スポンサーリンク

吸湿発熱わた使用であたたかい!マイクロファイバーのボックスシーツ

わたくし収納マンはとても寒がりです。昨年はニトリでNウォームの敷パッドとボックスシーツが一体になったものが販売されていて、今年の冬はそれを買おうと思っていました。しかし、今年は発売されませんでした。おそらく、ニトリにしては価格が高くてあまり売れなかったからでしょう。

それならボックスシーツの上に敷きパッドを敷けば良いじゃないかと思われるかもしれません。でも妻が「敷きパッドはすぐズレるからイヤ」と言うんです。確かに、敷パッドは使えば使うほど四隅のゴムが伸びてきてズレやすくなります。

そこで、ニトリ以外で探すことにしました。

 

STWIENER・マイクロファイバーボックスシーツ

STWIENER・マイクロファイバーボックスシーツ

いくつか検討した中で最終的に私が選んだのは、STWIENERというブランドの「マイクロファイバーボックスシーツ」です。amazon以外では販売されておらず、まったく得体の知れないブランドで、パッケージを見ても詳しいことは何も書かれていません。

なんでこんな怪しいものを買ったかと言うと、これがもっとも私のニーズにマッチしていたからです。吸湿発熱わたを使用しており、厚さ30cmまでのシングルサイズのマットレス対応で、濃いグレー系。価格も購入時2,278円(税込)とお手頃でした。

でも、実際に手元に届いてみると、パッケージは意外とコンパクトでした。60サイズのダンボール箱くらいの大きさで、本当に暖かいのかと不安に感じるほどでした。

厚みも思ったより薄い感じ?

厚みも思ったより薄い感じ?

厚みもマイクロファイバーの毛布に比べると薄くて、「本当に暖かいんだろうか?」とますます不安になりました。肌触りは気持ち良いのですが、毛足も割りと短いです。

マットレスにセットしてみた

STWIENER・マイクロファイバーボックスシーツをマットレスにセットしてみた

ともあれ、不安に感じてばかりいても仕方ありません。マットレスに被せてみました。

生地が割りと薄いのでベルベットみたいな感じです。ちなみに、隣のマットレスにセットしているのはニトリの「Nパイル2GY」。パイル生地ですが、寒い日は意外とヒヤッとして、なかなか温まらないのです。マルチすっぽりシーツなのでよく伸びて被せやすいんですけどね。

今回購入したボックスシーツもそこそこ伸びるので、被せにくいということはありませんでした。

厚み28cmのマットレスでも厳しい

厚み30cmのマットレスには厳しい

ただ、マチがちょっと短かったです。こちらのボックスシーツは厚み30cmまでのマットレスに対応ということで購入したんですけど、28cmのマットレスでもギリギリで生地が底まで回り込みませんでした。これはちょっと不細工ですね。

吸湿発熱わた使用であたたかい!

STWIENER・マイクロファイバーボックスシーツ

それでも、あたたかさは期待通りでした。布団に入ったときに冷たさを感じないだけでなく、吸湿発熱わたを使用しているからか、明け方には暑くて目が覚めるほどです。

洗濯OK!毛くずなどもナシ

STWIENER・マイクロファイバーボックスシーツ

もちろん洗濯もOKです。普通に洗濯機で洗ってベランダで干しましたが、毛くずが出たり、伸びたり縮んだりすることもありません。

 

というわけで、私としては今回購入したボックスシーツにはとても満足しています。最初は薄いと感じたものの、期待以上にあたたかくて、これ以上あたたかかったら逆に暑くてかなわんというレベルです。

また、薄くてコンパクトに収納できるというのもメリットです。以前に毛布のような厚手のシーツを使っていたときは、かさ張って収納しにくかったですから、これくらい薄いと助かります。

強いて不満を挙げると、あと5cmほどマチが長かったらなーと思うところです。逆に言うと、厚み25cmまでのマットレスならちょうど良いと思います。

なお、こちらのボックスシーツは今回購入したグレー色のほか、ネイビー、ブラウン、ベージュの3色があります。また、サイズはシングルのほかに、セミダブル、ダブルもあります。

関連記事

ロイヤルゴールドラベルの羽毛布団もピンキリ!?かたや臭くて死にかけた
タンスのゲン系列店のイーズスペースで「日本製ロイヤルゴールドラベル1.2kg羽毛布団(シングル)」を購入しました。暖かそうではありますが、めちゃぐちゃ血生臭いです。死にそうだし、3週間経っても改善されず、妻がものすごく不機嫌になりました。やっぱり河田フェザーのものにすれば良かったと後悔しましたが幸い返品を受け付けてくれました。
突板ベッドフレーム対決!ニトリ「ロデリックS」vsマナベ「エールデ2」
ベッドフレームはニトリの「ロデリックS」とマナベインテリアハーツの「エールデ2」を購入しました。ロデリックSはオーク突板、エールデ2はウォールナット突板です。購入にあたっては、センベラの「クルト2」や「モデスト」、グランツの「ウォルテ・Lキャビネット」なども比較検討しました。
タンスのゲン「低反発+高反発ウレタン」二枚重ねでトッパーマットレスに
タンスのゲンの「8cm厚低反発」と「20cm厚高反発」の2種類のウレタンマットレスを二枚重ねにしてトッパー仕様マットレスのように使ってみました。寝心地さえ気に入れば、移動は楽だし、カバーは洗えるし、処分も楽だし、価格も安いのでオススメです。
トッパー仕様のマットレスって意味ない?コスパと高齢化を考えれば大いに意義あり
マットレストッパーは寝心地を改善するうえで有効とされる一方で、トッパー仕様のマットレスは意味がないという販売員が多いように思います。しかし、トッパーだけ取り換えることができればコスパが良いと思いますし、高齢化を前提に考えると2枚に分けて向きを変えたり陰干しできるというメリットがあるのではないでしょうか。

コメント