『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

折り畳み式で僅か10cmのすき間に収納可能!キャスター付キッチンワゴン3段

収納のコンサルティングで一般家庭を訪問していた頃、かなりの確率でお目に掛かるワゴンがありました。LEIFHEIT(ライフハイト)のフォールディングワゴン(下写真)です。

当時よくカタログ通販にも登場していたワゴンで、単にオシャレなだけでなく、使わないときは折り畳んでコンパクトに収納できるというところがポイント。でも結局、しまいっぱなしになっているか、棚として使っていることが多かったかなーという印象です。天板サイズがおよそ70×40cmと大きいので、テーブルサイドに置くには便利なのですが、日本の家庭ではちょっと大きすぎて取り回ししづらいんですね。

今回、楽天プレミアムパートナー制度で折り畳み式のキッチンワゴンを提供していただくにあたり、そんなことを思い出しました。

本記事は販売店から商品提供を受けて執筆しています。ですが、いつも通りスポンサーには一切忖度することなくレビューさせていただいております。

 

折りたたみ式キャスター付キッチンワゴン3段

Relohas・折りたたみ式キャスター付キッチンワゴン3段

こちらが楽天市場のRelohasさんからご提供いただいた「折りたたみ式キャスター付キッチンワゴン3段」です。白色、黒色、浅葱色の3色ある中で、黒色もカッコ良かったんですけど、今回は白色を頂戴しました。

本体は組み立て不要!

本体は組み立て不要!

IKEA(イケア)のロースコグワゴンに似たデザインですが、根本的に違うのは組立が超簡単なところ。くの字に曲がったヒンジを伸ばすだけでご覧の通り本体の組み立てが完了してしまいます。あとはキャスターを取り付けるだけ。

付属のスパナの大きさが合わない!?

付属のスパナの大きさが合わない!?

ところが、キャスターを取り付けようとすると付属のスパナの大きさが合いません。随分と立派なスパナが付属しているなーと感心していたのにこれですよ(苦笑)

なぜか関係のないスパナが入っていた

なぜか関係のないスパナが入っていた

不思議に思って取扱説明書を見てみると、そこに記載されているスパナの形状と違います。「あれ?」と思って周りを見渡すと、キャスターの入っていた袋の中にそれ用のスパナが入っていました。

両口スパナはこのワゴンの組み立てでは使用しません。サービス品だったのでしょうか?(苦笑)

キャスター取付完了

キャスター取付完了

スパナの取り違えというトラブルがあったものの、キャスターの取り付けが完了しました。ネジ穴がタイトでちょっと取り付けにくかったです。

ちなみに、組立説明書には記載されていないのですが、脚が長いほうにストッパー付きのキャスターを取り付ける必要があります。そうしないと折り畳んだ状態で立て掛けるときにキャスターが回転して倒れてしまうからです。

無事に完成

Relohas・折りたたみ式キャスター付キッチンワゴン3段

ともあれ、特に苦労することなく無事にワゴンが完成しました。機能的にはロースコグワゴンと同等。それでいて組み立てに手間は掛かりませんし、折り畳んでコンパクトに収納することもできます。おまけにS字フックも4つ付属しています。

また、当初は折りたたみ式ということでガタツキや歪みを心配していたのですけど、その心配は無用でした。意外とシッカリしていて、その点は何ら問題ありません。

以上を踏まえて「なんと優れた商品!」と拍手喝采したいところではありますが、いくつか問題もありました。

キズだらけ&ススまみれ

キズだらけ&ススまみれ

まず、あちこちキズや汚れがあるんですよ。ダンボール箱を開けたときに、S字フックとスパナがむき出しで出てきたときに嫌な予感がしたんです。案の定、それらが原因でキズになったところがありましたし、それ以外にも荷ズレを起こしたと思われる箇所、ヒンジが当たってキズになった箇所などがありました。ビニール袋に包まずにダイレクトにダンボール箱に放り込むなんて無茶です。

また、長いあいだ倉庫の中に放置したように全体がススまみれです。組み立てるだけで手が真っ黒になりましたよ(苦笑)

加工が雑

加工が雑

あと、加工が雑なんです。バスケットの角の部分がキレイなアールになっていないのは、最初は運搬時にぶつけたのかと思いましたが、3段それぞれ違う位置が同様に歪んでいるので、折り曲げ加工の仕方が拙いんだと思います。

また、バスケット側面の継ぎ方も雑で、フラットではなく山なりになっているんですね。中国製品も最近はクオリティーが上がってきたと思ってましたが、これはどうやら例外のようです。

表示寸法と異なる

表示寸法と異なる

問題はまだあります。念のため採寸してみたら、表示寸法と異なるところが多々あるんですよ。折りたたみ時の厚みは70mmのはずなのに、実測では85mmもあったりという具合です。

実測してみた結果

表示寸法(W×D×H)実測値(W×D×H)
使用時 外寸450×300×750mm475×305×795mm
収納時 外寸450×70×980mm520×85×1030mm
バスケット内寸記載なし393×293×65mm
バスケット間隔240mm242mm
重量4.3kg3.8kg

※すべてキャスター取付時、S字フック含まず

実測してみた結果は上表の通りでした。表示寸法はいずれもキャスターの存在を完全に無視しているように思います。

こんなに誤差があったら、「机の高さとかなり違う!」、「すき間に入らない!」といったクレームが出てきてもおかしくありません。

ロースコグワゴンもどきと比較

折りたたみキッチンワゴンをロースコグもどきと比較

我が家にあるワゴンと比較してみました。IKEAのロースコグワゴンもどき(モダンデコ「キッチンワゴンkw01」)と並べてみると、ハンドル以外のサイズ感はほとんど変わりません。

価格は2020/11/09現在、折り畳み式が税込5,980円、ロースコグワゴンもどきが天板付きで5,999円。つまり、価格はほぼ同じですけど、ぶっちゃけその割りには折り畳み式の品質はお粗末です。実質的に組み立て不要でコンパクトに折り畳めるという点は評価しますが、私なら迷わずロースコグワゴンもどきを購入します。

リセ・テーブルワゴンと比較

折りたたみキッチンワゴンをリセ・テーブルワゴンと比較

続いて、JEJの「リセ・テーブルワゴン3段」と比較。リセのほうが天板高が低いものの、幅と奥行はほぼ同じサイズ感と言えます。

また、リセはポリプロピレン製で軽く、バスケットの底はメッシュではなくフラットです。こういった違いはニーズによって選ぶべきところで、どちらが良いかは一概には言えないですね。

まとめ

Relohas・折りたたみ式キャスター付キッチンワゴン3段

以上の通り、今回の折りたたみ式キッチンワゴンは組み立てが実質不要でコンパクトに収納可能なところは高く評価できます。見た目も格好良くて購入ボタンをポチッと押すまでは満足感が高いことでしょう。

しかし、品質管理がかなり杜撰です。価格は税込5,980円ですが、私だったら「訳あり品」表記付きで2,980円だったら納得するかなーという感じ。もっとも、キズがなくてちゃんとキレイな商品が届くなら5,980円でもいいと思いますけどね。

 

というわけで、とにかく品質面だけがとても残念な商品でしたー。

 

関連記事

IKEA「ロースコグワゴン」にハンドルが付いたキッチンワゴンをお試し
IKEA「ロースコグワゴン」にハンドルが付いた、モダンデコの「キッチンワゴンkw01」と専用の「天板kw02」を試してみました。思いのほか組み立てづらいところもありますが、ハンドルが付いていて便利という点をメリットと考えれば、これはこれでアリかもしれません。
IKEA「ロースフルト」ワゴンはロースコグのミニサイズでテーブル下OK
IKEA(イケア)の新商品「RÅSHULT(ロースフルト)ワゴンは「RÅSKOG(ロースコグ)」のミニサイズ。テーブル下に収まる高さということですが、日本のダイニングテーブルはヨーロッパ製よりも低いことが一般的なので注意が必要です。サイズや価格の比較もしています。
IKEAも驚く!?ニトリ版ロースコグワゴン「トロリ」は実用性をアップ
ニトリ版ロースコグワゴンと言えるスチールワゴン「トロリ」はIKEAもビックリ、山善のバスケットトローリーよりも実用性を高くしたワゴンです。引っ掛け式の小物入れが便利で、バスケットの高さ調節できる範囲も広く、A4ファイルなど大きなモノも収納できます。ついでに類似品も集めてみました。
JEJ「リセ・テーブルワゴン」は布団ばさみの収納や洗濯カゴを置くのに便利
IKEA(イケア)の「HARPLINGE(ハルプリンゲ)ワゴン」によく似た、JEJの「リセ・テーブルワゴン」を購入しました。布団ばさみを収納したり、洗濯カゴを置くのに便利で、まさに洗濯の友と言えましょう。

コメント