『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

ダイソーの浴室用マグネットフック、百均でお得だと思ったら力不足でした

ダイソーの浴室用マグネットフック各種(歯ブラシホルダー、シェーバーホルダー、フック300g、フック150g、コップホルダー)

ちょっと見ない間に、ダイソーの浴室用マグネットフックの種類が増えていました。今まで2つくらいしか見たことがなかったんですけど、全部で5種類ありました。

上写真左から順に、歯ブラシホルダー、シェーバーホルダー、フック・大1個、フック・小2個、コップホルダー。

個人的にはシェーバーホルダーが加わったのがうれしいです。また、耐荷重150gのフックが2個で税別100円って、東和産業の「磁着SQ」やアスベルの「ラックスMG」にとって脅威じゃないですか!

これは実際に買って試してみねばということで、三者を比較することにしました。

 

ダイソー・浴室用マグネットフック

ダイソー・浴室用マグネットフック小150g

ダイソーの「浴室用マグネットフック」には耐荷重が300gで1個入りの「大」と耐荷重150gで2個入りの「小」の2種類があります。今回は小のほうを買ってみました。

手元にちょうど東和産業「磁着SQ」とアスベル「ラックスMG」の耐荷重150gのフックがあるので、それと比較してみましょう。ちなみに、こちらとラックスMGは中国製、磁着SQはベトナム製です。材質はすべてABS樹脂とゴム磁石です。

サイズはダイソーがもっとも小さい

カインズ、ニトリ、ダイソーの浴室用マグネットフックの大きさを比較

まず外観の比較から。東和産業の磁着SQはカインズで、アスベルのラックスMGはニトリで「アーバン」という商品名でそれぞれ販売されているので、勝手に代理戦争に持ち込んでしまいました(笑)

それはさておき、こうやって比較してみると、ダイソーのは見た目がショボいのはともかく、サイズもやけに小さいです。これで耐荷重150gキープできたら逆にスゴイわけで、ちょっと不安になってきてしまいます。

ゴム磁石もダイソーがもっとも貧相

カインズ、ニトリ、ダイソーの浴室用マグネットフックの裏面ゴム磁石を比較

ダイソーのは壁との接地面が小さくても磁石が強力だったり滑り止め加工が施されているのかもしれない…。そんな風に期待してみたのですが、むしろダイソーのはツヤがあって滑りやすそうです。ゴム磁石の厚みもなさそうに見えます。

ダイソー、まさかの耐荷重不足

カインズ、ニトリ、ダイソーの浴室用マグネットフックの耐荷重を比較

そして肝心の耐荷重。これは500mlのペットボトルに水を入れて、50g刻みで計測してみました。

まず、カインズ&東和産業は500gを楽々クリア。耐荷重150gのはずですよ?頑張りすぎです(苦笑)

続いてニトリ&アスベルは200gにも耐えて、150gの試験を余裕の表情でパス。もっとも、磁着には大差をつけられましたが。

最後にダイソー。まさかの耐荷重不足で150gはクリアできず、100gでギリギリ何とかという感じでした。

使用環境によって実際の耐荷重は変わることもあるとは思いますが、条件はまったく同じですからねー(苦笑)所詮は百均、というところでしょうか。

 

ダイソー・マグネットシェーバーホルダー

ダイソー・マグネットシェーバーホルダー

気を取り直して、「マグネットシェーバーホルダー」のほうを見てみましょう。こちらは耐荷重が300gなので、シェーバーくらいは楽勝ですね。

ちなみに、こちらも中国製で、材質はABS樹脂とゴム磁石で変わりありません。

シェーバーを掛けても問題なし

ダイソー・マグネットシェーバーホルダーにシェーバーを掛けても問題なし

さすが耐荷重300gというだけあって、42gのシェーバーを掛けてもビクともしません。

いま粘着式のニトリ「シールフック・シェーバーホルダー」を使ってるんですけど、それと比べて使用感もまったく問題なし。むしろ位置を自由に変えやすくて良い感じです。

実際の耐荷重はたったの150g

ダイソー・マグネットシェーバーホルダーの実際の耐荷重はたったの150g

しかし、先ほどのフックと同様に水を入れたペットボトルで耐荷重をチェックして驚きました。なんと、表記の耐荷重である300gのたった半分、150gが限界なのです!

こちらのマグネットシェーバーホルダーの大きさは耐荷重300gの「マグネットフック大」とまったく同じ大きさです。なので、おそらくマグネットフック大も実際は150gしか耐えられないのでしょう。

こりゃあ景表法違反を疑われてもおかしくないレベルです。

 

というわけで、シェーバーさえ引っ掛けられれば問題ないマグネットシェーバーホルダーはともかく、ダイソーのマグネットフックは期待外れな商品でした。東和産業やアスベルはホッとすることでしょう。

もっとも、カインズで磁着SQ、ニトリでアーバンのマグネットフックを買うと、いずれも2個入りで400円ほどです。実際の耐荷重は半分としてもダイソーのほうがコスパが良いと言うこともできます。

軽いモノを掛けるなら、100均でもOKと言えるでしょうか。そこのところはニーズ次第かと思います。

 

関連記事

ニトリ「アーバン」vs東和産業「磁着SQ」!浴室マグネットフック比較
ユニットバスの壁面にマグネットで付けられるフック2種を比較します。東和産業の「磁着SQ マグネットバスフックミニ2個組」はカインズでも販売されており、実際の耐荷重が150gをはるかに超える400gでもOK。ニトリの「浴室マグネット フック2個組 アーバン」はアスベルの「ラックスマグネット」と同じもので、銀イオンを含み抗菌仕様となっています。
磁石で風呂場の壁に収納!ユニットバスで使えるマグネット式グッズ8選
ユニットバスで使えるマグネット収納グッズを7シリーズご紹介します。強力でオススメなのは、東和産業の「磁着SQ」とレックの「お風呂の壁にマグネット」。ニトリで買えるアスベルの「ラックスMG」(アーバン)はデザインと質感がグッド。セリア、キャンドゥ、ダイソーで販売しているエルオーの「マグネットバス収納」シリーズは100均でお手軽ですが耐荷重が小さいのが難点。
強力すぎてビビった!レック「お風呂の壁にマグネットフックBB-513」
レックの「お風呂の壁にマグネットフックBB-513」を買って試してみました。想像以上に強力にユニットバスの壁面にくっつきます。バスクロックはもちろん、重さ1kg以上のシャンプーボトルもOKなのには驚きました。バスマットを掛けてもOK。
ダイソーの「針穴をあけない壁紙に貼れるフック」を百均フック各種と比較
ダイソーの「針穴をあけない!壁紙に貼れる壁紙用フック」の使い方と、100均などの石膏ボード壁用フックと比較したうえでのメリット&デメリットをまとめてみました。従来の石膏ボード用フックと比較してまったく穴が開かない一方で、貼り直しが利かないなどのデメリットもあります。

コメント