『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

まるで口裂けカバコ!ニトリでも販売中のJEJ「ロッキンポッド」

先日、妻の実家に行ったら、キッチンにカインズのキャリコが置いてありました。メタルラックの最下段に置いて、食品をストックしているのです。

「これ買ってみたんだけど、なんだか使いにくいなー」と言う義父。そりゃそうですよ。メタルラックに食料品を収めるなら普通にフタのないコンテナボックスを使ったほうが得策です。これは引出式衣装ケースに比べたら安いというだけのもので、そもそも使い勝手の良いものじゃないんです。そう言うと、義父は納得してくれました。

テレビCMで見たり、店頭にたくさん並んでいると、「売れているもの=良い商品」と思っちゃうんでしょうねー。しかし、前述の通りこの手のスタッキングボックスは決して使いやすいものではありません。

にもかかわらず、売れるとなればメーカーもこぞって参入してきます。それでもって悪循環。

今度はJEJがまた参入してきましたよー。

 

JEJ・ロッキンポッド

JEJの「ロッキンポッド」はパッと見た感じ、天馬の「カバコ」のように扉が天板下にスライドインするスタッキング式オープンボックスです。しかし、それだけじゃないんです。ロッキンポッドはカバコをも上回る機能を持ち合わせているのです。



ガバッと天板までフルオープン!

まず強烈なのが、扉が天板下にスライドインするだけでなく、天板がガバッと上に開くギミックです。カバコも同様に天板を外すことは可能ですが、ロッキンポッドは天板の奥側がヒンジのようになっているので、天板を外すのではなく開くことができるのですね。

このように天板が開くと、正面の狭い口から洋服などを出し入れするのではなく、真上からスムーズに出し入れすることができます。ただし、積み重ねて使うのには向きませんが。

下部のツマミをスライドさせて扉をロック!

ロッキンポッドにはもう一つの目玉機能があります。それは商品名の由来にもなっていると思われる扉のロック機構です。扉の下部のツマミを内側にスライドさせることで扉をロックし、中身が飛び出したり、幼児が触るのを防ぐことができます。

ただ、小さなお子さんがいるご家庭では重宝するかもしれませんけど、普段は必要性をあまり感じないかなと思います。

3サイズ展開、キャスター取付けも可能

ロッキンポッドはS、M、Lの3サイズ展開。それぞれ幅が300mm、450mm、600mmで、奥行431×高さ310mmは共通です。一般的な引出式衣装ケースと比較すると高さは高い部類なので、厚手のセーターや洋服以外の雑貨を収めるにも便利と言えるかもしれません。

ちなみに、Lサイズは幅が広いため、スチールの補強パイプが入っています。

いずれのサイズも別売のキャスターを取り付け可能なので、移動も楽々です。

ニトリ版「フタ付き収納ロッキンポッドNS」は3色展開

ニトリ・フタ付き収納ロッキンポッドNS

出典:ニトリ

ロッキンポッドはホワイトとダークブラウンの2色です。しかし、ロッキンポッドは既にニトリにも導入が進んでおり、こちらは「フタ付き収納ロッキンポッドNS」という商品名で、グリーン、ブルー、ピンクの3色展開となっています。

価格は2019/06/08現在、Sが税込990円、Mが同1,490円、Lが同1,990円ということで、ナフコやヤマダ電器よりも微妙に高めですが、ほぼほぼ同じ値段。カラフルなパステルカラーをご希望ならニトリにGOですね。

 

以上の通り、JEJのロッキンポッドは扉がスライドインするだけでなく天板までガバッと開くことが最大のメリットかなと思います。小さなお子さんがいて、収納物をあちこちから引っ張り出してしまう場合は、ロック機能が魅力に感じることもあるかもしれません。

一方で、現状では天馬のカバコに比べるとサイズバリエーションやカラーバリエーションが少ないと言えます。その点で問題がなければ、ロッキンポッドはなかなか良いんじゃないでしょうか。

 

関連記事

JEJ、お前もか!まるでカインズ「キャリコ・ポルタ」のような「Teos(テオス)フラップラック」
最近、やたらとカインズホームの「キャリコ」ネタが続いておりますが、今回もそっち系の話です。引出式衣装ケースでそれなりのシェアを持っているJEJもキャリコ型の衣装ケースを発売していました。 JEJ・Teos(テオス)フラップラック ...
「キャリコ」より「カバコ」!収納グッズ・オブ・ザ・イヤー間違いなし!
カインズの「キャリコ」のようなフロントオープンタイプのスタッキングボックス、天馬の「プロフィックス・カバコ」を実際に買って検証してみました。結論から言って収納グッズ・オブ・ザ・イヤー間違いなしと言える優れものです。ペットボトル、ワイシャツ、Tシャツ、フェイスタオル、バスタオルなども入れてみました。分別ゴミ箱やコンテナ代わりに使うのも良いでしょう。
カバコのようなフロック!?コメリ版キャリコ「イニシオ」って最強すぎる
コメリ版キャリコと言うべき「イニシオ」が最強すぎます。その理由はサンカのフロックのように扉が折り畳めて、天馬のカバコのように扉を天板下にスライドインできるからです。サイドに大きめのハンドルが付いているので持ち運びやすいのもメリットです。
さすが天下のイオン!ホームコーディの「カバコ」はニトリより微妙に安い
天馬の「プロフィックス・カバコ」はニトリではネット限定で、イオンでは「ホームコーディ・スライド式オープンボックス」という商品名のオリジナルデザインで販売されています。価格は微妙にイオンのほうが安いです。ただしカラバリはクリア1色のみ。

コメント