無印良品のスチールユニットシェルフとステンレスユニットシェルフの価格の違いはどこにある?

無印良品のスチールユニットシェルフとステンレスユニットシェルフ。かたやスチールでかたやステンレス。確かにステンレスのほうがキラリとしてカッコイイ感じがしますが、果たしてそれだけの違いでしょうか?

そんなわけで今回は、無印良品のスチールユニットシェルフとステンレスユニットシェルフの違いに迫ってみたいと思います。

無印良品・スチールユニットシェルフ・スチール棚セット・ワイド大・グレー

無印良品・ステンレスユニットシェルフ・オーク材棚セット

ステンレスの帆立の価格はスチールの2倍以上!

無印良品のユニットシェルフのスチールかステンレスかの違いは主に、帆立(両側のラダー状のパーツ)とクロスバー(背面のX字パーツ)の素材の違いです。その中でもパーツが大きい帆立だけを取り出して価格を比較してみると、2.2~3倍程度も価格が違うことが分かります。

スチールのエポキシ樹脂塗装とステンレスを比較した場合、ステンレスのほうが価格が高いのは一般的なことです。無印良品のユニットシェルフはステンレスの記号が明示されていないので正確にはその価格の妥当性は判断できないのですが、まあロット(生産本数)の問題もあるので(おそらくはステンレスのほうが生産が少ない)、別にぼったくっているわけではないと思います。

一般的にステンレスはスチールに比べて錆に強いと言われます。また、耐熱性、耐薬品性、耐食性もあります。そんなわけでステンレスユニットシェルフは主にキッチンなどの水周りで使用するのに適していると言えます。

一方、スチールユニットシェルフの場合は錆びやすいのかと言うと、私はそんなこともないと思います。10年以上、室内で使っている無印良品のスチールユニットシェルフがあるのですが、まったく錆びていませんし、塗装がはがれたり変質するようなこともありません。現在の無印良品のスチールユニットシェルフはホワイトグレーのエポキシ樹脂塗装である一方、私が持っているのはシルバー系の塗装のため、塗装の種類が違う可能性もありますが、おそらくは塗装の性質は大きくは違わないだろうと思います。

スチールユニットシェルフを普通に使っていて塗装がはがれることがなければ、水分が浸透して錆びることもありません。よってスチールユニットシェルフも一般的に想定しうる使用シーンにおいては基本的に錆の心配はないと言っても良いと思います。ただしキッチンなどの水周りで使用する場合はやはりステンレスのほうが安心と言えるでしょう。



スチールとステンレスではむしろ棚板に違いが!

無印良品のユニットシェルフはスチールもステンレスも基本的に同じサイズ仕様となっており、物理的にはスチールの帆立にステンレスの棚板を取り付けることも可能です。ただ、棚板の金具の色が異なるため、現実的にはそういう使い方をする人はまずいないと思います。

棚板を比較した場合も、ステンレスはスチールの倍以上の価格となりますが、棚板はモノの出し入れによってキズが付く可能性が高く、スチールの場合は塗装がはがれてそこから錆が生じる可能性があります

あと、スチールユニットシェルフには木製棚板、ステンレスユニットシェルフにはタモとウォールナットとオークの木製棚板があるんですが、やはり価格は2倍前後となっています。木製棚板は金属パーツが少ないのになぜ同じように価格に2倍前後の違いがあるかと言うと、材質と塗装に違いがあるのです(※)。

スチールユニットシェルフの木製棚板は材質を明示していませんが、おそらくはメープル(かえで)かそれに近い樹種かなぁと思います。家具用材にはいろんなものがありますが、メープルだったら堂々とそう言えば良いはずなので、そうじゃないのかもしれないですね(以前はメープルと明記してありました)。そのメープルなどの木材を薄くスライスして貼った突板(つきいた)にウレタン塗装を施したのがスチールユニットシェルフの木製棚板です。一方のステンレスユニットシェルフの木製棚板にはタモとウォールナットとオークがあって、いずれも一般的に言って高級家具用材です。これらを同様に突板にしてUV塗装を施したのがステンレスユニットシェルフの木製棚板なのです(※)。

※タモ材の棚板はUV塗装ではなくウレタン樹脂塗装です。

最近、無印良品はパイン材ユニットシェルフの棚板でもUV塗装を施していますが、棚板にUV塗装を施すのはあまり一般的ではありません(コストが高いため)。UV塗装とは仕上げに紫外線を照射して表面硬度を高める手法で、UV塗装を施すとキズが付きにくくなります。ネイルの仕上げにやるのと基本的には同じ原理、効果を得ることができるわけですが、一般的にツヤが出やすいのが良し悪しです(ともすれば安っぽく見えてしまう)。

つまるところ、無印良品のステンレスユニットシェルフはスチールユニットシェルフの2倍程度の価格にするために木製棚板も同様の価格設定にしているのではなく、それに見合った材質と塗装を施してあるというわけです。ステンレスユニットシェルフは錆に強いだけでなく、ステンレス棚板も木製棚板もキズが付きにくい。また見た目の面でも、ステンレスのほうがスチールに比べて優れているだけでなく、木製パーツも木目が良くて美しいわけです。

【関連】パイン材ラック比較!イケア・イーヴァルvs無印良品・パイン材ユニットシェルフほか

もともと無印良品ではスチールユニットシェルフが先にあって、ステンレスユニットシェルフはそれに派生した後発の商品です。そのためステンレスユニットシェルフは価格が高く、バリエーションが少ないという状態が長く続いており、あまり目立たない存在でした。しかし昨年にスチールユニットシェルフ同等のラインナップとなり、選びやすくなりました。

そんなわけで今まではあまり比較する余地がなかったのですが、これでようやく対等に比較検討できる状態になりました。冒頭でも述べた通り、一般的な室内での使用シーンにおいてはスチールユニットシェルフで問題ありませんスタンダードモデルとして無印良品っぽさを満喫するには十分と言えるでしょう。一方、ステンレスユニットシェルフは価格が2倍程度しますが、それに見合った機能性とインテリア性が備わっていると言えます。2倍と言ってももともとが安いですから、それ以上の満足感はあるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク