『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

「かけまくり」と比較しても良い勝負!「キズが超小さいフック」使ってみた

先日、小学生の息子にラジコンを買ってあげました(関連:親子で憧れのラジコンデビュー!CCP「メガサイクロプス」)。早速、収納する場所を確保しなくてはなりません。

今回購入したラジコンは外で遊ぶので、玄関近くに収納するのが理想的です。そこで、袋に入れて壁に吊るそうと考えました。

私が普段使いまくりの「ハイパーフック・かけまくり」を使っても良いんですけど、袋を掛けるにはちょっとフックが小さいです。

かけまくりのフックではちょっと小さい

無印良品の「壁に付けられる家具・フック」を使うという方法もありましたが、今回は先日発売されたばかりのウエルスジャパンの「キズが超小さいフック」を使ってみることにしました。



ウエルスジャパン「キズが超小さいフック」

ウエルスジャパン・キズが超小さいフック

ウエルスジャパンの「キズが超小さいフック」は先日も紹介した通り、ホッチキスで石膏ボード壁に取り付けできるフックです。ワンプッシュで取付可能な東洋工芸の「かけまくり」に比べると面倒ですけど、耐荷重は5kgとちょっと強力です。

 

付属のステープルで石膏ボード壁に取り付け

付属のステープルで石膏ボード壁に取り付け

使い方は簡単です。任意の位置に「キズが超小さいフック」をあてがい、付属のステープルを入れたホッチキスを180度開いて、ステープルを壁に打ち込んでいくだけです。ステープルを打つところは窪んでいるので、ステープルがずれる心配はほとんどありません。

 

カバーを閉じて取付完了!

カバーを閉じて取付完了!

そうして、カバーを閉じれば取付完了です。実に簡単ですし、それでいてクレファーの掛け時計用フックのようにステープルが丸見えになるようなこともありません。

フックの部分が少し手前に浮く

こちらがカバーを完全に閉じた状態です。フックの部分が少し手前に浮いたような状態で不恰好に見えますけど、逆にモノが掛けやすくて良い感じです。

 

耐荷重5kgなのでシッカリ安定!

耐荷重5kgなのでシッカリ安定

早速、ラジコンとプロポを入れた袋(約1.5kg)を吊るしてみたところ、まったく問題ありませんでした。正直、フックの部分がオシャレじゃないなーと思ってたんですけど、思ったよりも気になることはありませんでした。

 

かけまくりとの比較

かけまくりメタルフックSキズが超小さいフック
価格約152円/個約133円/個
耐荷重3kg5kg
手軽さ

※2017/06/05現在、アマゾンでの価格

最後に改めて、かけまくりと比較してみたいと思います。

1つあたりの価格は似たようなものですが、「キズが超小さいフック」のほうが少し安いです。

耐荷重は「キズが超小さいフック」のほうが大きくなっています。一方で、かけまくりのほうがワンプッシュで取付可能なのでお手軽と言えます。

抜いた痕については、穴ひとつずつで見ればステープルを使う「キズが超小さいフック」のほうが目立ちにくいと言えますが、計8本のステープルを使うため、穴の数は多くなります。

その点、かけまくりは穴が1ヶ所のみです。ステープルの穴に比べれば目立ちますが、トータルで言えばどっこいどっこいかと個人的には思います。

 

というわけで、私としては「かけまくり」も「キズが超小さいフック」も甲乙つけがたい感じですね。基本的には、小さめのフックが欲しい場合は「かけまくり」、大きめのフックが欲しいときは「キズが超小さいフック」をチョイスすれば良いんじゃないかなと思います。

 

【関連記事】

コメント