『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

ニトリ「アーバン」vs東和産業「磁着SQ」!浴室マグネットフック比較

今回は久しぶりに楽天プレミアムパートナー提供商品をご紹介したいと思います。

楽天プレミアムパートナーというのは楽天市場に出店しているショップから商品をご提供いただいてそのレビューをブログに書くというものですが、私の場合はそんな生ぬるいやり方ではありません。私の元に商品が届いたが最後、下手すりゃショップが潰れかねないガチのレビューを本気で書きます。

というわけで、今回は和歌山県海南市に本社を置く家庭用品メーカー・東和産業が運営する「TOWA-zakka」から「磁着(じちゃく)SQ マグネットバスフックミニ2個組」を譲り受けましたのでそのレビューをお送りします。しかし、ただ商品を紹介するだけでは面白味がありません。類似商品であるニトリの「浴室マグネット フック2個組 アーバン」と比較してみたいと思います。

東和産業には以前に取材を申し入れたにもかかわらずブッチされましたからね。手心は加えませんよ~(笑)

※以下はすべて2020/03/30現在の税込価格および仕様

 

今回の対決の場は新居親世帯のユニットバス

新居親世帯のユニットバス(TOTOサザナ)

今回はユニットバスの壁面にマグネットで取り付けるフックの比較ということで、新居の親世帯の浴室を対決の場に選びました。TOTOの「サザナ」でございます。

春先のこの時期でも新居のフローリングは冷たいのですが、サザナの「ほっカラリ床」は冷たくなくて良いですねー。浴室暖房機を使わなくても一日中過ごせそうです。やっぱりウチ(子世帯)もパナソニックの「オフローラ」よりサザナにすれば良かったかなと思ってしまいます(苦笑)

今回比較する2商品

価格はカインズとニトリで約400円

東和産業「磁着SQ マグネットバスフックミニ2個組」とニトリ「浴室マグネット フック2個組 アーバン」

戯言はさておき、本題に参りましょう。まず上写真左が東和産業の「磁着SQ マグネットバスフックミニ2個組」です。2015年頃に浴室用マグネット収納グッズのパイオニアとして発売された「磁着」シリーズの事実上の後継モデルで、ホームセンターのカインズでは「磁石で付く ミニバスフック 2個組」として販売されています。東和直販ショップでは税込965円、カインズでは同398円です。

それを迎え撃つのはニトリの「浴室マグネット フック2個組 アーバン」(上写真右)。決してニトリのオリジナル商品というわけではなく、基本的にはアスベルの「ラックス マグネット フック2P」のパッケージを変えただけのものです。ちなみに、こちらは以前にイオンでも「抗菌フック 2個 マグネット ホワイト ホームコーディ」として販売されていました。アスベル直販ショップでは税込498円、ニトリでは同407円、イオンでは同657.8円となっております。

つまるところ、それぞれカインズとニトリで買えば400円前後で価格的にはほぼ同じです。

耐荷重も同じで150gまで

東和産業「磁着SQ マグネットバスフックミニ2個組」とニトリ「浴室マグネット フック2個組 アーバン」

パッケージを開けて中身を比較して参りましょう。磁着SQは四角形、アーバンは円形です。いずれもABS樹脂とゴム磁石でできており、耐荷重は150gとなっています。

磁着SQはベトナム製、アーバンは中国製ですが、見た目では品質に違いは感じられません。ただ、アーバンは銀イオンを配合した抗菌仕様となっています。

磁着SQは壁面が汚れてしまう!?

磁着SQをユニットバスの壁面に貼り付けてズラすと汚れてしまった

それでは、実際にユニットバスの壁面に貼り付けて比較してみましょう。ここで撮影のために位置を調整しようとすると、磁着SQは壁面に黒い跡が付いてしまいました!アーバンは同じようにズラしても壁面が汚れるようなことはありません。

もっとも、磁着SQによって付いてしまった壁面の汚れは指で簡単に拭き取れるんですけどね。ここまででは抗菌仕様ではないということと壁面を汚す心配があるという2点で、アーバンの後塵を拝する結果となってしまいました。

実際の耐荷重では磁着SQの圧勝!

磁着SQは表示の倍以上の400gでも耐えた

とは言え、フックは使えてナンボです。実際の耐荷重はどうでしょうか。

これについては、いきなり300gのペットボトルを吊り下げてみたところ、磁着SQはビクともしなかった一方で、アーバンはスーッとズリ落ちてしまいました。ちなみに、磁着SQは400gのスプレーボトルでもOKでした。アーバンは250gが限界でした。

もっとも、アーバンも表示耐荷重の150gは楽勝でクリアしていますからまったく問題ありません。磁着SQのほうがかなり控えめに表示しているだけと言ったほうが良いでしょう。

 

結論。勝負は互角

以上の通り2つの浴室用マグネットミニフックを比較してみた結果、どちらも甲乙つけがたいというのが私の印象です。

実際の耐荷重は磁着SQのほうが頼もしいです。一方で、アーバンのほうが壁面を汚す心配が少なく、抗菌も期待できます。これらの点を総合的に見ると、どちらが優れていると言うのはちょっと難しいように思います。

もしくは、四角いほうが良い、カインズが近くにあるという場合は磁着SQで、円いほうが良い、ニトリのほうが好きだという場合はアーバンで…というチョイスの仕方でも良いでしょう。いずれも100円ショップで売られているものより確実にフックとしての機能を満たしており、安心して使っていただけると思います。

 

東和産業「磁着SQ」

アスベル「ラックスMG」

続編

東和産業vsアスベル!浴室用マグネット式ウォールポケット比較
東和産業の「磁着SQ マグネットバスポケットワイド」とアスベルの「ラックス マグネット ウォール ラック」を比較してみました。磁着SQのほうが表示耐荷重が大きいですが、それ以上に実際の耐荷重は大きいです。シャンプーボトルのポンピングで力が加わることを考えると、磁着SQのほうが買いだと思います。

関連記事

浴室マグネット収納比較!ニトリ「ラックス」vsカインズ「磁着」
ニトリ×アスベルの浴室マグネット収納「アーバン」とカインズ×東和産業の「磁石で付く」を比較してみました。前者は「ラックスMG」、後者は「磁着SQ」をプライベートブランドとして採用したものです。ラインナップ数、価格、耐荷重などには大きな違いはなく、違いはアーバンが抗菌仕様になっているという点くらいです。
セリアで見つけた!エルオーの浴室用「マグネットシェーバーホルダー」
100円ショップのセリアで販売中のエルオー「マグネットシェーバーホルダー」はユニットバスの壁面に磁石でくっつくT字カミソリ用ホルダーです。ほかにも歯ブラシホルダーとバスフックがありますが、いずれも耐荷重は約60gと心許ないです。
強力すぎてビビった!レック「お風呂の壁にマグネットフックBB-513」
レックの「お風呂の壁にマグネットフックBB-513」を買って試してみました。想像以上に強力にユニットバスの壁面にくっつきます。バスクロックはもちろん、重さ1kg以上のシャンプーボトルもOKなのには驚きました。バスマットを掛けてもOK。
円形ラグでリビングが広く!オシャレでシャギーな「レーベン2(デタント)」
楽天市場のラグリーさんからシャギーな円形ラグ「レーベン2」をご提供いただきましたのでレビューします。光沢感があり美しく、表面がふわっとしていて気持ち良い。小ぶりな円形なのでリビングが広く見えます。正式な商品名はデタント。販売元は荻原、製造元は泉州・泉大津市の吉田房織物と思われます。

コメント