スポンサーリンク

白い壁掛け時計が欲しくて、セイコーの「KX308W」を買いました

セイコーKX403B @我が家のリビングダイニング

こちらは我が家のLDK。引越して1年になりますが、インテリア的には未完です。

右側に壁掛け時計があります。これは前の住まいから持ってきたものです。当時はナチュラル系でコーディネートしていたので、今のLDKにはちょっと合っていません。

そこで、ホワイト系かウォールナット系で壁掛け時計を探し始めました。しかし、ウォールナット系だとちょっと違う感じなのでホワイト系に絞ったものの、どうにも決めきれないまま1年以上が経過してしまいました。

でも、ようやく決断しました。

 

セイコー・KX308W

セイコー・掛け時計 セイコー電波時計 パワーデザインKX308W

こちらがこのたび購入しましたセイコーの壁掛け時計「KX308W」です。どこにでもありそうな、と言うよりもむしろ学校の教室や、工場や事務所に掛かってそうな、シンプルすぎるデザインです。

でもこれが、他にないんですよ。

KX403Bと並べてみた

セイコーKX308WとKX403Bの比較

実はこれまで使っていた壁掛け時計(上写真右、KX403B)もセイコーのものです。別に時計はセイコーと決めているわけではなくて、偶然です。

これまで使っていたKX403Bは8年ほど前に3千円ほどで購入しました。

一方のKX308Wはと言うと…

なんと、税込44,000円。だから躊躇していたんです(苦笑)

ディテールにトコトンこだわったデザイン

セイコー・掛け時計 セイコー電波時計 パワーデザインKX308W

KX308Wはプロダクトデザイナーの深沢直人氏を迎えた「パワーデザインプロジェクト」で開発された商品で、目盛の角のR(丸み)にトコトンこだわったり、秒針にマグネシウムを使っていたり、枠がアルミ製だったり、ディテールに吟味を重ねて「スタンダード」を目指した時計です。

ぶっちゃけ、それで価格が4万円を超える理由はサッパリ分かりません。しかし、その結果、理屈抜きで「素敵!」と思えるデザインに仕上がっているわけですから、もうコスパなんて考えないことにしました。量産品の壁掛け時計にしては高価ですけど、ロレックスに比べたら安いものです(笑)

ホワイトなのにグレーに見える

セイコーKX308Wはホワイトなのにグレーに見える

ただちょっと想定外だったのは、枠がホワイトのはずなのにグレーに見えるときがあることです。これはアルミにマット塗装を施しているため、塩ビの壁紙よりも光を反射しないからだと思います。

最初はちょっと抵抗がありましたが、慣れるとむしろ存在感があって良いと思えるようになりました。

LDKの扉を開けるたびに惚れ惚れする

セイコーKX308W @我が家のリビングダイニング

こうして私が夢にまで見た白い時計が壁に掛かりました。LDKの入り口の正面なので、ドアを開けるたびに惚れ惚れします。

しかも、日差しや照明が変わると、お月様のように表情が違って見えるのです。あるときは白く、あるときはモノクロ写真のように、またあるときは妙に大きく見えることもあります。

ただの壁掛け時計だと思ったら高価ですけど、下手な絵画を買うことを考えればむしろ安上がりかもしれません。

 

Lemnos・HOLA(ホーラ)

Lemnos(レムノス)掛け時計「HOLA(ホーラ)」

ちなみに、私のオフィスもホワイトインテリアに合わせてLemnos(レムノス)の「 HOLA(ホーラ)」をチョイスしました。

「え?これ時計なの?」ってデザインでしょ(笑)短針は円い凹みの部分で円盤全体が回るようになっており、上写真の状態は12時8分を指し示しています。

ただでさえ見にくい時計なのに、緩やかなドーム状のガラス製カバーに照明などが反射してすごく見えづらいです(苦笑)実用性はかなり低いと言えましょう。

換気扇のように見えるデザインがナイス

Lemnos(レムノス)掛け時計「HOLA(ホーラ)」は換気扇のように見えるデザインがナイス

なぜこんな奇妙な掛け時計を選んだかと言うと、キッチンのところに付けることが決まっていたので、換気扇のように見えるのがシュールで良いんじゃないかと思ったからです。

それにしてもまあ、見にくい…(苦笑)今となっては、ただのオブジェと化しています。

そのほか候補に挙がったホワイトの掛け時計

無印良品・駅の時計 MJ-WCJS1

無印良品・駅の時計MJ-WCJS1

出典:無印良品

そのほか、候補に挙がったホワイトの掛け時計を備忘録的にまとめてみたいと思います。割りと有力だったのは、無印良品の「駅の時計 MJ-WCJS1」。妻もこれで良いじゃないと言ってくれたのですが、ウチのリビングにはちょっとカジュアルに思われました。

リズム時計・A Series A4 トケイ 8MG815SR03

リズム時計の「A Series A4 トケイ 8MG815SR03」も良かったのですが、最終的には我が家の場合は長方形よりも丸のほうが合うかなと思った次第です。

カシオ・電波掛置兼用クロック IQ-810J-7JF

デザインのシンプルさと強さという点ではカシオの「電波掛置兼用クロック IQ-810J-7JF」も良かったです。税込3,000円前後という価格も魅力でした。

BRAUN・掛け時計 BC06W

BRAUN(ブラウン)の「掛け時計 BC06W」はスマートな雰囲気がgood。好きなブランドだったらこれでも良かったのかもしれません。

LEMNOS・ラインの時計 YK21-11WH

LEMNOS(レムノス)は「ラインの時計 YK21-11WH」をはじめ、たくさん候補に挙がったのですが、どれもこれもちょっとカジュアルで、あと一歩及ばずという感じでした。

KATOMOKU・muku clock 7 SKP

KATOMOKU(加藤木工)の「muku clock 7 SKP km-60WHRCS」もかなりイメージに近い感じでした。ただ、アッシュの木目を残した塗装が、ちょっと私の理想とは違っただけです。

 

以上の白い壁掛け時計は候補に挙がった内のごく一部です。この1年ほどは数えきれないほどたくさんの白い時計を見てきました。

それでも、セイコーのKX308Wに肩を並べられるような時計はありませんでした。こんな、どこにでもありそうなデザインなのに、本当に不思議です。

今回の時計選びは、デザインの奥深さを改めて知る良い機会だったように思います。

関連記事

リアルな木目調でオシャレな電源タップ!しかも回転式でACアダプタに最適
Fargo(ファーゴ)の木目調電源タップ「TAPKING AC6個口 ベージュウッド(PT606BEWD」)」は家具メーカーにいた私が見ても本物の木と錯覚するほど質感が良いです。また、ただのオシャレ系ではなく、安全性も使い勝手も良くできています。コンセントが回転式で複数のACアダプタも挿しやすいです。
カインズ「折りたたみ式ワークデスク」がコンソールテーブル代わりに良き
カインズの新商品「D10 折りたたみ式ワークデスク 80×40 ナチュラル」をコンソールテーブルの代わりにして玄関に雛人形を飾りました。税込3,980円と安いですが、質感はおねだん以上だと思います。折り畳めば厚み70mmとなり省スペースで収納できるのもメリットです。
新築時にダウンライトなどの照明器具の配置や光色の選び方で気を付けたこと
私が新築時にダウンライトなどの照明器具の配置や光色の選び方で気を付けたことを紹介します。ダウンライトは線or面で配置しなければなりません。また、空間ではなく壁を照らすと雰囲気が良くなります。天井照明だけに頼らず、コストを抑えるためにもダウンライトは必要最小限にしました。
壁に付けられる家具のミラーより秀逸!「かがみのカタチ・クリスタル角」
ミラリスby松村鏡店のウォールミラー「かがみのカタチ・クリスタル角」を購入しました。無印良品の「壁に付けられる家具・ミラー・中」のように石膏ボード壁に掛けられることが特徴のひとつですが、こちらのほうがガッチリ取り付けできます。また、国産で品質が良いと思います。

コメント