『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

山善からも「白いメタルラック」が登場!アイリスオーヤマ製と比較してみた

「メタルラック」はアイリスオーヤマの登録商標ですが、他社製も含めて一般名称のように使われています。

メタルラックと言えばお馴染みの銀色に輝くスチールラックで、たまに白や他のカラーのものも見かけます。しかし、意外とポール径25mmタイプの白色のものは少なく、これまではアイリスオーヤマの独壇場という状況でした。

ところがここに来て、山善が白いメタルラックを投入してきたのです。

 

山善・メタルシェルフ

いわゆるメタルラックの御三家と言えば、ドウシシャのルミナスラック、アイリスオーヤマのメタルラック、エレクターのホームエレクターで、山善のメタルシェルフはそれらに比べると明らかに見劣りします。

山善のメタルシェルフはケーヨーD2で扱われているので、普段ケーヨーD2に足を運ぶ機会が多い人には良い商品と言えるかもしれません。しかし、そういうメリットを除いては、価格、スペック、オプションパーツのいずれをとっても、敢えて買うメリットがありません。

そんな山善のメタルシェルフから白色が登場したところで、「既にアイリスオーヤマにもあるじゃないか」という話です。けれどもこれが安いんです。

アイリスオーヤマと価格を比較

山善税込5,999円
アイリスオーヤマ税込8,942円

※2017/04/24現在

およそ幅90×奥行45×高さ180cmの5段タイプで比較してみると、山善は税込5,999円、しかも楽天市場の山善直営ショップではポイントが20倍もついて実質4,819円で購入することができます。

一方のアイリスオーヤマの価格は、直営のアイリスプラザの会員価格で税込8,942円。楽天市場で一番安いところを探しても実質7,460円です。つまり、山善のほうが約35%も安いわけです。

 

それでいてスペックは同程度

でも普通に考えれば、「二流品=安物買いの銭失い」となるのがオチです。ところが今回の場合はそうとも言えないのです。

棚板1枚当たりの耐荷重はいずれも約75kg。また、いずれもキャスターなし。塗装についてはいずれも表記がありませんが、防錆加工は施されていないと思います。おまけに、いずれもホワイトだけでなくブラックも用意されています。

つまるところ、山善の白いメタルラックはアイリスオーヤマに比べて価格が安いのに、スペックはほとんど同じと言えるのです。

 

強いて違いを言えば、アイリスオーヤマのほうがサイズバリエーションやオプションパーツが豊富です。このあたりはやっぱり、一流品とそれ以外の違いと言えるでしょう。今後、組み替えたり、拡張して使いたい場合は、約35%程度の価格の差に囚われず、アイリスオーヤマのほうを選んだほうが無難だと思います。

他方で、基本的にコストパフォーマンスの高い商品ですから、オプションパーツは割高に感じられるということもあり、意外と組み替えたりしないことのほうが多いのも事実です。そう考える場合は、価格重視で山善のほうをチョイスしてみるのも良いと思います。

関連記事

モノクロ好きに朗報!山善のメタルシェルフに「白&黒のパーツ」が充実
山善のメタルシェルフに「白&黒のパーツ」が登場。ブラック&ホワイトのモノクロ好きには朗報と言えるでしょう。サポートコの字バーのほか、奥行きハーフ追加棚、普通の棚板(ワイヤーシェルフ)が加わりました。アイリスオーヤマと悩ましいところです。
ドウシシャ「ルミナス・ノワール」シリーズにオプションパーツが続々追加!
ドウシシャ「ルミナス・ノワール」シリーズにオプションパーツが続々追加されました。置きシェルフはこれまでにない構造で、格子状のワイヤーがオシャレでもあります。引っ掛けネットも実用性とインテリア性を兼ね備えたパーツ。ほか、スライドバスケット、ソリッドシェルフ、ウッドシェルフも素敵です。
今さら聞けない?いわゆる「メタルラック」(スチールワイヤーシェルフ)の基礎知識
今さら聞けない?いわゆる「メタルラック」(スチールワイヤーシェルフ)の基礎知識。メタルラックはアイリスオーヤマの商標で、ほかにドウシシャのルミナスラックとエレクターのホームエレクターが御三家。基本的には互換性はありません。
メタルラックはダサイ!?インテリアのコツさえ掴めば十分オシャレに使える
メタルラックはダサイと思ってませんか?実はインテリアのコツさえ掴めば十分オシャレに使えます。目線の高さを意識してディスプレイスペースを設けたり、生活感のある小物はボックスにまとめたり、本の表紙をディスプレイすると効果的です。

コメント