2024年4月23日(火)から最長25日(木)にかけてサーバーの更新を予定しています。その間はコメントがうまく投稿or返信できない可能性があります。

イケアのメタルシェルフ「OMAR(オマル)」とルミナスラックを比較

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

IKEA(イケア)にもメタルラック…というかスチールワイヤーシェルフがあるのをご存知でしょうか。商品名がちょっとアレなんですが、「OMAR(オマル)」と言います。

商品名で敬遠されているわけではないでしょうけど、私がイケアの店頭でオマルの横を通過すると、たいてい周りにお客さんがいません。ハッキリ言って注目度の低い商品だと思うものの、意外と廃番になることなくずっとあります。

そこで、私が気づいていないオマルの魅力があるのかもしれないと思い、調べてみることにしました。今回は、スウェーデン代表「OMAR(オマル)」と、日本でもっとも売れているスチールワイヤーシェルフ・ドウシシャの「ルミナスラック」を比較してみたいと思います。

※この記事は2015年7月25日時点の情報に基づいています(2023年7月18日一部更新)

 

価格

メーカーIKEAドウシシャ
商品名オマルルミナス・レギュラー
サイズW920×D360×H1810mmW915×D460×H1795mm
税込価格7,998円12,800円

以下、イケアのオマルはW920×D360×H1810mmのものを、ドウシシャのルミナスラック(レギュラー)はW915×D460×H1795mmのものを中心に比較していきたいと思います。まずは価格から。

イケアのオマルは税込7,998円、ルミナスラックは公式ショップで税込12,800円です。単純に価格だけで比較すると、同程度のサイズではイケアのオマルはルミナスラックの2/3程度です。

ちなみに、ドウシシャのルミナス互換ラックなら同7,980円でオマルとほぼ同じ価格です。

機能性・拡張性

IKEA(イケア)・OMAR(オマル)シェルフユニット

出典:IKEA

両者の間には基本的な違いがいくつかあります。まず、ルミナスラックはキャスター付き、オマルには付いていません。また、そもそもオマルには別売のキャスターが用意されていないです。

棚板の形状も異なります。オマルはカゴが裏返ったようなワイヤーの張り方ですが、ルミナスラックほか日本で一般的なスチールワイヤーシェルフはちゃんと四方を囲った上にワイヤーを縦横に渡しています。使い勝手の面でも丈夫さで言っても、ルミナスラックのほうが優れていると言えるでしょう。

ルミナスラックはポールを上下分割させて2台に分けたりすることができますが、オマルはそういう芸当はできません

拡張性については述べるまでもありません。ルミナスラックは前述の通り分割もできますし、上下左右への拡張もできます。オプションパーツも類似品の中では随一で、圧倒的にたくさんあります。対するオマルは、オプションパーツに棚板一枚すらなく、2台を連結させることもできません。これでは比較になりません。ルミナスラックの圧勝です。

 

サイズバリエーション

メーカーIKEAドウシシャ
商品名オマルルミナス・レギュラー
460、600、920460、610、760、915、1215、1520、1825
奥行250、360、500355、460、610
高さ400、770、940,1810、2010525、730、955、1260、1565、1795、
2220-2490、2370-2750

サイズバリエーションについても比較するまでもありません。オマルはコンビネーションを含めてもセット品は32アイテムだけ。ルミナスラックはレギュラーシリーズの基本セットだけでも100アイテムあります。

また、ルミナスラックは棚板やポールも上表以外に様々なサイズがあります。この点でもルミナスラックの圧勝と言えるでしょう。

 

耐久性

ドウシシャ・[25]ユニット メタルワイヤーラック 4段/90W商品型番: NE25-90154

オマルは亜鉛メッキ、ルミナスラックはクロムメッキにクリアコーティングを施しています。表面の錆びにくさという点ではルミナスラックのほうが優れていると言えます。ちなみに、もっともグレードの低いルミナス互換ラックですらクリアコーティングを施しています。

あと、耐荷重についてですが、オマルには一切の記載がありません。ルミナスラックの耐荷重は棚板1枚あたり250kg、棚全体で最大500kgです。イケア基準にはいつも首を傾げますが、今回はルミナスラックの不戦勝です。

 

…というわけで、やっぱり比べるまでもありませんでした(苦笑)イケアのオマルがルミナスラックに勝てる要素は何一つありません。他の国では分かりませんが、少なくとも日本ではイケアのオマルの存在価値はないです。別にオシャレでもないし、亜鉛メッキだから下手すれば2~3年で表面が白く錆びてきます。そうなると大変見苦しいです。

日本にはアイリスオーヤマの「メタルラック」を駆逐した圧倒的強者のルミナスラックがあります。オマルがちょっとやそっとバリエーションやオプションパーツを増やしたところで敵いません。そのうち消えてなくなるに違いないと思いつつもしぶとく生き残っていますが、さて今後はどうなるでしょうか。

関連記事

今さら聞けない?いわゆる「メタルラック」(スチールワイヤーシェルフ)の基礎知識
今さら聞けない?いわゆる「メタルラック」(スチールワイヤーシェルフ)の基礎知識。メタルラックはアイリスオーヤマの商標で、ほかにドウシシャのルミナスラックとエレクターのホームエレクターが御三家。基本的には互換性はありません。
ルミナスラックやメタルラックは結局どのシリーズがオススメなのか?
近年のスチールワイヤーシェルフ市場はルミナスラック一強と言える状況です。ただ、ドウシシャのルミナスラックのシリーズがあまりに多すぎて、どれを選んで良いのか違いが分からないという人も少なくないと思います。そこで、2番手のアイリスオーヤマ・メタルラックも含めてオススメをピックアップしてみました。
無印良品のユニットシェルフでOK?重量物の収納にはやっぱりメタルラック
オープンラックは無印良品のユニットシェルフでもOKと思われるかもしれませんが、どうしても横揺れがします。重量物の収納にはやっぱりメタルラックの方が適しています。
スズメッキだよ!ルミナスラック「プレミアムライン」を実際に試してみた
ドウシシャのルミナスラック「プレミアムライン」を実際に試してみました。質感は従来品はもちろん、ホームエレクターをも上回ります。特にソリッドシェルフは圧巻です。ただ、遠目に見ると違いが分かりません(苦笑)

コメント