スポンサーリンク

ケユカの吊戸棚用「ハンドル付きストッカー」にワイドと深型スリムが登場

キッチンの収納に於いて、吊戸棚は悩ましい場所のひとつです。手が届きにくい、置いたモノを忘れがち、重いモノは置けない、そしてピッタリ合う収納ケースがなかなか見つからない、といった問題があります。

そんなときに便利なのが、いわゆる吊戸棚用ストッカーです。背伸びして大きな持ち手を握れば、中にひとまとめにしたモノに手が届きます。

奥行が浅い吊戸棚の場合は奥行29cmのKEYUCA(ケユカ)の「ハンドル付きストッカー」が定番となっており、浅型も合わせて累計約125,000個も売れているのだとか。好評を博して、このたびラインアップが追加されることになりました。

※価格および仕様はすべて2022/03/10現在

 

ケユカ・ハンドル付きストッカー

従来品
標準浅型

サイズ:W18×D29×H20cm
税込価格:759円

サイズ:W18×D29×H15cm
税込価格:715円
新商品
ワイド浅型ワイド

サイズ:W22.5×D29×H20cm
税込価格:759円

サイズ:W22.5×D29×H15cm
税込価格:715円
深型スリム

サイズ:W15×D40×H24cm
税込価格:869円

ワイドは従来幅の25%増


このたび追加されたのは、「ワイド」、「浅型ワイド」、「深型スリム」の3タイプ。ワイドは従来型の幅18cmに対し、22.5cmに広がりました。その一方で、奥行は29cmをキープ、高さも同じです。浅型ワイドも従来の浅型の幅を広げただけとなっています。

ただ、正直言って4.5cm=25%しかワイドになっていないというのは微妙だと感じました。一般的な吊戸棚の幅や、一般的に収めるモノの大きさに合わせたんでしょうかね。そう考えると、これは案外良心的なサイズ設計のような気もします。

深型スリムは奥行40cm


一方の深型スリム。幅が狭くて背が高ければ、水筒や板海苔を収納するのに良いかもしれないと思いました。ところが、サイズをよく見ると、奥行が40cmもあるじゃありませんか!これでは従来のケユカのハンドル付きストッカーとはまったく別物です。

これだったらファイルボックスを使うのと変わらないんじゃないかとも思いましたが、トイレットペーパーがキレイに3つ収まっているところを見ると、一般的なファイルボックスよりも一回り大きいのかもしれません。

新登場の3品は日本製

ケユカ・ハンドル付きストッカー ワイド浅型&ワイド&スリム深型

出典:PR TIMES

もうひとつ驚いたのが、従来のケユカのハンドル付きストッカー2アイテムは中国製だったのに対し、このたび発売された3アイテムは日本製だということです。

おそらく、物流コストの問題による製造地の変更で、品質もそんなに変わることもないでしょうけど、価格が割高になっているわけではないので(むしろ割安)、安心ではありますよね。

 

一時期はちょっと元気なさげだったケユカですが、ここのところまた攻めに転じたような気がしますね。ニトリがマロニエゲート銀座から撤退したかと思ったら、それと入れ替わるようにケユカが出店したり。大阪でもケユカは一度、大阪・難波から去っていましたが、また明日から戻ってきます(なんばCITY)。ついでに言うと、先日はイオンモール堺北花田店もオープンしました。

今回のハンドル付きストッカーのラインナップ増もバッチリな感じだし、ちょっとこれは今後の展開に自ずと期待してしまいますよー。

 

2022/03/11追記:同じシリーズではありませんが、同じく奥行29cmのクリアタイプのストッカーも登場しました。幅はスリムとほぼ同じ。透明なPET樹脂なので中身が見やすいだけでなく、スチロール樹脂などに比べると割れにくくて良いのではないかと思います。
ハンドル付きクリアストッカー

サイズ:W14.5×D29×H8cm
税込価格:759円

関連記事

ニトリの吊戸棚ストッカー「Nブラン」はケユカと不動技研の良いとこどり
ニトリの吊戸棚ストッカー「Nブラン」は不動技研の「吊り戸棚ボックス」のようにテコの原理で吊戸棚から下ろしやすく、ケユカの「ハンドル付きストッカー」のように奥行コンパクトなのが特徴です。国産のエビスから中国製に変わったものの、ペラッと軽くなったのはメリットとも言えるでしょうか。
百均で吊戸棚を収納するなら!サナダ精工「アレンジ引き出しバスケット」
これまでにも100円ショップには吊戸棚用の収納ボックスがありましたが、サナダ精工の「アレンジ引き出しバスケット」はハンドルが嵩張らなくて良いと思います。ハンドルを握るのではなく指先さえ届けばOKなのもグッド。不動技研の「シューノ棚上(F2617)」と比較してもコスパが良いです。
オールステンレスで一生もの!ケユカ「LidestオイルポットII」
KEYUCA(ケユカ)の「Lidest(リデスト)オイルポットII」を購入しました。フタが立てられる、オールステンレスでサビない、食洗機で洗えるほか、網の面積が広いのでフライパンから油を注ぎやすいのもメリットだと感じます。価格も一般的なステンレス製オイルポットと比べて決して高くないと思います。
収納マンの初KEYUCAは新商品!「arrotsダストボックスpush」
KEYUCA(ケユカ)の新商品「arrotsダストボックスpush」を購入しました。従来品はペダル式ですが、こちらはプッシュオープン。袋留めの形状が変わり最大2分別に。また、キャスターは別売となっています。カチッと開閉できるのが最高に気持ち良いです!

コメント