チェストの前板がパンチングボードに!天馬「フィッツプラス デコ」発売

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

天馬の「フィッツプラス」シリーズはプラチェストのハイエンドモデルの地位を欲しいままにしている人気商品です。サイズバリエーションが豊富なうえに、カゴ風のテクスチャを採り入れた「メッシュ」、光沢があり高級感あふれる「プレミアム」など、デザイン面でもラインナップが複数あります。

さすがにもう十分じゃないかと私は思っていたのですが、天馬はまだまだシェア拡大の余地があると考えているようです。あろうことか、今度は引出前板をパンチングボード化した新商品を投入してきました!

※この記事は2022年10月28日時点の情報に基づいています

 

天馬・フィッツプラス デコ

このたび天馬が発売したのは「フィッツプラス デコ」。引出しの前板がパンチングボードになっており、デコレーションして楽しむことができるようになっています。

幅は65cmのみ、3段、4段、5段の3サイズで、ホワイトとブラックの2色展開です。

ぶっちゃけ使いづらそう…

市販のパンチングボード用のフックなどを活用することで、上写真のようにデコったり収納することができます。ただ、引出しの開け閉めを考えると、どうしても持ち手の両側に、しかも上下の引出しに干渉しない位置に引っ掛けざるを得ません。必然的に見た目も使い勝手もイマイチになることでしょう。

フィルムフックでも良いのでは?

もともとフィッツプラスは引出し前板がツルっとしているので、フックを付けたければ100均のフィルムフックでも問題ないはずです。これなら引出前板だけでなく、チェストの側面にも貼ることができます。

どちらかと言うとパンチングボードにするなら引出前板よりも側面のほうが良かったようにも思います。しかし、天馬がそうしなかったのは、実用性ではなくあくまでパンチングボードのデザインを採り入れたかったということなのでしょう。

他デザインとの価格比較

3段3段D4段5段6段7段
デコ19,800円17,800円19,800円
元祖16,800円19,800円17,800円19,800円24,800円27,800円
NT(ニトリ)10,900円11,900円13,900円17,900円
イージー16,800円17,800円
メッシュ18,800円19,800円21,800円28,800円
プレミアム20,800円21,800円24,800円29,800円

※NTはニトリネット、それ以外はテンマフィッツワールド楽天市場店の2022/10/28時点の税込価格

パンチングボードになっている必要性をあまり感じないと存在意義が危ぶまれるデコですが、他のデザインと価格を比較すれば見方が変わってきます。実はデコのの価格は割高ではなく、元祖フィッツプラスと同じなんですね。

元祖フィッツプラスは現在、サイズバリエーションは豊富なものの、ナチュラル1色のみ。対してデコはサイズバリエーションこそ少ないですが、ホワイトとブラックの2色展開です。幅65cmの4段もしくは5段という売れ筋サイズで検討していて、価格が同じであれば、元祖フィッツプラスよりもデコを選ぶという人も出てくるでしょう。

また、ブラック系が良いけれどプレミアムは高すぎると感じる方がデコを選ぶという可能性もありそうです。ホワイトウォッシュとミドルブラウンの2色展開となっているニトリのNTよりも高いけど、ブラックのデコのほうが良いという人だっているに違いありません。

ちなみに、ニトリで買ったほうがテンマフィッツワールドよりも安いわけですが、たとえばDCM楽天市場店で幅65cmの5段を買うと14,800円でポイント10倍です(2022/10/28現在)。SPUなども組み合わせればさらに安くなりますから、必ずしもニトリが最安というわけではありません。元祖フィッツプラスとほぼ同じ価格のデコに関しても、実売価はもう少し安くなっていくはずです。

 

というわけで、新商品のフィッツプラス デコは「こんなにデコる奴おるか~?」と思ってしまうと判断を見誤ります。デコはあくまで売れ筋サイズに特化して、既存のカラーやデザインでは満足できない人に対して新しい提案をしていると見るのが適切でしょう。

価格も決して割高にはなっていません。オールホワイト、もしくはオールブラックが良いけど、プレミアムみたいなツヤツヤテカテカはちょっと趣味じゃない、という方にとってはベストな選択肢になると思います。

関連記事

ニトリ「フィッツプラスNT」とプロパーの違い→価格が安くて天板2色展開
天馬のフィッツプラスのニトリ版「フィッツプラスNT」が「NT2」にリニューアルし、以前よりも違いが大きくなりました。プロパーが値上げ、天板カラーも1色になってしまったのに対し、NT2は価格ほぼ据え置き、カラバリも2色を維持して、相対的に魅力がアップしています。
樹脂製チェストに扉をプラス!?天馬「フィッツプラス・キャビネット」
天馬の新商品「フィッツプラス・キャビネット」は、従来のフィッツプラスに扉収納を乗せたもの、もしくは扉収納のみのローボードです。棚板は可動式で前後2分割になっているほか、背板の取り付け方によって電源タップなどの収納スペースを確保できるのは、天馬らしい気配りだと思います。
ポリプロピレン製チェスト【徹底比較】ニトリvs無印良品vsアイリスvs天馬
ニトリ、無印良品、アイリスオーヤマ、天馬のポリプロピレン製チェストを徹底比較してみました。価格重視ならニトリ、無印良品好きなら、ポリプロピレン収納ケース、アイリスオーヤマのフレンチテイストのデザインウッドトップチェストも良いし、もっとも理想的なのは天馬のフィッツプラス。
収納マン邸の洋服収納を大公開!LDKに面したWCLとドライルームが鍵
収納マンの新居の洋服収納を披露します。最大のポイントはリビングダイニングに面したウォークインクローゼットとドライルームと言えるでしょう。洋服はオールシーズン&家族全員分をWCLにまとめて収納。そのほぼ真向かいにあるドライルームは部屋干しはもちろん、取り入れた洗濯物を隠しておくにも最適です。

コメント