ダイソーなど100均ではダメ!?布団圧縮袋の使い方のコツとオススメの布団圧縮袋

布団圧縮袋・イメージ

かさばる布団を押入に収納するのに便利なのが布団圧縮袋です。たまに「ダイソーなど100円均一で買った布団圧縮袋ではダメですか?」と聞かれることがありますが、私が検証した結果ではダイソーで買ったものでもちゃんと圧縮することはできます

ただし、そもそも100円均一の圧縮袋は一般的に薄いので、耐久性はやや低いです。また、一般的に100円ショップで扱っている圧縮袋のサイズは毛布用が最大で、敷布団が入るサイズのものは見たことがありません。ですから基本的には、100円均一で圧縮袋を買うのなら毛布か衣類用と考えておいたほうが良いでしょう。

とは言え、「100円ショップで買ったものだから元に戻った」などと言うのは早計です。サイズが合っていないのは論外として、耐久性が高くても間違った使い方をすれば割と簡単に破れてしまいます。他にも色々と誤解が多いと感じることが多いので、今回は誤解を払しょくしつつ、正しい布団圧縮袋の使い方をレクチャーしたいと思います。

布団圧縮袋にまつわる誤解

ふとん屋さんに「圧縮なんかしちゃダメだ!」と言われた

ふわふわの布団・イメージ

たぶん私がふとん屋さんでも同じことを言うと思います。布団を圧縮する必要がなければ圧縮しないほうが良いです。それは布団を圧縮すると繊維が元に戻らない可能性が少なからずあるからです。また、あくまで可能性の話ですが、湿気を帯びたまま布団を圧縮するとカビが生える可能性があります。ふとん屋さんだったら、布団は大切に扱って欲しいと願うのは当たり前でしょう。

でも、消費者は収納スペースを有効に使いたいから圧縮したいと考えるわけです。圧縮すると数%くらいは復元しないかもしれませんが、一目瞭然に戻らないということはありません。その可能性を自覚していれば圧縮してコンパクトにするというメリットを優先しても良いんじゃないかと思います。ちなみに我が家では圧縮して布団がへたばったという印象はまったくありませんが、そこそこ高級な羽毛布団だけは圧縮せずに布団袋に収納しています。

また、湿気を帯びたまま圧縮すればカビが生える可能性は確かにありますが、布団をそのまま収納しても湿気を帯びてカビが生える可能性はあります。むしろ、圧縮しないほうが湿気を帯びたり虫に食われる可能性は高いと私は考えています。

布団圧縮袋は使い捨て?

布団圧縮袋は繰り返し使用できます。ただし、扱い方にもよります。やはり100均よりも高価なもののほうが袋に厚みがあり、丁寧に扱えば破れにくくて繰り返し使える可能性が高いです。

そういう意味では、「100均だからすぐにダメになった」と言うのも一理あるかもしれません。



布団圧縮袋の使い方のコツ

丈夫な布団圧縮袋を使うことも大事なポイントですが、そもそも布団圧縮袋で失敗しないためにはいくつか使い方のコツがあります。

  • チャックの内側を固く絞った濡れ雑巾で拭く
  • 圧縮しすぎないようにする(1/3程度が目安)
  • 羽毛布団は羽毛布団専用のものを使用する
  • 圧縮した布団は丁寧に扱う
  • バルブ式でないものの場合はチャックを閉じる手順に注意

チャックの内側を固く絞った濡れ雑巾で拭く

衣類圧縮袋の取扱説明書

これは布団圧縮袋の取扱説明書に書いてあることが多いのですが、固く絞った濡れ雑巾や乾いた雑巾で圧縮袋のチャックの内側を拭いてください。これにより密着度が増し、空気が侵入して元に戻る可能性が大幅に減ります。

ちなみに私の場合は固く絞った濡れ雑巾を使います。そのほうが確実に異物を取り除けると感じるからです。

圧縮しすぎないようにする(1/3程度が目安)

注意書きが別紙で同封されている

カチカチに圧縮できると気持ちが良いのですが、そうすると袋が張りつめて破れやすくなります。グニャッと曲がる程度、かさが約1/3になるくらいに圧縮するようにしましょう。特にこれは重要なポイントです。

最近は、これが正しく圧縮する最大のコツではないのかなと思っています。

羽毛布団は羽毛布団専用のものを使用する

布団圧縮袋によってはダウン70~90%以上であれば羽毛布団もOKと書いてあることが多いのです。しかし、肝心の羽毛布団の品質表示が正確でない場合が多く、フェザーが多く含まれる場合には、圧縮袋を内側から軸羽根が突き破ってしまう場合があります。

その場合、圧縮袋が悪かったのか、扱い方が悪かったのか、羽毛布団の品質表示が正しくなかったのか、原因がよく分かりません。羽毛布団専用と表示された圧縮袋を使用するか、圧縮せずに布団袋に収めるのが無難と言えるでしょう。

圧縮した布団は丁寧に扱う

布団圧縮袋は意外とデリケートです。圧縮した布団は大きいので、ついつい畳の上を引きずったり、押入の建具にぶつけてしまったりしますが、そうすると袋に穴が開いてしまって空気が侵入し、元に戻ってしまう可能性があります。頑張ってしっかりと持ち上げて、周りにぶつけないようにそっと押入の中に収納するようにしましょう。もちろん取り出すときも丁寧に扱いましょう。

バルブ式でないものの場合はチャックを閉じる手順に注意

最近はチャックのみの布団圧縮袋よりもバルブ付きのものが増えました。ただ、バルブ式のほうが圧縮の際の手間は少なくて済みますが、バルブ式のほうが圧縮する性能が優れているというわけではありません。バルブ付きのものもそうでないものも基本的な性能は同じです。

チャック式の場合は、(1)濡れ雑巾でチャックの内側を拭いてから一旦すべて閉じ、(2)掃除機の先を通す部分だけチャックを開け、(3)吸引が完了したらチャックをすべて閉じる、という手順となります。あらかじめ掃除機の先を通すところを残して閉じ、吸引後にすべて閉じるという手順はNGなのです。これはチャックをスライダーで閉じる際に素材が伸びてしまってキッチリと閉じないことがあるためです。ですからチャックは一旦すべて閉じるようにしましょう。

オススメの布団圧縮袋

基本的には、2枚で600円くらいの布団圧縮袋であれば、丁寧に扱えばどれでも大丈夫だと思います。ただ、私はガサツな人間ですので(苦笑) 、絶対に安心して使えるというのは上写真のようなボックス状の袋に収めるタイプの圧縮袋です。ボックスに入っているので圧縮袋が外側から破れる心配がなく、また仮に空気が流入してもベルトとボックスが膨らむのを抑えてくれます。ボックスの大きさが一つの目安となって、過剰に圧縮してしまう心配もありません。

価格は一般的な圧縮袋の5倍ほどしますが、圧縮袋自体も一般的な圧縮袋よりも厚手で丈夫です。同様のものを我が家でも使用していますが、今までのところ問題なく繰り返し使用できています。箱状になっているので積み重ねやすく、見た目が悪くならないのも良いですね。またこれなら、引越の際もそのまま運べるんじゃないかと思います。

ちなみにこの手のボックスタイプは、以前は東和産業と石崎資材から発売されていましたが、最近は中国製が幅を利かせており、東和産業は製造を止めてしまって残るは石崎資材だけとなってしまっています。価格はそれほど変わりませんが、石崎資材は日本製で安心感があると思います。

今までにいくつかのメーカー、いくつかの圧縮袋を試してきましたが、布団の圧縮に慣れているはずの私でも1回の使用でダメになってしまった圧縮袋もあります。だから現時点で自信を持ってオススメできるのはこちらのボックスタイプだけですね。

あと、丈夫な圧縮袋を選ぶことも大切ですが、とにかく圧縮しすぎないように気を付けることが使用上の最大のコツだと思います。圧縮袋は正しく使えば本当に便利なので、是非ご活用ください。

関連記事

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開されましたのでお知らせします。 ⇒ ”旅行鞄をスッキリ!便...
収納マンは一人暮らしのお宅にも片づけのアドバイス&作業のお手伝いに伺うのですが、そこで布団を圧縮するときに掃除機がないということに気付くこと...
オリエントの「ふとんdeクッション ぶち&とら」を買ってみました♡シングルサイズの毛布なら2枚、羽毛布団なら1枚を収納可能。猫のぬいぐるみみたいで、くそかわいいです。
収納の問題 布団圧縮袋の使い方として正しいものを以下の3つの選択肢から選んで答えなさい。 密閉性を高めるために、雑巾でチャッ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク