ニトリのメタルラック人気ベスト3をルミナスラック等と比較してみた

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

ニトリではいわゆるメタルラックをいくつか扱っています。「ニトリのことだからコスパが良いに違いない」と思いつつ、他社製品に比べるとオプションパーツが少ないと感じたり、ひょっとしたら安かろう悪かろうなのかもしれないと不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

幸か不幸か、その不安は的を得ています。現在もっともシェアを握っているドウシシャのルミナスラックと比べると、ニトリのメタルラックは多少安くはあるものの、オプションパーツが少なく、耐荷重が小さいうえに、クリアコーティング(防錆加工)も施されていません(ただしシリーズによって異なる)。

今回はもう少し具体的にご理解いただけるように、ニトリのメタルラックで人気の3シリーズをドウシシャやアイリスオーヤマの製品と比較してみたいと思います。

メタルラックはアイリスオーヤマの商標です。一般的名詞としてはスチールワイヤーシェルフを呼ぶのが正しいですが、世間ではメタルラックと呼んだほうが伝わりやすいため、そのように記載しております。

※この記事は2021年5月14日時点の情報に基づいています(2023年7月26日一部更新)

 

ニトリ・スチールラックCUSTOM

サイズバリエーション&税込価格
幅600×奥行400幅850×奥行400幅1150×奥行400
2段(高さ950)4,990円5,490円6,490円
3段(高さ1378)5,490円5,990円6,990円
4段(高さ1814)5,990円6,990円7,990円

※サイズの単位は原則としてmm(以下同)

スペック
ポール径約22mm
カラーバリエーションクロム、ブラック、ホワイト
全体耐荷重約100kg
棚板1枚あたり耐荷重約40kg
キャスター別売

ドウシシャ・[25]ユニットメタルワイヤーラックと比較

サイズバリエーション&税込価格
幅915×奥行460幅1215×奥行460
4段(高さ1555)6,480円10,800円
5段(高さ1785)6,980円9,980円

※高さはキャスター装着時 ※価格はルミナスクラブショップ楽天市場店の場合

スペック
ポール径25mm
カラーバリエーションクロム
全体耐荷重幅915mm:最大260kg
幅1215mm:最大325kg
棚板1枚あたり耐荷重65kg
キャスター付属

※全体耐荷重はアジャスター脚装着時

ドウシシャ・ルミナス スリムMHと比較

サイズバリエーション&税込価格
幅610
×奥行460
幅760
×奥行460
幅915
×奥行460
幅1215
×奥行460
幅1520
×奥行460
4段(高さ1565)8,980円9,980円12,800円13,800円22,800円
5段(高さ1795)9,980円10,800円11,800円12,800円29,800円

※高さはキャスター装着時 ※価格はルミナスクラブショップの場合

スペック
ポール径25mm
カラーバリエーションクロム
全体耐荷重500kg
棚板1枚あたり耐荷重135kg
キャスター付属

※全体耐荷重はアジャスター脚装着時

「スチールラックCUSTOM」シリーズはニトリのメタルラックでもっともポール径が太く、耐荷重が大きなラックです。これとドウシシャ製品を比較するとしたら、ルミナス互換品で価格重視の「ユニットメタルワイヤーラック」シリーズか「ルミナス スリムMH」シリーズでしょう。

ユニットメタルワイヤーラックシリーズのポール径25mmタイプはサイズバリエーションが少ないです。しかしながら、ニトリのCUSTOMの同程度のサイズと比較すると価格は同程度ながら、耐荷重が大きく、しかもキャスター付きで、防錆加工まで施されています。また、ルミナス互換品のためオプションパーツも豊富です。

このように、スペックと価格で比較すると、ぶっちゃけニトリを選ぶ理由はないと感じます。しかしながら、スチールラックCUSTOMはクローム色のほか、ホワイト色やブラック色も選べます。そこが唯一のメリットでしょう。

ルミナス スリムMHはルミナスレギュラーよりも廉価なシリーズです。それでもさすがにニトリと比較すると高価ですが、こちらもやはり耐荷重が大きく、しかもキャスター付きで、防錆加工も施されています。オプションパーツが豊富なので、将来の拡張の際も安心です。

ニトリとドウシシャで段数の数え方が違うのでご注意ください。ニトリは棚間の空間の数、ドウシシャは棚板の枚数です。

ニトリ・スチールラックCUSTOM

ニトリ・スチールラックSTANDARD

サイズバリエーション&税込価格
幅645×奥行295幅845×奥行295
2段(高さ800)2,990円3,490円
3段(高さ1155)3,990円4,990円
4段(高さ1512)5,490円5,990円
スペック
ポール径約19mm
カラーバリエーションクロム、ダークグレー、ホワイト
全体耐荷重約100kg
棚板1枚あたり耐荷重約30kg
キャスター別売

ドウシシャ・[19]ユニットメタルワイヤーラックと比較

サイズバリエーション&税込価格
幅595×奥行345幅745×奥行345
3段(高さ940)5,480円
4段(高さ1245)5,980円6,480円
5段(高さ1550)6,480円6,980円

※高さはキャスター装着時 ※価格はルミナスクラブショップの場合

スペック
ポール径19mm
カラーバリエーションクロム
全体耐荷重3段:最大240kg
4段:最大320kg
5段:最大400kg
棚板1枚あたり耐荷重80kg
キャスター付属

※全体耐荷重はアジャスター脚装着時

アイリスオーヤマ・カラーメタルラックと比較

サイズバリエーション&税込価格
幅445×奥行325幅550×奥行350幅750×奥行350
3段(高さ720)3,980円
3段(高さ800)3,780円
4段(高さ1022)4,980円
4段(高さ1230)4,640円5,430円
4段(高さ1430)5,580円
5段(高さ1600)6,280円
5段(高さ1800)8,270円
スペック
ポール径19mm
カラーバリエーションマットホワイト、マットブラック、ブラウン、ピンク※1
全体耐荷重幅445mm:3段=約45kg 4段=約60kg※2
幅550・750mm:約100kg
棚板1枚あたり耐荷重幅445mm:約15kg
幅550・750mm:約50kg
キャスター幅445mm:付属
幅550・750mm:別売

※1…仕様変更に伴い一部サイズはカラバリが異なります ※2…幅445mmタイプの全体耐荷重はキャスター静止時 ※価格はアイリスプラザの場合

「スチールラックSTANDARD」はニトリでは文字通りメタルラックのスタンダードモデルと考えられているのでしょう。ポール径は19mmでもホームユースなら十分じゃないか。それよりも色が選べたほうが良いよね、というわけです。奥行もCUSTOMの400mmに比べて295mmと浅く、高さも成人の背丈よりも低いくらいとなっています。

ニトリのSTANDARDと比較するとしたら、ルミナス互換品で価格重視の「ユニットメタルワイヤーラック」シリーズのポール径19mmタイプでしょう。しかし、こちらはカラーバリエーションがありません。ルミナスラックにもカラバリが豊富なものもありますが、サイズバリエーションが少ないので、今回はアイリスオーヤマの「カラーメタルラック」シリーズと比較したいと思います。

ユニットメタルワイヤーラックはニトリのSTANDARDと比較するとちょっと価格が高いかなという印象です。しかしながら、ニトリのSTANDARDよりも耐荷重が大きく、しかもキャスター付きで、防錆加工まで施されています。また、ルミナス互換品のためオプションパーツも豊富です。

色を選びたいという場合はアイリスオーヤマのカラーメタルラック。こちらの価格もニトリのSTANDARDよりもちょっと高いかなという感じです。耐荷重なども似たようなものですが、ルミナスラックほどではないもののカラーメタルラックもオプションパーツが複数用意されているというのもメリットです(主にホワイトとブラックとブラウン)。

アイリスオーヤマの段数の数え方はドウシシャと同様です。ニトリは棚間の空間の数、ドウシシャおよびアイリスオーヤマは棚板の枚数であることにご注意ください。

ニトリ・スチールラックSTANDARD

ドウシシャ・[19]ユニットメタルワイヤーラック

アイリスオーヤマ・カラーメタルラック

ニトリ・スチールラックLT

サイズバリエーション&税込価格
幅445×奥行295
2段(高さ670)2,490円
3段(高さ980)2,990円
スペック
ポール径15mm
カラーバリエーションホワイト、ダークグレー
全体耐荷重約80kg
棚板1枚あたり耐荷重約20kg
キャスター別売

ドウシシャ・ルミナス カラーラックと比較

サイズバリエーション&税込価格
幅455×奥行295
3段(高さ760)3,980円
4段(高さ1040)4,980円

※高さはキャスター装着時 ※価格はルミナスクラブショップの場合

スペック
ポール径19mm
カラーバリエーションホワイト、ベージュ、グレー、ブラック、ブラウン
全体耐荷重3段:90kg
4段:120kg
棚板1枚あたり耐荷重30kg
キャスター付属

※全体耐荷重はアジャスター脚装着時

ニトリの「スチールラックLT」はメタルラックとしてはかなり棚板が薄くて変形しやすいです。個人的にはこれは買わないほうが良いと思うのですが、価格が安いことから割りとよく売れているようです。木製のカラーボックスと同程度の価格でスチールラックが買えると考えれば、これはこれでアリなのでしょうか。

スチールラックLTに比べると、「ルミナス カラーラック」は6割程度も高価です。ただし、キャスター付きで耐荷重も大きく、ルミナスのポール径19mmパーツが使えると考えれば、単純に割高とは言えません。豊富なカラーバリエーション(全5色)から選ぶこともできます。

なお、アイリスオーヤマの同サイズの「カラーメタルラック」は先ほども登場したので今回は省略しています。

ニトリ・スチールラックLT

ドウシシャ・ルミナス カラーラック
アイリスオーヤマ・カラーメタルラック

 

ニトリ、ドウシシャ、アイリスオーヤマでは、それぞれサイズや仕様が微妙に違ったりして、単純に比較できないところがあります。また、いずれもバリエーションが多すぎて比較しているうちにワケが分からなくなってくることも多いでしょう。

ただ、個人的にはコスパを重視するならドウシシャのルミナスラックもしくはルミナス互換品を選ぶのがもっとも無難だと思います。湿気の影響がない場所で使う場合も、防錆加工が施されていないラックは数年で表面が荒れてくるからです。そもそも、ニトリのメタルラックはコロコロと仕様が変わってしまっていけません。

ただし、この価格帯はニトリでもドウシシャでもアイリスオーヤマでも、開梱したら棚板が変形していたということが割りとよくあります。また、組立や分解の際にゴムハンマーで棚板を叩いたらワイヤーが歪むということも珍しくありません。そこはおねだん相当と割り切って、心配ならより上位のシリーズを選ぶことをオススメします。

関連記事

今さら聞けない?いわゆる「メタルラック」(スチールワイヤーシェルフ)の基礎知識
今さら聞けない?いわゆる「メタルラック」(スチールワイヤーシェルフ)の基礎知識。メタルラックはアイリスオーヤマの商標で、ほかにドウシシャのルミナスラックとエレクターのホームエレクターが御三家。基本的には互換性はありません。
ニトリのメタルラックのパイプ径が22mmになって互換性がなくなった件
ニトリのメタルラックのパイプ径が22mmになったことで従来品とまったく互換性がなくなりました。耐荷重など性能面で大きな問題はないものの、こうも頻繁に仕様を変えられてはユーザーにデメリットが多いです。ポールだけを買えなくなったのも困ったものです。
ニトリのスチール製オープンラックを比較!「HD」「MD」「LT」「ステイン」等
ニトリのスチール製オープンラック「HD」「MD」「LT」「ステイン」などを比較しました。ぶっちゃけ、ルミナス互換ラックのほうが頑丈でコスパが良いです。ただ、ステインなどはインテリア性で支持を得られるかもしれません。
3段カラーボックスよりコスパ良い?ニトリの「スチールラックLT」は地雷商品だった!
ニトリの「スチールラックLT」は3段カラーボックスとメタルラックの良いとこ取りに見えますが実は地雷商品。棚板に強度がないため簡単に変形してしまうのです。これならドウシシャやアイリスオーヤマのポール径19mmシリーズを買ったほうが良いと思います。

コメント