スポンサーリンク

油に入れるだけで揚げ物がサクサクに!コジット「サクッとあげものちゃん」

我が家では揚げ物は2~3ヶ月に1度くらいしかしません。なぜなら準備も後片付けも面倒臭いから。手間暇を考えるとスーパーで買ってきた方がコスパが良いから。ほか、サラダ油がすぐに汚くなるからというのも理由のひとつです。

そう思っているところに、揚げ物をする際の油が長持ちするという便利グッズが発売されたという情報をキャッチしまして、騙されたつもりで試してみることにしました。

※価格および仕様はすべて2022/02/28現在

 

コジット・サクッとあげものちゃん

コジット・サクッとあげものちゃん JAN: 4969133287862

このたび購入したのはコジットの「サクッとあげものちゃん」という商品。発売直後で品薄なのか、発注からお届けまで10日間ほど掛かりました。

魚の形をしたセラミックス

コジット・サクッとあげものちゃんは魚の形をしたセラミックス

箱の中には魚の形をしたセラミックスの板が1枚。説明によると、”遠赤外線パウダーが入ったセラミックスで油の粒子が細かくなり、サクッと揚がる!”というのが効果のひとつ。ただし、事前に私が調べた限りでは、遠赤外線パウダーやセラミックスで油の粒子が細かくなるというエビデンスはweb上では見つけられませんでした。

もうひとつの効果は、”ナノプラチナの抗酸化効果で、油の酸化を抑える”というもの。これについては、ナノプラチナ粒子に抗酸化作用があると言われていること自体は確かなようです。

油の中に入れるだけでOK

コジット・サクッとあげものちゃんは油の中に入れるだけでOK

論より証拠、まずは使ってみましょう。

使い方は簡単。食器洗い洗剤で洗ってから十分に乾燥させたあげものちゃんを油の中に沈めればOKです。なお、今回は新しいサラダ油を使っています。

どんどん油が汚れていくが…

コジット・サクッとあげものちゃんを使ってトンカツを揚げる

今回はトンカツを揚げます。

最初の2枚を揚げている時点で既にこの状態。あげものちゃんの出来が悪いのか、私の揚げ方が下手なのか、油はどんどん汚れていきます。

いつもよりキレイに揚がった気がする

コジット・サクッとあげものちゃんを使って揚げたトンカツ

一方で、トンカツ自体はいつもより少しキレイに揚がったような気がします。妻もそう言ってくれました。はた目から見れば不細工だと思いますが。

また、トンカツを箸で持った瞬間に、サクッと仕上がっていると実感できました。これはやはりいつもと違う感じです。

ちなみに、上の楕円形の物体がトンカツ。下の扇形の物体は、パン粉とバッター液の余りに豆乳と砂糖を加えて揚げたものです。ドーナツみたいな感じで、我が家では結構好評です。

歯ごたえサクーーーッ!

コジット・サクッとあげものちゃんを使って揚げたトンカツ

では、いただいてみましょう。トンカツを口の中に入れてみると、サクッ!明らかにいつもと違うではありませんか!

従来も決してベチャッとしていたつもりはないのですが、今回のに比べたらまさに月とスッポンです。妻も娘も驚いていました。ただし、息子はよく分からないということです。

ちなみに、トンカツ以上にサクッと感が実感できたのは、先ほどのドーナツ的なもののほう。歯触りがとてもサクサクしていて、いつも以上に美味でした。

揚げカスまでサクサク

コジット・サクッとあげものちゃんを使うと揚げカスまでサクサク

サクッとあげものちゃんを使うと、揚げカスまでサクサクなんですよ。上の写真ではサッパリ分からないと思いますが、箸の先で触れればすぐに分かります。

酸化防止効果は実感できず

コジット・サクッとあげものちゃんを使っても油は汚れる

サクッとあげものちゃんを使うことで揚げ物がサクッと仕上がることは実感できました。しかしながら、油の汚れ具合はご覧の通り。いつもに比べると多少は汚れていないのかもしれませんが、正直言って、効果があったとしても分からないと言えるレベルです。フライではなく、天ぷらだったら良かったのでしょうか。

 

以上の通り、油を汚すことなく長持ちさせたいという当初の期待は裏切られましたが、揚げ物がサクッと仕上がったことは期待以上でした。サクッとあげものちゃんは税込1,408円と高価ですけど、約100回使えることを考えれば十分に元は取れると思います。いちいち洗う必要がなく、油に浸けたままでOKというのも手間がなくて良いです。

価格を聞いたら妻も驚いていましたが、ウチよりも頻繁に揚げ物をする妻の実家に勧めなきゃと言っていました。ウチは天ぷらはしないので、妻の実家でも購入したら試してもらいたいと思います。

2022/05/02追記:サクッとあげものちゃんを使い始めてから2ヶ月で4回揚げ物をしましたが、やっぱり油が汚れにくいような気がします。今までは2回揚げ物をしたら油を捨てていたのに、あまり汚れないので5回目もいけそうです(当家比)。また、そもそも油がほとんど減りません。もちろん、サクッとした食感は持続しています。
ちなみに、妻から大好評だったので義母にもプレゼントしました。感想はまだ聞けていませんが。

関連記事

ためしてガッテン流でトンカツを揚げてみた→簡単だけど微妙な結果に
NHK「ためしてガッテン」の”平成最後の年に贈る!家庭の「フライ」新常識”という特集(2019年1月16日放映)で紹介されていた方法でトンカツを揚げてみました。バッター液を使うという方法は時短にも繋がるのがメリット。一方で、バッター液を濃くしすぎるとスーパーで売っているトンカツのように衣が厚くなって油もよく吸ってしまうのがデメリットでしょうか。
唐揚げはコロッとしたものなんて誰が決めた!?薄くしたら少ない油で料理も時短
最近、家事にまつわるネタを書いていないので、「収納マンは主夫をサボっているんじゃないか」と思われてしまっているかもしれません。ですがもちろんそんなことはありません。相変わらず「洗濯の自由」は妻に奪われたままですが、料理や掃除などは変わらず私...
オールステンレスで一生もの!ケユカ「LidestオイルポットII」
KEYUCA(ケユカ)の「Lidest(リデスト)オイルポットII」を購入しました。フタが立てられる、オールステンレスでサビない、食洗機で洗えるほか、網の面積が広いのでフライパンから油を注ぎやすいのもメリットだと感じます。価格も一般的なステンレス製オイルポットと比べて決して高くないと思います。
100均「注ぎ口付き袋クリップ」なら調味料を袋のまま詰め替えずに使える
100均セリアでスルガの「注ぎ口付き袋クリップ」を購入しました。食塩などに適した計量タイプと、砂糖やマカロニなどに適した広口タイプがあります。小久保工業所のミニフタックルと比較するとミニフタックルのほうが湿気の心配が少なくて良さそうです。

コメント