『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

無印良品・スチールユニットシェルフとドウシシャ・ルミナスαを足して2で割ったような!?連結可能木天板ラック【Liberte】リベルテ

ここのところ、無印良品のスチールユニットシェルフについては立て続けに記事を書いておりましたので、改めて紹介するまでもないですが、ドウシシャのルミナスα(アルファ)についてはご存じない方が多いと思います。

ドウシシャのルミナスラックのシリーズ商品として、以前はルミナスαという素晴らしい商品がありました。もともとはルミナスプラスというシリーズで、一部変更があってルミナスS40となり、ルミナスαとなったのですが、残念ながら数年前に廃番となったものです。いわゆるメタルラックと同じような構造ながら、円柱系のポールではなくH型ポールで、美しく左右連結できるということが大きな特徴でした。

収納マン的には当時かなりプッシュしてたんですけど・・・ルミナスラックに比べて商品価格がちょっと高かったことや、取扱店舗数があまり増えなかったことで本格的な普及には至りませんでした。時代がまだ追いついてなかったんでしょうかね。

 

まあそれはそれとして、「よもやルミナスαの再来か!?」と思う商品を発見しました!パッと見た目は無印良品のスチールユニットシェルフに近くて、でも構造はルミナスαに近いんです。

商品名は、Liberte(リベルテ)

価格は無印良品のスチールユニットシェルフの半値以下とお手頃です。棚板一枚当たりの耐荷重は約25kgと、無印良品の同約30kgに比べると少し軟弱ですが、まあ全然問題ないかと思います。

あとはまあ、オプションパーツの豊富さや見た目の点では無印良品には劣りますが、背面クロスバーがなく組み立てが簡単で、しかも安いわけですから、これはこれでなかなか魅力的な商品なのかなぁと思います。

ここのところ、あまり面白いラックが登場しなかったので、これはちょっと今後に注目してみたいですね。

関連記事

無印良品の新「スチールユニットシェルフ」をステンレス&パイン材と比較してみた
無印良品の「スチールユニットシェルフ」がリニューアルされたのを受けて、改めてステンレスとパイン材と併せて比較してみました。スチールのセット品が値下げされたことでパイン材のセットよりも安くなりました。また、オプションパーツの多さでは現状はステンレスのほうが優位と言えます。
スズメッキだよ!ルミナスラック「プレミアムライン」を実際に試してみた
ドウシシャのルミナスラック「プレミアムライン」を実際に試してみました。質感は従来品はもちろん、ホームエレクターをも上回ります。特にソリッドシェルフは圧巻です。ただ、遠目に見ると違いが分かりません(苦笑)
カインズより拡張性が高い!ベルメゾン「頑丈棚板のスチールラック」
ベルメゾン「頑丈棚板のスチールラック」はカインズの「連結できるスチールラック」に似た組立方で、分割して使うこともできます。また、ハンガーラックとデスク天板を組み合わせて使うこともできます。
山善「キャスター付きスチールラックCPR-50432C」組み立ててみた
山善の「キャスター付きスチールラックCPR-50432C」を買って組み立ててみました。正式には「パンチングラック2段」という商品名のようですが、表記の耐荷重以上にシッカリしている印象で、マットなホワイトで質感も良いです。

コメント