スポンサーリンク

「収納グッズ・オブザイヤー2022」はDIYパーツがキラリ存在感

収納グッズ・オブザイヤー2022

2022年は各社ともコスト高や円安に対応することに必死だったのか、コレと言った新商品が少なかったように思います。

そのため、今年は「収納グッズ・オブザイヤー」の発表は見送ろうと思っていました。しかしながら、念のためこの1年間を改めて振り返ってみると、素晴らしい商品をいくつか見つけることができました。

というわけで、今年も収納マンが勝手にセレクションする「収納グッズ・オブザイヤー2022」を発表したいと思います!

 

ニューヒカリ・WALL BASE

ウォールベースを使ったロードバイク用バイクハンガーが完成!

今年は魅力的なDIYパーツがいくつかありました。中でもニューヒカリ(清水)の「WALL BASE」はDIYの幅を大きく広げてくれるものだと思いました。2×4材などを天井に突っ張るのではなく石膏ボード壁に固定するので、倒れる心配がなく、圧迫感を抑えることができます。

コストを抑えたい場合はアイワ金属の「STAND BAR」を使うのも良いでしょう。堅牢性や安全性を重視したい場合はWALL BASEがオススメです。

ラブリコなんてもう古い!?自転車やテレビをDIYで壁掛けするならコレ!
清水のニューヒカリ「WALL BASE(ウォールベース)」を使って2×4材を石膏ボード壁に固定して、ロードバイク用のディスプレイハンガーをDIYで作ってみました。ラブリコなどと違って天地を突っ張る必要がなく、とても安定しています。圧迫感もありません。

元林・差し込み式壁面シールフック

元林・差し込み式壁面シールフック 4968583218310 @キャンドゥ

DIYパーツと言うとホームセンターで手に入れるイメージが強いですが、元林の「差し込み式壁面シールフック」はダイソー、キャンドゥ、ワッツなどの100円ショップで購入することができます。

差し込み式壁面シールフックを使うと、たとえばプラ箱を多少凸凹のあるキッチンパネルに貼り付けることができます。強力両面テープで貼り付けるのと違って容易に着脱できるのがメリットです。

キャンドゥで発見!元林「差し込み式壁面シールフック」が最強すぎる
キャンドゥで発見した元林「差し込み式壁面シールフック」は最強すぎます。以前にダイソーで購入した同社「ナットつき壁面シールフック」と違って、ネジ穴を開ける必要がないので、いろんなモノを直接、壁に掛けることができるからです。

 

元林・ナットつき壁面シールフック

ナットつき壁面シールフックと100均プラ箱でウォールポケット

元林の「ナットつき壁面シールフック」は前述の差し込み式壁面シールフックの姉妹商品で、フックに代えてネジになっているタイプ。これを使うと、これまであきらめていたネジで壁面に固定する収納グッズも取り付けできる可能性があります。

前述の差し込み式壁面シールフックと同様に多少凸凹がある壁面に取り付け可能なので、強化プリント紙や天然木を使った家具やドア、ユニットバスの壁面でも使えると思います。

ダイソーで販売中の「ナットつき壁面シールフック」ならドアにも貼れる!
ダイソーで販売中の元林「ナットつき壁面シールフック」を使えば、一般的な室内用フラッシュドアにウォールシェルフやウォールポケットを取り付けることができます。システムキッチンの扉内に有孔ボードやワイヤーメッシュパネルを固定するにも便利。

 

ドウシシャ・ルミナス ラテ 壁面突っ張りラック

壁に針穴すら開けたくない、かと言ってシールフックも無理という場合は、やっぱり突っ張り式。2×4材でDIYをするよりも既製品のドウシシャ「ルミナス ラテ 壁面突っ張りラック」のほうがコスパが良いです。ブラック系がお好みの場合は「ルミナス ノワール L字脚 壁面収納突っ張りラック」もあります。

ニトリの「Nポルダ」のほうが価格は安いですが、ルミナスなら2本脚なので圧迫感が少ないです。それでいてL字脚なので安定感もあります。

白いスチールラックに真打登場!?「ルミナス ラテ」はキッチン収納に最適
ドウシシャの「ルミナス ラテ」シリーズはルミナス・ノワールをホワイトにした感じとも、エリソンラックのホワイト色をキッチン向けにアレンジした感じとも言えます。キッチン収納をメインターゲットに据えており、スタートにしてはサイズバリエーションも豊富です。

 

無印良品・スチールタップ収納箱フラップ式

無印良品の「スチールタップ収納箱フラップ式」は電源タップ収納ケースの決定版と言えるかと思います。多くがプラスチック製で耐荷重性能や耐熱性に不安がある中、無印良品はスチール製なのでとにかく頑丈。それでいて、税込1,690円と低価格です。

前面にスリットが設けられているのでケーブルを出しておくにも便利。大きさも「ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ・高さ1/2」と同じくらいなのでちょうど良いと感じます。

配線すっきり!無印良品の新商品「スチールタップ収納箱フラップ式」
無印良品の新商品「スチールタップ収納箱フラップ式」はその名の通りスチール製で丈夫。山崎実業の「ウェブ」よりも天板が丈夫そうです。税込1,690円とコスパが良いことも魅力。ポリプロピレンファイルボックス用フタとキャスターを組み合わせた上に乗せることもできます。

 

以上、「収納グッズ・オブザイヤー2022」に輝いた商品を5点紹介しました。

今年もっとも感動したのはWALL BASEと元林のシールフック2種です。これらがあれば、今まで取り付けできなかった、もしくは躊躇していた場所に、好みの収納を設けることができます。収納の幅が一気に広がると思います。

為替が落ち着き始めたので、2023年は新しい収納グッズがジャンジャン登場するんじゃないかと期待しています。楽しみですね!

関連記事

アイワ金属「STAND BAR」を使えば賃貸でも壁にネジ留めできる!
アイワ金属の「STAND BAR(スタンドバー)」はニューヒカリの「WALL BASE(ウォールベース)」よりも先に発売された商品です。賃貸住宅などの石膏ボード壁に1×4材などを取り付けることで、ネジ留めしかできなかったテレビやシェルフなどを固定できるようにするDIYパーツです。
ツーバイフォー材などを使って壁面収納棚を作れるDIYパーツまとめ
2×4(ツーバイフォー)材などを使って壁面収納棚を作れるDIYパーツについてまとめてみました。突っ張るタイプなら平安伸銅工業のラブリコがオススメ。カラバリやラインナップが豊富で1×8材などにも対応できます。それよりもイチオシはアイワ金属のスタンドバーとニューヒカリのウォールベース。石膏ボードに直接固定するので倒れてくる心配がありません。
ドウシシャ「ルミナス・ノワール」にL字脚のつっぱり式ラックが登場
ルミナス ノワールの壁面収納突っ張りラックは従来の天井突っ張りテンションラックよりも安定するL字脚を採用した商品です。従来のノワールのオプションパーツも使えるので、使い方はさらに広がることでしょう。
ルミナス・ノワールに「壁掛けTV金具」登場!突っ張りラックとのセットも
ドウシシャのルミナス・ノワールシリーズから、「壁掛けTVテンションラック」と「TV掛けパーツ」が発売されました。ルミナス・ノワールで揃えている人はもちろん、賃貸住宅にお住まいの方、DIYが苦手な人にオススメできると思います。

コメント