『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

無印良品とニトリとイケアのTVボードを比較してみた結果

無印良品とニトリとイケアのTVボードを比較してみた結果

もともと私は無印良品の家具はまともな家具とは思わなかったのですが、最近はちょっと見る目が変わってきました。もともと家具メーカーに勤めていた私が見れば、無印良品の家具がいかにも素人が作ったものであることは相変わらずです。しかし、ニトリやイケアと比べてみると、なかなかのものだと思うことが多くなりました。

今回ご紹介する無印良品のオーク材AVラックもそのひとつ。ニトリのローボード(Nフィルン1200LBR)イケアのBESTÅ(ベストー)テレビ台 引き出し付きと比較してみましょう。

※価格および仕様はすべて2019年1月26日現在のものです。

 

三社商品の外観と主な仕様の比較

無印良品・オーク材AVラック・幅110cm

  • サイズ:幅1100×奥行400×高さ465mm
  • 価格:税込29,900円
  • 主材:オーク(天板=突板、引出前板=無垢)
  • 完成品

ニトリ・ローボード(Nフィルン1200LBR)

  • サイズ:幅1200×奥行400×高さ500mm
  • 価格:税込29,900円
  • 主材:オーク突板
  • 完成品

イケア・BESTÅ(ベストー)テレビ台 引き出し付き


ラップヴィーケン ホワイトステインオーク調

  • サイズ:幅1100×奥行400×高さ480mm
  • 価格:税込17,490円
  • 主材:フォイル合板
  • 組立品

 

価格が一番安いのはイケアですが…

この3つの商品を比較した場合、まず価格を見てみると一番安いのはイケアのベストー・テレビ台(17,490円)です。一方で、ニトリのNフィルン1200LBRと無印良品のオーク材AVラックはいずれも税込29,900円となっています(無印良品は2018年8月に大幅値下げしました)。

無印良品の場合は完成品、イケアは組立品ですから、これくらい価格差があってもまったくおかしくないのですが、実はイケアのベストー・シリーズは基本的にフォルム仕上げと呼ばれるABS樹脂フィルム貼りの合板で、無印良品のオーク突板+無垢に比べてかなり安い素材です。

また、そもそも組立家具というのはちゃんと組み立てても、完成品の家具と同じように頑丈にはなりません。それはイケアの引出を見れば明らかなことで、一瞬で壊れます。ですので単純に価格ではなくモノの価値を比べた場合、無印良品はイケアよりも明らかにお得と言えます。



ニトリと比べてもやっぱり無印良品がお得

今度は無印良品とニトリを比べてみましょう。個人的には、全体としてみた場合にはニトリのほうがイケアよりも家具をちゃんと作っている印象があります。ニトリはもともとタンス屋ですからプロが見て手を抜くべきでない点は心得ていますが、無印良品の場合はあきらかに素人の設計です。しかしながら両社のテレビボードを比べた場合には、無印良品のほうが優れていると言えます。

価格差はありませんし、無印良品のオーク材AVラックにはガラスのフラップ扉が付いており、引出はフルスライドレール、引出前板はオーク無垢で、価格差以上にコストパフォーマンスの良いスペックとなっています。

もっとも、無印良品は木も鉄も同じような感覚で扱いますから、引出前板のオーク無垢板の含水率なんてどうなってるのか、反ったり割れたりするんじゃないかって感じがします。スライドレールもぶっちゃけ、品質は低いです。なので、家具のプロとしてちゃんとした仕事を心掛けているニトリからすればあり得ないことだと思うんですけど、その点をあらかじめ承知したうえで購入するのであれば、無印良品のオーク材AVラックは良い選択肢だと思います。

 

無印良品の家具は、パイン材を主体に扱っていた頃は、もう本当にヒドイものばかりでしたが、ここ1~2年で急激に良くなったように思います。家具の設計のできる人が入ってきたんじゃないかと思うほど、致命的な欠陥のある家具はなくなりました。一方で木の扱い方は相変わらずの感があります。

また一方で、ニトリはともかく、イケアのような外面ばかり良い「使い捨て家具」が入ってくると、相対的に無印良品の家具がまともに見えるというのも事実です。やっぱり日本人が企画した商品というのは安心感がありますね。

今回は3社の120cm幅程度のロータイプのTVボードの比較をしてみましたが、ほかの商品を比較すればまた違う結果になる可能性は十分にあります。決して無印良品をべた褒めするつもりはありません。しかしながら今回の比較においては、無印良品のオーク材AVラックの完勝かなと思います。

 

関連記事

IKEAをも上回る!無印良品の家具/インテリア布製品部門の売上が国内3位の規模に
今年の5月にこちらで、無印良品の家具売上高が年間400億円を突破し、家具販売では国内トップ5の規模になったと報じました。 それからまだ半年も経ちませんが、無印良品を運営する良品計画の第2四半期決算が公表され、それに関して業界紙...
無印良品「スタッキングシェルフ」とニトリ「コネクト」&「プロモ」の違い
無印良品の「スタッキングシェルフ」とニトリの「コネクト」と「プロモ」の違いを、材質、価格、ラインナップ、サイズ等の観点で比較します。無印良品のスタッキングシェルフとニトリのコネクトは類似点が多く、プロモは別物と言えます。
【衣装用フタ付き収納ボックス比較】ニトリvs無印良品vsイケアvsカインズvs天馬vsアイリスvsJEJ
洋服を収めるなら引出式の衣装ケースのほうが便利だと思いますが、コストパフォーマンスを優先するならフタ付きの収納ボックスを使うのも良いと思います。また、フタ付きの収納ボックスならダンボール箱よりも丈夫なので、洋服以外のモノを収めても良いでしょ...
IKEAのMALMチェストが北米で死亡事故&中国でもリコールへ!日本ではどうなの?
IKEA(イケア)が北米で販売したMALM(マルム)チェストの下敷きになって、これまでに6人の子供が死亡した事実が世間をざわつかせています。 問題の家具に絡む最初の死亡事故発生は1989年。バージニア州在住の1歳8カ月の女児が倒れ...

コメント