このディテールのこだわりようはさすが天馬!「ポーリッシュ突っ張り式物干し・窓枠用」

共働きの我が家では室内干しは必須です。そうでなくとも、天気が不安定なときは室内干しをする必要がどうしてもありますよね。

でも、鴨居やドアにハンガーなどを掛けておくと、どうしても生活感むき出しになってしまいますし、お天気だけでなく気分まで鬱陶しくなってしまいます。そうならないためには室内干しの仕組み作りをしておいたほうが良いですよね。

我が家の室内物干し

以前の様子ですが、我が家ではラグビーのゴールポストのような突っ張り式の室内用物干しハンガーを設置しています。10数年前当時はこういうのしかなかったんですね。割りと安定していて室内干しの際には大変助かっていますが、組み立てはとても大変でした。

近年はどんどん良い商品が発売されており、とてもうらやましく思っています。その中でも、本日、天馬から発売された「ポーリッシュ突っ張り式物干し・窓枠用PS-19」はとても良くできていると思います。



天馬・ポーリッシュ突っ張り式物干し・窓枠用PS-19

天馬・ポーリッシュ突っ張り式物干し・窓枠用PS-19

天馬の「ポーリッシュ突っ張り式物干し・窓枠用PS-19」の構造は、つっぱり式の支柱が2本、そこに竿を渡すだけのシンプルなものです。こういう形の室内物干しは既にたくさん世にあります。そんなことも知らずに天馬はこの商品を送り出したのでしょうか。もちろん、そんなことはありません。

劣化に強いポリカーボネート製の竿受け

劣化に強いポリカーボネート製の竿受け

「さすが樹脂成型大手の天馬だなー」と感心したのは、竿受けのパーツが耐候性に優れたポリカーボネートでできていることです。洗濯用品やゴミ箱って、屋外に置いておいたら白く粉をふいて劣化していくことがあるじゃないですか。耐候性に優れているということはそうならないということですね。

室内であっても窓際の日当たりの良いところに置いておくと、洗濯物の湿気もあって樹脂の部分が劣化しやすくなります。ポーリッシュ突っ張り式物干しはその点の心配がなく、長く使える品質があるということですね。

設置場所に合わせて脚の奥行を3パターンから選べる

設置場所に合わせて脚の奥行を3パターンから選べる

「よくこんなところまで気を配ったなー」と感心したのが、脚の構造です。ポーリッシュ突っ張り式物干しは基本的に窓枠の内側に設置することを想定しており、窓枠の奥行に合わせて脚の向きを変えることで最適な奥行寸法を選べるようになっているのです。

もちろん、奥行90mmの状態が前後方向の揺れに強くて安心です。でも、窓枠の奥行があまりなければ、最小44mmまでOKとなるように作ってあるんですね。

竿がグラつかない竿受け溝

竿がグラつかない竿受け溝

これもなるほど納得の気配りです。竿受けに竿を乗せると、竿が前後に動いてしまうじゃないですか。それはあらゆる太さの竿に合わせてゆったり目に竿受けの凹みが作られているからです。一方、ポーリッシュ突っ張り式物干しは竿受けの凹み部分をキレイな半円状ではなく、あえて歪な形状にすることで竿が前後に動かないようにしているのです。

なんだか天馬、ちょっと神ってますね(笑)

竿ホルダー付きで使わないときはスッキリ収納

竿ホルダー付きで使わないときはスッキリ収納

ポーリッシュ突っ張り式物干しは支柱に竿ホルダーが付いており、使わないときは竿を支柱に留めておくことができます。また、竿受けも畳んでしまうことができます

こういう機能は、以前からも他社製品にありました。けれども未だにそういう機能がない商品もあります。その点、天馬はよく研究しているなーと思います。

ほとんど商品詳細ページに書かれているそのまんまをコピペしたような内容になってしまいましたが(苦笑)、私の知る限り、天馬のポーリッシュ突っ張り式物干しは同様の突っ張り式室内物干しの中で最強じゃないかと思います。

安全性についても厳格な天馬が耐荷重20kgと言うのですから、とても安心して使えるんじゃないでしょうか。マジで天馬、神ってますね。

【関連記事】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク