「Nintendo Switch」の小物の収納に便利!ホリ「まるごと収納バッグ for Switch」

こちらでは珍しく、今回はゲーム機器の収納の話です。

ファミコンの時代はゲーム機器の収納と言ってもさほど難しくありませんでした。カセットさえ収めれば、あとはいくつかのコントローラーさえ収納すれば済んだからです。

ところが、任天堂のwiiが登場した頃から事情が変わってきました。ソフトがカセットからディスクに変わったことは大きな問題ではありませんでしたが、コントローラーであるwiiリモコンが複数、それにヌンチャク、ハンドル、従来型のゲームパッド、バランスボードなど、いわゆるゲーマーでなくとも関連機器が増えに増え、収納が難しくなったのです。

そして、さらに収納が難しくなりそうなのが、今年の3月に発売された「ニンテンドーSwitch(スイッチ)」です。



据え置き型+携帯型ゲーム機=ニンテンドーSwitch

ニンテンドーSwitch同梱品一覧

ニンテンドーSwitchのいわゆる「本体」のパッケージには上写真の通り多くのパーツが含まれています。

ニンテンドーswitchを携帯型ゲーム機として使用する状態

ニンテンドーSwitchを携帯型ゲーム機と使用する場合は、6.2インチのモニターを備えた「本体」に「Joy-Con(ジョイコン)」と呼ばれるコントローラー2つを左右にドッキングさせるのが基本となります。

また、本体をポータブルテレビのようにテーブルの上に立てて、ジョイコンを外した状態で握って一人以上でプレイすることも可能です。

ニンテンドーSwitchを据え置き型ゲーム機として使う場合

ニンテンドーSwitchを据え置き型ゲーム機として使う場合は、コンセントとテレビに繋いだ「Dock(ドック)」に本体を挿し込み、テレビの画面を見ながらジョイコンなどでプレイします。

ジョイコングリップにジョイコンを合体させて使う場合

同梱品のジョイコングリップにジョイコン2つをドッキングさせれば、従来のコントローラーのように使うことができます。

ジョイコン+ストラップ

Wiiリモコンのようにジョイコンを振り回して遊ぶときには、付属品のストラップを装着して使用します。

ジョイコングリップとストラップ

逆に言うと、ジョイコングリップやストラップを使わないときは、どこかに収納しておく必要があるのです。

ニンテンドーSwitchのソフト

さらに、ニンテンドーSwitchのソフトは3DSのソフトよりも小さいので、カードケースに収納しておく必要があります。

ACアダプターやモバイルバッテリー、USB typeCケーブルが必要な場合も

さらに、持ち運ぶ際にニンテンドーSwitchのバッテリー容量に不安がある場合は、ACアダプターやモバイルバッテリーがあったほうが便利です。

ほかにも、より操作性の良いプロコンや、wiiのときと同じようにハンドルを購入する場合もあるでしょう。このようにニンテンドーSwitchは多様な遊び方ができるため、周辺機器が異常に多いのです。そうすると当然、収納方法も悩ましくなります。

キーズファクトリー・HARD CASE for Switch

キーズファクトリー・HARD CASE for Nintendo Switch

ニンテンドーSwitchを携帯型ゲーム機として使う場合は、満充電で約3時間遊ぶことができます。それで私は、スイッチ本体とカードケースだけ収まれば十分ということで、キーズファクトリーの「HARD CASE for Nintendo Switch」(上写真)があればOKだと考えていました。

同時に、ジョイコングリップとストラップくらいならTVボードの引出しの中に収納すれば何とかなると思っていました。

ところが、息子が祖父母の家に泊まりに行くときにACアダプターが必要だと言い出したため、ACアダプターとモバイルバッテリーを兼用できる「Anker PowerCore Fusion 5000」「USB typeCケーブル」を購入。

このときになってようやく、ことの深刻さに気付かされました。すなわち、ニンテンドーSwitchは周辺機器の数がすごい、そして収納が難しくなるということですね。

ホリ・まるごと収納バッグ for Nintendo Switch

ホリ・まるごと収納バッグ for Nintendo Switch

そこで、ホリの「まるごと収納バッグ for Nintendo Switch」を購入することにしました。ファミコン世代には懐かしい「ホリコマンダー」のホリですね(笑)

取り外しや移動が可能な仕切り板が4枚付属

まるごと収納バッグには、マジックテープ式で取外しや移動が可能な仕切り板が4枚付属しています。

大きさは大型の化粧バッグと同じくらいといったところです。

まるごと収納バッグにSwitch本体などを収納した状態

まるごと収納バッグには、ジョイコンを装着した状態のSwitch本体をそのまま収納することができます。ジョイコングリップやストラップ、USB typeCケーブル、モバイルバッテリー、カードケースを収納しても、まだまだ余裕があります。

周辺機器一式を100均のプラ箱にでも入れてひとまとめにするというのもアリかと思いますが、我が家では周辺機器一式をまるごと持ち運び可能なこのバッグに収納することにしました。

まるごと収納ケースとハードケース

息子が祖父母の家に泊まりに行くときはまるごと収納バッグに一式詰め込んで出掛けるものと思っていたのですが、ハードケースも一緒に持って出掛けています。祖父母の家から車でどこかに出掛けるときはハードケースが便利だからということのようです。

なるほど、大人がセカンドバッグを使ったり、携帯用の化粧ポーチを持ち歩くのと同じなんですね。全部収まったほうが便利なときもあれば、必要最小限にまとめたいときもあるというわけで。で、そうするとバッグは2つ必要になるということなんですね。

ともあれ、ニンテンドーSwitchを購入してからまだ1週間ほどでこの調子ですから、Switchの周辺機器の収納についてはこれからも悩ましい日々が続くことでしょう(苦笑)

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク