スポンサーリンク

そのままより断然いい!「詰め替えぶら下げ逆ポンプ」はS字フックも良き

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

我が家で使用している三輝「詰め替えそのまま」スタンダード&ミニ

我が家の浴室では三輝の「詰め替えそのまま スタンダード」同「ミニ」を使っています。詰め替えパウチからシャンプーボトルにいちいち移し替える手間がないだけでなく、シャンプーボトルのヌメリが気になることもありません。「ラックス・ルミニーク1kg」なら袋を切らなくても注ぎ口に直接スタンダードのポンプが取り付けできると知ってからは、ますます気に入っています。

ただ、耐久性がないんですよね。決して安くないのに、半年くらいしか持ちません。ゴム(エラストマー樹脂)でできたポンプが破れて液が漏れたり、先端のバルブがバカになったりするのです。

そこで、少し前に発売されて気になっていた新商品を試してみることにしました。

当記事は楽天プレミアムパートナー制度に基づき、雑貨いいものサイトー様から商品提供を受けてレビューしております。毎度のことながら、その他金品の受領や執筆内容の指示等はありません。
この記事は2023年4月6日時点の情報に基づいています(2023年8月31日一部更新)

 

サイトー・詰め替えぶら下げ逆ポンプ

サイトー・詰め替えぶら下げ逆ポンプ 4582683620097

今回試すのは、サイトーの「詰め替えぶら下げ逆ポンプ(黒3個セット)」です。三輝の詰め替えそのままは乳しぼりの要領でゴム製ポンプを押してシャンプーの液を出す仕組みでしたが、こちらはシャンプーボトルのポンプがそのまま下向きになる構造です。

ゴム製ポンプと違って耐久性は期待できそう。一方で、なんだかちょっと押しづらそうな気もします。

逆ポンプはさらにデカい

詰め替えそのままミニ、スタンダード、逆ポンプの比較

詰め替えそのままミニ、スタンダード、そして逆ポンプを並べてみました。スタンダードでも十分デカいのですが、逆ポンプはさらに大きくなっています。

なお、スタンダードはネジの部分で外すことができますが、逆ポンプはクリップと分離することはできません。

取り付けて比較してみた

詰め替えそのままスタンダードと逆ポンプをパウチに取り付けて比較

詰め替えパウチに取り付けた状態でスタンダードと逆ポンプを比較してみました。やっぱり不必要に思えるほど長くて大きいです。

スタンダードが小さく見えるほどデカい

詰め替えそのままスタンダードと逆ポンプをパウチに取り付けて比較

これまで詰め替えそのままスタンダードはデカいと思っていましたが、逆ポンプを使うとこれまでのスタンダードが逆に小さく見えてしまいます。

意外と使いやすい

詰め替えぶら下げ逆ポンプは意外と使いやすい

さて、肝心の使い心地ですが、意外なほどまったく問題なかったです。家族全員に使ってもらっても、異を唱える人は誰もいませんでした。

従来品は片手でポンプを押し、片手で液を受ける形でしたが、逆ポンプも基本的には同じ動作です。敢えて違いを述べると、ポンプをつまむ動作が左右方向から上下方向に変わっただけです。

むしろ、従来品は力加減が難しかったのですが、逆ポンプは吐出量を調整しやすいです。逆ポンプのほうが耐久性も期待できるんじゃないかと思います。

パウチに穴が開いていたなんて!

基本的に詰め替えパウチには底部に穴が開いているのでS字フックで引っ掛けられる

一方で、付属のS字フックは使えないと思っていました。花王の「らくらくスイッチ」対応商品じゃあるまいし、パウチの底面近くに穴なんて開いているわけがなかろうと。

ところがどっこい。詰め替えパウチって基本的にすべて底面近くの側面両側に穴が開いていたんですね!ダヴやラックスやダイアンはもちろん、ナノックスやワイドハイターにも穴が開いていてS字フックで吊り下げできることに驚きました!

これ、詰め替えパウチの収納方法に革命と言えるんじゃないですか。しかも、1kg以上のパウチを吊るしても問題ありません。

 

というわけで、詰め替えぶら下げ逆ポンプは詰め替えそのままスタンダードよりもさらにデカい点は少し気にはなるものの、使い勝手に問題はなく、むしろ耐久性に期待が持てる構造です。我が家では今後、こちらに切り替えていく予定にしています。

それにしても、詰め替えパウチがS字フックで吊り下げられるとは思いもよりませんでした。ミニに付属のニードル式のホルダーだと穴が広がっていくことがあるので、S字フックのほうが確実に引っ掛けられるし、何より手間がありません。

S字フックで洗濯洗剤の詰め替えパウチを吊るして使ったり、ストックを見やすくすることもできるんじゃないでしょうか。ちょっといろんな可能性を見つけてしまって感動しています。

ホワイト色もあります

2023/08/31追記:使用開始から3ヶ月ほどで1つを誤って落としてしまい、使用不能となりました。内部で軸の部分が折れてしまったようです。

関連記事

三輝「詰め替えそのまま」スタンダードとミニの違いは出る量よりホルダー
三輝の「詰め替えそのまま」スタンダードとミニを比較してみました。違いのひとつは主にシャンプーなどがポンプから出る量(抽出量)でスタンダードのほうがちょっと多いです。それよりも大きな違いはホルダーの取り付け方。ミニのほうが確実に詰め替えパウチに突き刺せます。
花王「らくらくスイッチ」は他社製シャンプーの詰替え用には使えなかった
花王のシャンプーなどのつめかえ用(ラクラクecoパック)専用の「らくらくスイッチ」を入手しました。ユニリーバの「ラックス・ルミニーク」のコンディショナー詰替え用1kgに使いたかったのですが、ネジ径が合わず断念。代わりに三輝の「詰め替えそのまま スタンダード7点セット」でリベンジしました。
磁石式「シャンプーディスペンサー」ワンプッシュで出て便利かと思いきや…
ハイスピリット(REDHiLL)の「マグネット式シャンプーディスペンサー」を使ってみました。新品のはずなのに中に水滴が入ってるし、背面はネオジム磁石らしきものが使われていてサビる心配が。それ以前にボタンを押しても中身が出ない!欠陥品です。
浴室マグネット収納比較!ニトリ「ラックス」vsカインズ「磁着」
ニトリ×アスベルの浴室マグネット収納「アーバン」とカインズ×東和産業の「磁石で付く」を比較してみました。前者は「ラックスMG」、後者は「磁着SQ」をプライベートブランドとして採用したものです。ラインナップ数、価格、耐荷重などには大きな違いはなく、違いはアーバンが抗菌仕様になっているという点くらいです。
この記事を書いた人

日本で初めて一般家庭向け収納&インテリア・コーディネートサービスを始めて20年の収納&インテリアのプロ。TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王優勝。
安全性を第一に、コスパを重視した収納グッズ&家具選びを心掛けています。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
比較
スポンサーリンク

コメント