2024年4月23日(火)から最長25日(木)にかけてサーバーの更新を予定しています。その間はコメントがうまく投稿or返信できない可能性があります。

ニトリ「Nブラン」にジョセフ似の立体斜めカトラリーケース登場

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

引出しの中でカトラリーを整頓する際は100均のプラ箱などを使うほか、Joseph Joseph (ジョセフジョセフ) の「カトラリーケース」(下写真)や山崎実業の「立体斜めカトラリーケースtower(タワー)」を使って斜めに収納するという方法があります。

 Joseph Joseph (ジョセフジョセフ) カトラリーケース トレー 収納 ドロワーオーガナイザー コンパクト グレー 【正規品】 85119

ただ、いずれもそれなりのお値段。一方で、100円ショップのセリアで売っていた山田化学の「引き出しカトラリー収納」(JANコード:4965534202923)という商品はまったく使い物にならず。

そんなわけでこれまでは両極端な選択肢しかなかったわけですが、このたびニトリから同種のカトラリートレーが発売されました。

※この記事は2023年9月26日時点の情報に基づいています

 

ニトリ・カトラリートレー Nブラン

ニトリ・カトラリートレー Nブラン(ホワイト)商品コード 8920444

このたびニトリの整理トレー「Nブラン」シリーズに登場したのは、その名もずばり「カトラリートレー」という商品です。ジョセフジョセフのカトラリーケースを知っている人なら、思わず「似とる!」と叫んでしまうデザインですね(笑)

整理トレーLLに斜めトレーをセット

ニトリ・カトラリートレー Nブランは整理トレーLLに斜めトレーをセットしたもの

カトラリートレーNブランは税込399円。この発売と同時に「整理トレーNブランLL」(税込299円)というこれまででもっともロングなトレーがラインナップに加わったのですが、カトラリートレーNブランは整理トレーNブランLLにカトラリーを斜めに収納するトレーを重ねたものとなっています。つまり、斜めトレーを外せば整理トレーLLと同じものとして使えるわけです。

山田化学&山崎実業と比較

ニトリ・カトラリートレー Nブラン、山田化学・引き出しカトラリー収納@セリア、山崎実業・立体斜めカトラリーケースtowerと比較

メーカーニトリ山田化学山崎実業
シリーズNブランtower
商品名カトラリートレー引き出しカトラリー収納立体斜めカトラリーケース
サイズ(mm)340×85×50365×97×54350×120×55
材質PETポリプロピレンABS、PS
製造国中国日本中国
税込価格399円110円1,485円

※立体斜めカトラリーケースは生活雑貨ショップkurasunoでの2023年9月26日現在の価格

あいにくジョセフジョセフのカトラリートレーは手元にないので、山田化学の引き出しカトラリー収納と山崎実業の立体斜めカトラリーケースtowerと比較してみました。

カトラリートレーNブランのサイズ感は山田化学のものに似ています。ちょっと嫌な予感しかしません(苦笑)でも、山崎実業に比べると価格は1/4くらいで済むのですから魅力的です。

Nブランにカトラリーを収納してみた

ニトリ・カトラリートレー Nブランにカトラリーを収納してみた

カトラリートレーNブランにカトラリーを収めてみました。サイズ感は山田化学のものに似ていますが、箸や大小のフォークなどを収めてみても意外と使えそうな感じです。

立体斜めカトラリーケースのほうが使いやすい

ニトリ・カトラリートレー Nブランより山崎実業・立体斜めカトラリーケースtowerのほうがカトラリーを収納しやすい

しかし、山崎実業のほうが収納しやすいことも確かです。こちらは仕切り板の位置を動かせるうえ、仕切り板が透明なので何をどれだけ収めているか一目瞭然です。

Nブランに文房具を収納してみた

ニトリ・カトラリートレー Nブランに文房具を収納してみた

カトラリーではなく文房具を収納してみるとどうでしょうか。

文房具を収納した場合もやはり、意外と使える感じです。

立体斜めカトラリーケースのほうが使いやすい

ニトリ・カトラリートレー Nブランより山崎実業・立体斜めカトラリーケースtowerのほうが文房具を収納しやすい

しかし、こちらもやはり山崎実業のほうが収納しやすいと感じます。山崎実業のほうが幅広なので、同種のものをたくさん並べやすいんですね。カトラリートレーNブランを2つ以上並べても同じようには使えません。

 

というわけで、ニトリのカトラリートレーNブランは意外と使えると感じる一方、使い勝手は山崎実業の立体斜めカトラリーケースtowerには劣るように思います。ただ、値段が1/4くらいであることを考えると、おねだん相当の価値はあると言えるでしょう。

とは言え、いくら安くても使いにくくては意味がないとも思います。よって、私としては山崎実業の立体斜めカトラリーケースtowerがオススメです。

関連記事

山崎実業「立体斜めカトラリーケースtower」は文房具の収納にも良き
山崎実業の新商品「立体斜めカトラリーケースtower(タワー)」のホワイト(5413)を購入しました。期待通り、フォークやナイフが見やすくて、とても出し入れしやすいです。一方で、収納量を求めるには適しません。また、ペンやハサミなどの文房具の収納には最適だと思います。
百均セリアで見つけた引出し用「斜めカトラリー収納ケース」がゴミすぎた
100円ショップのセリアと山田化学が共同開発した「引き出しカトラリー収納」を試してみました。山崎実業の「立体斜めカトラリーケースtower」に似た構造ですが、仕切りバーの位置を調整できない構造のため何を入れても中途半端でまったく使い物になりませんでした。
引出しを仕切るにはイノマタ化学の「キッチントレー」が最強だと改めて思う
100均のイノマタ化学の「キッチントレー」スリムとワイドを使って食器棚の引出しのカトラリーを収納しました。ホワイト色はダイソーでも売ってますが、クリアー色はセリアだけ。それを積み重ねて上段に使うことで下段が透けて見えます。
ニトリの小物収納ボックス「Nブラン」は従来品より四角くなってフタも登場
ニトリの小物収納ボックス「ブラン」が「Nブラン」にリニューアルされました。従来品より四角くなってフタも登場するなどラインナップが豊富になり、使い勝手も向上しました。しかも、価格はそれほど変わっていません。カインズのスキットと比較しても甲乙つけがたいところです。

コメント