スポンサーリンク

無印良品の2022年家具人気ランキング上位をニトリと比較してみた

無印良品の2022年家具人気ランキング

前回に引き続き、今回も無印良品の人気商品ランキングを紹介しつつ、競合するニトリの商品と比較してみたいと思います。

今回は「家具」のランキングです。前回の「収納用品」以上に、「似とるなー」と感心すること間違いなし!さっそく紹介して参りましょう。

※この記事は2022年12月22日時点の情報に基づいています

 

第1位 ベッド

無印良品ニトリ

まずは人気第1位となった「ベッド」から。家具は儲からないと言われて久しいですが、ベッドだけは未だに平日でもマネキンが付くほどボロい商材です。なので、大手メーカーの睡眠商法に騙されるくらいなら、無印良品のほうがよっぽど信用できると感じる人は少なくないのでしょう。

無印良品は脚付マットレスだけではありませんが、ニトリでも同様の商品を同価格帯で扱っています。たとえば「シングル脚付きマットレス(フィル/NV)」。驚いたことに、マットレスは圧縮ロールで、床板は無印良品のようにコンパネではなくてウッドスプリング式なんですね。組み立ては無印良品に比べると面倒ですが、スペックとしてはニトリのほうが魅力的です。

第2位 壁に付けられる家具

無印良品ニトリ

人気第2位は「壁に付けられる家具」。それまで注目を集めることがなかった石膏ボード壁用のウォールラックを世間に広めたという点で、無印良品の大きな功績のひとつと言えると思います。

ニトリにも「アルブル」というウォールシェルフやウォールミラーのシリーズがありますが、無印良品に比べるとラインナップは少ないです。表面材も桐(ホワイトウォッシュ)、タモ(ナチュラル)、ウォールナット(ミドルブラウン)で、いずれも木目が粗くて安っぽいんですよね。

 

第3位 スチールユニットシェルフ

無印良品ニトリ
無印良品・スチールユニットシェルフ スチール棚セット 特大 ライトグレー

人気第3位は「スチールユニットシェルフ」。私はてっきり価格が安くてナチュラルな風合いのパイン材のほうが人気だと思っていたんですけど、スチールのほうが売れ筋なんですね。

対するニトリは「ワイヤーシェルフ Nポルダ(ディープ)」。天井に突っ張ることを前提とするならニトリのほうが割安です。また、ブラック系のカラーバリエーションも選べるところが魅力のひとつと言えるでしょう。

 

第4位 スタッキングシェルフ

無印良品ニトリ

人気第4位は「スタッキングシェルフ」。こちらもスチールユニットシェルフより下位だったことはちょっと意外でした。ともあれ、グリッドシェルフの定番アイテムとして、広く愛されていることは間違いないと思います。

ニトリにも「コネクト」というほぼ同じようなシリーズがありますが、かなり値上げされてしまいました。これについては無印良品の圧勝に終わったと言えるのではないでしょうか。

 

第5位 体にフィットするソファ

無印良品ニトリ

人気第5位は「体にフィットするソファ」。今から20年前の2002年に発売され、今や世界中に広まっています。「Yogibo(ヨギボー)」も体にフィットするソファがなかったら存在しなかったのかもしれません(ヨギボーは2004年にアメリカで誕生、日本への輸入は2014年から)。

ニトリでの同様のビーズクッションの取り扱い開始は確か2015年頃。現在の「Nストレッチ」は無印良品と比較して価格も品質も決して負けてませんが、勝てる要素も特に見当たらないというのも正直なところです。ちなみに、無印良品は生地そのものや詰め物は日本製、縫製は中国です。ニトリはオール中国製。

 

第6位 パイン材ユニットシェルフ

無印良品ニトリ

人気第6位は「パイン材ユニットシェルフ」。かつて似たようなパイン材ラックは各社から発売されましたが、結局無印良品の一人勝ちとなったように思います。UVウレタン塗装に変更されたことが支持を集めた理由でしょうか。

ニトリの「マンクス」は無印良品に比べて安いものの、無塗装で面取りさえされておらず素手で触ると怪我しそうな感じ。安かろう悪かろうを地で行くような商品です。

 

第7位 パルプボードボックス

無印良品ニトリ

人気第7位は「パルプボードボックス」ですが、これが今に至るまで生き残っているというのが私には理解不能です。厚紙だし、グラグラだし、見た目も安っぽいし、その割りに決して安くもありません。

個人的にはニトリの「カラボ」のほうが丈夫でコスパが良いと思います。棚板の高さが調節できるとは言え穴ボコで安っぽく見えるということなら、「Nクリック ボックス」をチョイスすれば良いでしょう。

 

第8位 学習机・ワーキングデスク

無印良品ニトリ

人気第8位は「学習机・ワーキングデスク」。数年前まで私は無印良品のデスクを結構ボロクソに言ってましたが(笑)、「オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)」が発売されて以降は完全に意見が変わりましたね。木目に文句を言わなければコスパはかなり良いと思います。

ニトリでこれに対抗するのはやはり「メルシー」でしょう。しかし、メルシーはどんどん値上げされてしまってもはや無印良品と比較するのも馬鹿馬鹿しくなってしまいました。こんな値段ならイトーキの「JAQ-F31チェアセット」を買ったほうが良いです。

 

第9位 マットレス

無印良品ニトリ

人気第9位は「マットレス」。家具販売店と比べると低価格帯のものが一通り揃っているので、手を伸ばしやすいのだと思います。

ニトリも基本的には同じ価格帯で揃えているので、主力の「Nスリープ」などはガチで競合するでしょう。ただ、寝心地はあくまで個人の好みによるところが多いので、どちらが良い悪いと言うつもりはありません。実際に横になって試してみるのが一番です。

 

第10位 テーブル

無印良品ニトリ

最後、人気第10位となったのは「テーブル」です。テレワークの普及などで「パイン材テーブル・折りたたみ式」が売れたんでしょうかね。幅80×奥行50cmの天板サイズで税込5,990円なら間に合わせでも良いかなと思う人も少なくないのでしょう。

ニトリにはパイン材のテーブルはないので、近いところで言うと「折りたたみデスク Nポルダ」あたりでしょうか。天板サイズは幅77×奥行37.6cmで税込4,990円。表面材はプリント紙ですが、パイン材よりはキズはつきにくいと思います。

 

以上、無印良品の人気家具ランキングを紹介しつつ、競合するニトリの商品を見て参りました。無印良品に追いつけ追い越せと言わんばかりにニトリがよく頑張っている様子がうかがえますね。

でも、無印良品の家具はここ数年、品質が格段に良くなりました。品質は良くなっているのに価格はほとんど上がっていないのですから本当にスゴイことだと思います。結果的にニトリがまったく追いつけないのは仕方のないことでしょう。

しかしながら、無印良品によく似た商品を販売しているのはニトリだけではありません。amazonでも楽天市場でも家具は一部商品しか扱えていない状況なので、ここをなんとかしないと厳しくなっていくと思います。そこのところを頑張って欲しいなーというのがわたし個人の願いです。

関連記事

無印良品の2022年収納用品人気ランキング上位をニトリと比較してみた
無印良品の2022年の人気商品ランキングが発表されました。収納用品ではポリプロピレンファイルボックスや収納ケース・引出式などがランクイン。ニトリと競合する商品も少なくないものの、意外とニトリにはない商品もあります。
真打登場!?ニトリ「Nポルダ・ディープ」は無印シェルフとほぼ同じ奥行
ニトリの新商品「Nポルダ・ディープ」は無印良品のスチールユニットシェルフとほぼ同じ奥行約40cm。Nインボックスや引出NインボックスA4奥深、折りたたみデスクとの相性も良さそうです。
子供部屋&キッチン&階段下収納に!無印良品「スチールユニットシェルフ」
無印良品の「スチールユニットシェルフ」を購入し、新居の子供部屋、キッチン、階段下収納に設置しました。リニューアルしてから初めての組み立てですが、取扱説明書を見ると中国ファーストが鮮明になっています。でも、IKEAのフィェルキンゲなんかに比べると組み立てはしやすいし、梱包もユーザーファーストでシッカリしています。
ニトリvsナフコvsマナベvsゲン!家族4人でマットレスを比較してみた
ニトリの「Nスリープ プレミアムP1-CR」、ナフコ21スタイルの「グランリーヴェTS-400」、マナベインテリアハーツの「ノンコイルマットレス プライム」、タンスのゲンの「低反発ウレタン8cm厚」+「高反発ウレタン20cm厚」、以上4種類のマットレスを家族4人がそれぞれ1週間試して比較のうえランキングしてみました。最も人気だったのはナフコ。包み込まれるような柔らかさです。

コメント