スポンサーリンク

かわいい小型セラミックファンヒーター♪mottole「MTL-E003」

ここのところの大阪は、まだ2月にもかかわらず週末に20℃を超えることもあります。地球温暖化の影響なのかと思ったら、週の真ん中あたりは日中でも10℃を下回ったりするんですよ。寒がりな私としては温暖化でも何でも良いから早く暖かくなって欲しいと思ってしまう今日この頃です。

特に寒いと感じるのが朝の洗面所。私はササッと用事を済ませるのですが、年頃の娘は寒い中でかなり時間を掛けて身なりを整えています。

妻は見かねて、小型のセラミックファンヒーターを買って欲しいと言いました。愛娘のためですから、私も二つ返事で購入することにしましたけど、小型のセラミックファンヒーターって何だか腑抜けたデザインのものが多いじゃないですか。

もうちょっとオシャレなのがいいなーってことで行き着いたのが、mottole(モットル)の人感センサーヒーターでした。

※価格および仕様は2021/02/22現在

 

mottole・人感センサーヒーターMTL-E003

mottole・人感センサー付きセラミックファンヒーターMTL-E003

モットルは大阪市西区にあるライフオンプロダクツというメーカーの雑貨ブランドです。もともと阪和という社名でしたが、今月5日に社名が変わったところです。

今回購入した「人感センサー付きセラミックファンヒーターMTL-E003」はいわゆるデザイン家電って感じでオシャレです。しかしながら、価格は税込5,500円と別に割高ではありません。

最大1200W、センサー付き

機能的にも決して劣りません。最大1200Wで、人感センサー付き。ダイヤル1つで出力を3段階に調節できるだけでなく、連続運転も可能となっています。

センサーモードではその場から離れると2分後に自動停止。また、連続運転の場合も6時間で停止します(消し忘れ防止機能)。

転倒時自動停止

転倒時自動停止機能付き

転倒時は自動停止するよう、底面にスイッチが付いています。約1.5kgと軽いうえに、床に置いていると気付かなくて蹴っ飛ばしてしまうこともあるかと思いますが、これなら安心です。

活性炭フィルター付き

活性炭フィルター付き

こういった小型のセラミックファンヒーターの中にはフィルターの手入れができないものもあるのですが、こちらはお手入れが簡単です。背面カバーを外して活性炭フィルターに付いたホコリを掃除機で吸ってやればOKです。

また、活性炭によってカビなどの臭気成分やトリハロメタンなどの有機物を除去する効果が期待できます。

軽くて持ち運びも楽々

軽くて持ち運びも楽々

こちらのセラミックファンヒーターは大型のハンドルが付いているだけでなく、約1.5kgと軽いので持ち運びも楽です。屈まなくてもサッと手を掛けられるハンドルの形状が良いですね。

約3~5秒で温風が出る!

約3~5秒で温風が出る

モットルのセラミックファンヒーターは”「秒」で温風”と謳っています。でも正直、そんなにすぐに温まるはずがないと思っていました。

ところが予想に反して、本当にすぐに温風が出ました。センサーの感度も良すぎるくらいで、電源が入るとわずか3~5秒ほどで温風が出るのです。

1mちょっと離れると少し物足りない

1mちょっと離れるとあまり温風を感じられない

最初はこんな風に、洗面化粧台の前に立ったときに背中側から温風が当たるように設置してみました。都合、1mちょっと離れるかたちになるのですが、これでは強(1200W)にしてもちょっと暖かさが物足りなく感じられます。

おまけに、洗濯機横から電源コードを引っ張って来ないといけないので、電源コードが洗面脱衣所を横切ることになり、ちょっと邪魔になる感じです。

真横に置くと良い感じ

真横に置くと良い感じに

そこで、洗面化粧台の前に立ったときに真横になる位置に置いてみました。

この位置だと温風が足元にダイレクトに当たって良い感じ。おまけに、電源ケーブルも邪魔になりません。

スマートプラグでタイマー設定

スマートプラグでタイマー設定

私はデザインだけでモットルのセラミックファンヒーターを選んだわけではありません。フィルターや機能面も魅力でしたが、それ以上に重視したのは操作がダイヤル式だということです。

ダイヤル式ならスマートプラグを併用することでタイマーを設定することができます。逆に、マイコン式だとスマートプラグでタイマーを設定しても、ボタンを押さなければ電源がオンになりません。

スマートプラグなら細かなスケジュール設定が可能

スマートプラグを使うとスケジュールを詳細に設定可能

モットルのセラミックファンヒーターを購入する前は、センサーがうまく反応しなかったり、あらかじめ温めておかないと暖かさを感じられないのではないかと危惧していました。

また、それらの点で問題がなくても、洗面脱衣所に出入りするたびにヒーターが反応してしまっては電気代が負担になります。なので、朝晩以外はオフになるようにしておきたかったのです。

スマートプラグを使えば、電源がオンになる時刻、オフになる時刻を、曜日ごとに細かく設定できます。結局、夜はそんなに寒くないし、服を脱ぐ一瞬のことなので、朝だけ使う設定にしましたが、そういう切り替えもスマートプラグなら容易です。

電気代は5分間で約2.8円

ちなみに、こちらのセラミックファンヒーターは強(1200W)の設定で、5分間で約2.8円の電気代が掛かります(1kWhの単価が28円の場合)。家族4人で30日間使って約336円という計算です。まあこれくらいなら良いかなーと思うとともに、夜まで使うと2倍、3倍に跳ね上がってしまうので、それはちょっとキツイと考えた次第です。

 

というわけで、モットルのセラミックファンヒーターを購入した感想は、大満足の一言に尽きます。デザインがオシャレなのに決して割高感がなく、機能的にも申し分ありません。敢えてアナログなダイヤル式を採用してくれたおかげで、スマートプラグでタイマーを細かく設定することもできます。

もしこれで期待した効果が得られなかったらホットキッチンマットを敷こうかなーと考えていたんですけど、今のところはその必要はなさそうです。マットを敷くと掃除が面倒になりそうですからね。

ともあれ、これで娘も寒いのを我慢しながら身支度をする必要がなくなりました。8:05に電源がオフになるようにタイマーを設定しているので遅刻の心配はないと思いますが、ますます身支度の時間が長くなるかもしれません(苦笑)

関連記事

自宅の吹き抜けを利用してワイヤーLEDでクリスマスツリーを作ってみた
自宅の吹き抜けを利用してワイヤーLEDイルミネーションで高さ3mのクリスマスツリーを作ってみました。材料代はたった2千円ほどでOK。しかも収納スペースもコンパクトで済みます。ただし、細い針金でできたイルミネーションは絡まりやすいのが難点です。
やっぱりコロナよりダイニチ!石油ファンヒーター「FW-72DX4-W」
ダイニチの石油ファンヒーター「FW-72DX4-W」を購入しました。家電量販店モデルの「FW-7220SDX-W」に比べて液晶画面が大きく、価格も1万円ほど安いです。コロナの「FH-VX7320BY」と比較すると燃焼時の消費電力は大きいですが、点火に必要な時間が1/3以下で済むのは大きなメリットです。
とにかくカワイイ炊飯器!レコルト「コンパクトライスクッカーRCR-1」
recolte(レコルト)の「コンパクトライスクッカーRCR-1」を購入しました。電気ケトルに近いサイズ感で軽くて2台目として最適です。釜のカラーリングやタッチパネルのディスプレイもオシャレ。これで電源コードが巻き取り式だったら言うことナシです。
ルンバ等と比較してエコバックス「DEEBOT OZMO T8」を選んだ理由
ECOVACS(エコバックス)の「DEEBOT OZMO T8」を購入するにあたって比較したロボット掃除機は、アイロボットのルンバi7、パナソニックのルーロMC-RSF1000、アンカーのユーフィ・ロボバックL70、ロボロックのS5 Maxの主に4台でした。ルンバとルーロは価格が高い割りに機能的にもあまり魅力がなく。結果的にエコバックスのほうがアンカーとロボロックより賢かったと思います。

コメント