隠す必要ある?無印良品の新商品「ステンレスユニットシェルフ用スクリーン」

私がクライアント宅に収納のご相談を承りに伺うと、「扉付きの収納家具を置いて全部隠してしまいたい」と言われることがよくありました。しかし、モノを全部隠してしまうと最初は見た目が美しいのですが、しばらくすると以前よりも散らかってしまうのです。

なぜなら、モノを戻す度に扉を開けたり閉めたりしなければならないため、片づけるのが面倒臭くなってしまうからです。また、そもそも何をどれくらいどこに置いているのかが把握しにくくなってしまうという問題もあります。

ですから私は、普段使わないモノだけを扉付きの収納家具に収め、普段よく使うモノはオープンラックや引出しに収めることをオススメしています。オープンラックなら出し入れが容易ですし、何をどれくらいどこに置いているかも一目瞭然ですからね。

その点、無印良品の各種ユニットシェルフは使い勝手が良いです。オープンラックなので前述したようなメリットがありますし、見た目がシンプルで汎用性が高く、別の用途に転用することも容易です。また、オプションパーツが豊富なので好みに応じて使い方をアレンジすることもできます。



無印良品・ステンレスユニットシェルフ用スクリーン

しかし、無印良品がこの度あたらしく投入した「ステンレスユニットシェルフ用スクリーン」はどうなんでしょう?単に目隠しするだけでなく、プロジェクターの映像を投影できるという用途にも使えるのですが、個人的には本当に必要かなと思います。

ステンレスユニットシェルフ用スクリーンは、幅84cmタイプのステンレスユニットシェルフを2台以上連結したところに専用のレールを取り付けたうえで使用するものです。ちょうど引き違い戸のような感じになるので、大きなスクリーンでシェルフの中身をすっぽりと隠してしまうことができます。

一方で、前述したようにオープンラックのメリットは収納物にアプローチしやすいということです。このように全部隠してしまっては、せっかくユニットシェルフを置いた意味がなくなってしまうのではないでしょうか。

専用レールとスクリーンは価格が高い!

専用レール2連タイプの価格は税込5,990円、高さ168cmのスクリーンの価格は1枚あたり同5,990円です。これ自体、結構高価だなーと思うわけですが、ステンレスユニットシェルフ2台分と合わせるといったいいくらになるのでしょうか。

商品名 単価 小計
ステンレス棚セット・ワイド・大 2 29,000円 58,000円
専用レール2連タイプ 1 5,990円 5,990円
スクリーン高さ168cm 2 5,990円 11,980円
合計 75,970円

※ステンレス棚セットを2台連結する場合は帆立が1枚不要となりますが、バラで購入しても合計金額が変わらないためセット2台で計算しています

ステンレスユニットシェルフのステンレス棚セットを2台購入して58,000円となるのに対し、これにスクリーンを取り付けると合計で75,970円となります。つまり、オープンラックのまま使うのに対して約31%のアップということです。

75,970円くらい出せば、引き戸式の木製収納家具も買えそうな値段ですからねー。IKEAの「PAXワードローブフレーム2個セット(奥行35cm)」に引き戸と棚板をセットしても同じくらいの予算に抑えることも可能じゃないかと思います。

もっとも、ステンレスユニットシェルフを買ったものの、やっぱり全部隠したくなってしまうということもあると思います。また、プロジェクターのスクリーンとして活用できるというのが魅力的だと感じる人もいることでしょう。

それでもやはり、最初からスクリーンありきで考えるのはちょっともったいないと思います。オープンシェルフは中身が丸見えになってしまうので収納するにはセンスが必要ですが、片づけが苦手な人にとっても散らかりにくいシステム作りに役立ちます。

全部隠してしまいたくなる気持ちは分からないでもありませんが、丸見えになっても問題ない状態をキープする気持ちがとても大切だと私は思います。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク