなく他にも評価できるポイントがいくつもあります。ですが、詳細はまた追々。

【人気No.2】マナベ・ノンコイルマットレス プライム

マナベ・ノンコイルマットレス プライム

息子
評価2位3位4位1位

人気No.2に輝いたのはマナベインテリアハーツの「ノンコイルマットレス プライム」(税込32,890円)です。ノンコイルと言う通り、スプリングは使用されておらず、ウレタンのみでできています。こちらは1枚もの。

総じて男子2名の評価が高かった一方、女子2名は低評価となりました。特に娘は腰が痛くなったそうで、私も低反発ウレタンの割りには硬く感じました。触り心地は軟らかいんですけどね。

 

【人気No.3】ニトリ・Nスリープ プレミアムP1-CR

ニトリ「NスリーププレミアムP1-CR」on「ロデリック・シングル」

息子
評価4位2位2位3位

人気No.3はニトリの「Nスリープ プレミアムP1-CR」(税込39,900円)。こちらはトッパー仕様で、女子2名の評価が高かったです。女性は軟らかめが好みなんですかねー?

一方で、腰痛持ちの私にはかなり厳しかったです。グニャグニャすぎて腰が痛くなりました。息子の評価も芳しくなく、特に端のほうが弾みすぎるということでした。ナフコのほうは軟らかさの中にもシッカリしたものがありましたが、こちらはちょっと腰砕けな印象です。

 

【人気No.4】タンスのゲン・低反発8cm+高反発20cm

タンスのゲン・低反発ウレタン8cm+高反発ウレタン20cmマットレス

息子
評価1位4位3位4位

今回は基本的に厚みをすべて30cm弱に揃えるため、私のお気に入りのタンスのゲンの「8cm厚低反発ウレタンマットレス」(税込5,880円)を「20cm厚高反発ウレタンマットレス」(同12,999円)の上に重ねてトッパーみたいにしてみました。

しかし、評価が高かったのは私だけ(苦笑)妻は「床で寝てるみたいで硬すぎる!」と言って1週間のノルマを待つことなく1日でアウト。息子はズレるからダメだと言っています。彼の場合は寝相が悪いだけで、最初は寝心地を気に入っていたはずなのですが…。

 

以上のようなランキングになったわけですが、実際のところはナフコだけぶっちぎりの1位で、残りは大差ありませんでした。家族それぞれのその日の気分次第で変わった可能性もあるわけですが、そんな中でも揺るぎない高評価を得たナフコのグランリーヴェはスゴイの一言に尽きます。

それはさておき、購入前に家族それぞれが希望したものと実際に1週間試したうえで選んだものがほぼ同じだったことも、私としては興味深かったです(唯一違ったのは、妻は購入前ニトリのを希望していましたが娘とナフコのを取り合い、最終的に娘が譲るかたちとなりました)。家具は縁のものと言いますが、恋愛と同じようにマットレスも最初のインスピレーションが大事ということでしょうか。

なお、今回の比較は冒頭でもお伝えした通り、基本的に寝心地に重点を置いています。前回ご説明したトッパー仕様のメリットや、もうひとつ私が検証したかったノンコイルマットレスのメリットという点は基本的に考慮していません。

次回以降、それぞれのマットレスにクローズアップして、寝心地以外の部分も検証して参りたいと思います。

関連記事

トッパー仕様のマットレスって意味ない?コスパと高齢化を考えれば大いに意義あり
マットレストッパーは寝心地を改善するうえで有効とされる一方で、トッパー仕様のマットレスは意味がないという販売員が多いように思います。しかし、トッパーだけ取り換えることができればコスパが良いと思いますし、高齢化を前提に考えると2枚に分けて向きを変えたり陰干しできるというメリットがあるのではないでしょうか。
ニトリ、IKEA、シマホで!予算5万円で買えるベッドマットレス比較
ニトリ、IKEA、シマホで予算5万円で買えるシングルベッドのマットレスを比較してみました。総じて、5万円はIKEAでは最上級ランク、ニトリでは上級ランク、シマホではほぼ最低ランクと言えるだけで、決してIKEAやニトリが安いわけではないことが分かります。
ニトリvsナフコvsカインズvs専門店!既製カーテンを比較してみた
ニトリ、ナフコ、カインズ、カーテンじゅたん王国で、既製カーテンを購入して比較してみました。品揃えが豊富で品質も価格も良いと感じたのはナフコ。ニトリは品揃えこそ十分ですが、品質はおねだん相当。カーテンじゅうたん王国は専門店の割りにイマイチ。もっとも最悪だったのはカインズでした。
国産なのに激安!ナフコ×岡製作所「TVボード・スクエア180丸WN」
ナフコ21スタイルで「TVボード・スクエア180丸WN」を購入しました。製造は九州・大川の岡製作所。国産のローボードで表面材はウォールナット、幅は180cm、丸脚付きと、私のイメージにピッタリでした。しかも激安!普通ならベトナム製か国産ならプリント紙になるところです。

コメント