スポンサーリンク

セリアに新顔登場!貼ってはがせるフィルムシートフック&ホルダー&トレイ

ダイソーは自社のブランドで販売している商品が多いため、製造元が分からない商品がたくさんあります。その点、セリアやキャンドゥなどは自社ブランド以外の商品のほうが多いので、「へー、こんなところで作られてるんだー」と思うことがよくあります。

セリアではイノマタ化学や山田化学、サナダ精工といった大手に混じって、私の同級生が社長を務める会社が季節商品などを卸していたり。かと思えば、今度は私の地元・大阪府河内長野市のメーカーの商品が私の目に留まりました。

 

まるき・貼ってはがせるフィルムシートフック

まるわ・貼ってはがせるフィルムシートフック

私の地元・河内長野市の特産品は爪楊枝で、日本国内のシェアの95%を占めていると言われています。「まるき」も元々河内長野市で爪楊枝を作っていて、現在は爪楊枝だけなく家庭用雑貨全般を100円ショップなどに卸しています。

そんなまるきが手掛けた収納用品が「貼ってはがせるフィルムシート」シリーズ。上写真のフックを含めて全部で8アイテムがラインナップされていました(2020/11/26現在)。

貼ってはがせるフィルムシート ラインナップ

商品名耐荷重
フックシングル1.5kg
スプレーホルダー1.0kg
ポンプボトルホルダー1.0kg
シェーバーホルダー0.3kg
歯ブラシホルダー0.3kg
小物トレイ長方形1.0kg
小物トレイ正方形1.0kg
ソープトレイ0.5kg

写真がなくて恐縮ですが、ホルダー4種はフック同様にホルダー部分がステンレスでできています。歯ブラシホルダーは歯ブラシを2本掛けられるようになっています。

トレイ3種はトレイがプラスチックでできており、フィルムシートに付いている突起部にハメ込んで取り付ける仕様です。なお、製造はすべて中国です。

鏡などには余裕でくっつく

まるわ・貼ってはがせるフィルムシートフックは鏡などには余裕でくっつく 

こちらのシートフックはパッケージにも記載されている通り、タイル、ガラスのほか、鏡、キッチンパネルなど、凸凹がなくツルツルした面には余裕でくっつきます。あまりにすき間なくくっついているので剥がすのに難儀するほど強力です。

ユニットバスの壁面などにはくっつかない

まるわ・貼ってはがせるフィルムシートフックはユニットバスの壁面などにはくっつかない

一方で、ユニットバスの壁面やプリント合板など少しでも凸凹のある面にはくっつきません。吸着式とはつまり吸盤式とまったく同じ原理でくっつくため、少しでもすき間が生じるとダメなのです。

だいゆうのフィルムフックとの比較

セリア×だいゆう・フィルムフック 固定・小&ダブル

商品名耐荷重
固定タイプ大3.0kg
固定タイプ小1.0kg
ミニタイプ2P0.5kg
スイングタイプ大3.0kg
スイングタイプ小2P1.0kg
ダブルタイプ2.0kg
リングフック1.5~2.0kg
コップホルダー1.0kg
歯ブラシホルダー2P

セリアでは「だいゆう」というメーカーのフィルムフックも販売しています。ラインナップは上記の通りで全9アイテムです。

セリアにまるきの商品が加わったことで同じような商品が増えた印象ですが、だいゆうは基本的にフック系がメインです。それに比べるとまるきのほうが魅力的なラインナップに見えます。

今後、両社の商品が共存していくのか、はたまたどちらかが駆逐されるのかという感じですね。

 

貼ってはがせるフックには主に粘着式と吸着式があり、今回紹介したのは後者です。吸着式は完全にツルツルな面じゃないとくっつきませんが、粘着式なら多少ザラっとした面でもくっつきます。なので、一般的には粘着式のほうが守備範囲が広くて使い勝手が良いです。

逆に言うと、まるきやだいゆうのフィルムフックは取り付けられる場所が限られます。ですが、貼ってはがせる粘着式のフックや歯ブラシホルダーは100均でもありますけど、今のところボトルホルダーや小物トレイなどは100均にはありません。まるきに勝機があるとすればそこでしょうねー。

関連記事

100均の貼って剥がせるシートフック「吸着式」と「粘着式」の違い
100円ショップやホームセンターのフック売場で、貼って剥がせるタイプのシートフックが増えています。シートフックには「吸着式」と「粘着式」があります。吸着式は鏡面でないと貼り付けられないものの接着剤を使わないので劣化の心配がありません。一方の粘着式は劣化しやすいものの多少の凸凹ならOKです。
洗面台がスッキリ!セリア「フィルムフック・コップ&歯ブラシホルダー」
セリアで購入した、だいゆうの「何度でも貼ってはがせるフィルムフック・コップホルダー」と同「歯ブラシホルダー2P」を使ってみました。amazonで購入した粘着式のステンレス製のものに比べて価格が安く、クリアで美しく、失敗してもやり直せて、歯ブラシが落ちにくく、汚れも付きにくい。パーフェクトです!
ニトリのシールフックとは全然違う!セリア×だいゆう「フィルムフック」
セリア×だいゆう「フィルムフック」のダブルタイプを使ってみました。ニトリのシールフックはユニットバスで使えたのでコレもOKかと思いきやくっつきませんでした。こちらのフィルムフックは本当にわずかな凸凹もNGのようです。
貼って剥がせる!ニトリのシールフックシリーズ「シェーバーホルダー」
ニトリのシールフックシリーズは主に洗面脱衣所や浴室で使うのに便利そうな貼って剥がせる粘着式の収納グッズです。今回はユニットバスの壁面に「シェーバーホルダー」を取り付けてみました。透明で目立たず、使い勝手も耐久性も問題ないです。

コメント