スポンサーリンク

11月から値上げ!ニトリの大型家具の配送組立設置料金が最大5,500円に

家具の配送・イメージ

現在、35期連続で増収増益を達成しているニトリ。しかしながら、コロナ禍の巣ごもり特需で絶好調すぎた反動か、今期は3月から10月までで既存店売上高が前年比99.4%、全店では102.4%と微妙な雲行きです。

それよりも気掛かりなのは利益です。第2四半期時点で売上は前年比で2.1%増えているのに、販管費が4.3%増えて、営業利益が10%以上も下がっています。なんとかして販管費を抑制しなければ36期連続の増益は厳しい状況です。

第2四半期決算資料を見ると、販管費でウエイトが高いのは人件費と賃借料。しかし、これらは既に前年よりも抑制することに成功しています。次に大きいのは発送配達費なのですが、これが前年よりも負担が増えているのです。

「ならば、配送料をお客さんに負担してもらえば良いではないか!」

というわけで、ニトリは2022年11月1日から配送料を値上げすることになりました。

※この記事は2022年10月27日時点の情報に基づいています

 

ニトリ、11月1日から配送料を値上げ

『玄関先迄納品・お客様組立品』の場合の配送料
購入金額10月31日までに購入11月1日以降に購入
10,999円まで550円1,100円
11,000円以上無料無料

※すべて税込 ※大型梱包の場合は個別で送料が掛かります

『大型家具』の場合(1件あたり)
曜日配送形態10月31日までに購入11月1日以降に購入
平日玄関先受取り
組立設置なし
1,100円2,200円
配送員設置
組立設置あり
2,200円4,400円
土日祝玄関先受取り
組立設置なし
2,200円3,300円
配送員設置
組立設置あり
3,300円5,500円

※すべて税込

ついこの間まで家具配送料無料キャンペーンをやっていたかと思えば、知らない間に配送料の値上げをすることになっていたのですね。

ちなみに、先月までの生活応援キャンペーンは大々的にプレスリリースを打っていましたが、配送料の値上げについてはニトリネットの隅に掲載するのみ。しかも11月1日からなのに、10月18日の発表です。9月30日の第2四半期決算を踏まえて、こっそり&スピーディーに対策を講じたのでしょう。

ともあれ、11月1日以降も大型家具以外に関しては11,000円以上をまとめて購入すれば配送料無料であることに変わりありません。これは素直に良かったと思います。

それよりも影響が大きいのは大型家具。特に組立設置ありの場合は平日が2,200円から4,400円に、土日祝は3,300円から5,500円に大幅アップです。実際にはもっとコストが掛かるとは言え、ニトリの家具の購買単価を考えると商品価格の10%に相当しかねない金額ですから、さすがに売上に影響してくるのではないでしょうか。

ニトリ以外の家具販売店の配送料一覧

販売店名大型家具の配送料金
島忠ホームズニトリと同じ
ナフコ税込1,500円、ベッド・学習机の組立設置+2,000円
IDC大塚家具税込2,200円
山新玄関渡し:税込1,100円、組立設置含む:平日2,200円、土日祝3,300円
東京インテリア家具平日:2,000円、土日祝:3,000円
ファニチャードーム平日:2,000円、土日祝:3,000円
ルームズ大正堂税込1,100円
村内FA平日:税込1,100円、土日祝:税込2,200円
かねたや家具店平日:2,200円、土日祝:3,300円
マナベIH平日:無料、土日祝:税込2,200円
※平日の税込32,779円までの購入の際は税込1,100円
服部家具センター平日:2,000円、土日祝:3,000円
太陽家具百貨店1,500円
山下家具店無料(搬入設置は有料)
近新1,000円
米三商品により異なる
湯川家具無料

※概ね売上順 ※各店通常配送エリア内(ネット販売のぞく)

では、他店ではどのようになっているのでしょうか。4年前に調べたときの情報をベースに見てみると、当時は1件あたり1,000円となっただけでも驚きだったのに、現在は平日:2,000円、土日祝:3,000円くらいが多いという状況です。

一方で、新潟の山下家具店や大阪の湯川家具など、未だに田舎では配送料を申し受けるのが難しい地域もあるようです。私が贔屓にしている堺市の藤光家具も無料です。こういうところではニトリは苦戦するのではないでしょうか。

あー、だからニトリは10月で収納マンの地元・河内長野市から撤退したんですねー(苦笑)

 

というわけで、11月1日からニトリの配送料がアップしますが、雑貨などに関してはこれまで通り税込11,000円以上の購入で無料です。また、大型家具の配送設置に関しては料金が上がったものの、ほかの家具販売店もそれなりの負担を求められる時代です。どうしても配送料を負担したくない場合は、ほかのネットショップを当たるか、地元の家具販売店に相談するのが良いでしょう。

ともあれ、こういうご時世ですから配送料の値上げはやむなしかと思いますが、ニトリの家具そのものも結構値上がりしているんですよねー。消費者としては自分でシッカリと目利きして、良い家具を安く買うようにしたいものです。

関連記事

家具のサブスク6社を徹底比較!無印良品と大川家具がユーザーファースト
家具の月額サブスクリプションサービスを提供している6社を徹底的に比較してみました。低価格のカジュアル家具なら無印良品とクラスが、国内外の高級有名メーカー品なら大川家具がユーザーファーストで魅力的だと思います。
島忠ホームズがTOBでニトリの傘下に!シマホはこれからどうなるのか?
ニトリが島忠に対する公開買付を11月16日から開始することを公表しました。TOBが順調に行けばシマホはニトリの傘下となる見込みです。世間ではDCM傘下になったほうが良かったという声が多いようですが、私は逆の立場です。それぞれの価格帯で家具は継続販売されるようですし本当に良かったと思います。
東海地方のファニチャードーム、名古屋本店と岡崎店を残し一挙4店舗閉店
東海地方を地盤とするファニチャードーム(安井家具)が名古屋本店と岡崎店を残し一挙4店舗閉店します。閉店セールは2019年6月15日から。東京インテリア家具名古屋本店の影響もあったと思いますが、それよりもニトリに包囲されたことのほうが影響が大きいでしょう。
ニトリが32期連続増収増益達成!躍進の秘訣は回転率より粗利率にあり
ニトリが2019年2月期の決算を発表しました。まさに破竹の勢いで32期連続増収増益を達成。ニトリの躍進は家具販売店と変わらない粗利率でありながら在庫回転率が高いからと言われることが多いですが、実態はホームセンターよりも粗利率が高いことのほうが大きいと言えます。
家具販売店ニトリ
収納マンをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
New!収納教える.コム

コメント