『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

地震で本棚から本が飛び出すのを防ぐ!小島工芸の転倒防止補助金具「ボンフック」

お片づけブログメディア”cataso(カタソ)”に収納マンの新しい記事が公開されましたのでお知らせします。

”収納上手は知っている!扉付きのキャビネットよりも「オープンラック」がオススメの理由”

 

今回のカタソの記事で紹介した通り、オープンラックにはたくさんのメリットがあります。それでも、「地震のときに中身が飛び出すのが心配」と考える人もいるでしょう。耐震ラッチ付きのキャビネットであれば地震の揺れで扉がロックされ、収納物の飛び出しを防いでくれるからです。

もっとも、耐震ラッチ付きであってもキャビネットそのものが倒れてくると厄介です。家具の下敷きになるなら背板のないオープンラックのほうが脱出するのが容易ではないかと個人的には思います。

オープンラックでも収納物の飛び出しを防いでくれるグッズがあります。オープンラック用というよりはオープンタイプの本棚用ですが、地震対策の参考になるのではないでしょうか。



小島工芸・転倒防止補助金具「ボンフック」

小島工芸の転倒防止補助金具「ボンフック」は一応、小島工芸の本棚専用となっていますが、ネジ込み式の棚ダボで、ネジの径さえ合えば、小島工芸以外の本棚でも使用可能です。

使用方法は、上写真のように棚ダボなどにボンフックを取り付け、ラバーバンドを渡すだけ。ラバーバンドは自分で用意する必要があるというのが面倒ですけど、取り付け幅などが異なるので仕方ないですね。

 

市販のヒートンでも代用可能

小島工芸のボンフックは基本的には棚ダボのネジ穴にしか取り付けできません。しかし、この原理は市販のヒートンを使うことで応用することができます。

木製のオープンラックの任意の位置にヒートンを2ヶ所留め、そこにラバーバンドを渡せば良いわけです。ヒートンなら100円ショップでも購入できますし、ゴム紐も100円ショップで買えますよね。見た目はあまり格好良くありませんけど、あまりコストを掛けずにちょっとした工夫で地震対策が可能なわけです。

 

地震対策グッズには様々なものがありますが、基本的にどれもシンプルな構造のものばかりです。シンプルだからこそ丈夫で物理法則に適っているのです。

だからこそ高価な既製品を買わずとも、ちょっとした工夫次第で簡単に応用することができます。もちろん見た目を気にするならばそれなりのものを購入する必要がありますけど、手間を惜しまず実用性だけを考えれば、いくらでも地震対策はできるのです。

そんなわけで、オープンラックが地震対策の面でデメリットがあるということは決してありません。有事の際のことを考えつつも毎日の暮らしのストレスを減らすことを大切に考えて、最適な収納家具を選んでいただければと思います。

 

【関連記事】

コメント