スポンサーリンク

ホームセンター各社の組立式木製書棚(幅60cm)の価格を比較してみた

ホームセンター各社の組立式木製書棚(幅60cm)の価格を比較してみた

私がクライアント宅の片づけ作業をお手伝いしていた頃、急いでホームセンターに行って組立式の木製書棚を手配する場面が何度もありました。こういった書棚は結構値幅が大きくて、数千円で手に入ることもあれば、2万円近くになることもあります。また、ホワイト色で揃えたいのにナチュラル色しかなかったり、いつもは高い店がたまたま特価品を用意しているということもあります。

そんなわけで、組立式の木製書棚はいつでもどこでも同じような商品が買えそうで意外とそうでないのが難しいところ。今回は概ね幅60cm、奥行25~30cm、高さ180cmという条件で、ホームセンター各社の最安値を調べてみました。

なお、幅60cmとしたのは真ん中に帆立を設けなくとも比較的強度を保てる最大幅だからです。つまり、大型の組立式木製書棚としてはもっとも合理的なサイズということです。

※価格および仕様はすべて2022/07/04現在

※店舗により取扱品および価格が異なる場合があります

 

組立式木製書棚(幅60cm)の価格比較

ホームセンター税込価格サイズ(mm)カラー品番
ニトリ4,990円609×298×17423色Nカラボ ワイド6段
IKEA4,999円600×240×18001色FINNBY
ナフコ6,480円598×290×17723色アース1860
DCM7,680円600×295×18003色RT-1860
コーナン10,480円600×290×18003色オープンラックα1860
カインズ11,800円590×290×18003色TNL-1859
ビバホーム11,880円600×290×18003色TNL-1859
コメリ15,813円600×290×18002色S-SFR1860

基本的にホームセンターが対象ですが、今回はIKEA(イケア)にも登場してもらいました。IKEAの「FINNBY(フィンビー)」は低価格の組立式木製書棚の定番のひとつと言えるからです。

しかし、そのフィンビーの価格をさらに下回ったのがニトリの「Nカラボ ワイド6段」。ただし、これとナフコの「アース1860」は台輪がなく、いわゆるカラーボックスの親玉みたいな構造です。

ちなみに、基本的には通常価格を表示していますが、コーナンの「オープンラックα1860」は2022/06/22~07/04のセール中は税込6,028円となっています(公式オンラインショップおよび店頭のみ)。

カインズとビバホームは白井産業の「タナリオ」、コメリはアイリスオーヤマの「スペースフィットラック」を扱っています。

amazonで一番安い組立式木製書棚(幅60cm)

では、amazonでもっとも安い幅60cmの組立式木製書棚はどれでしょうか。常に価格変動はあるものの、本日現在では不二貿易の多目的棚が最安(税込5,936円)となっているようです。上下を連結したような構造ですが、ちゃんと台輪が付いており、可動棚は4枚付いています。

この仕様、この価格で、玄関まで届けてくれるなら、安いと思います。

 

楽天市場で一番安い組立式木製書棚(幅60cm)

楽天市場でも同様に、不二貿易の多目的棚が最安(税込6,243円)となりました(配送料込みの場合)。amazonよりも少し高いものの、セール時のポイント還元も考慮すればむしろamazonよりも割安だと思います。

 

以上の通り、幅60cmの組立式木製書棚でもっとも安いのはニトリとなりました。台輪はないものの、基本的に可動棚で、カラーバリエーションも3色揃っていますから、価格重視で探している方にはピッタリの逸品と言えるでしょう。

2段タイプや3段タイプ、幅約42cmタイプなどサイズバリエーションも揃っているので、設置スペースに合わせて最適な組み合わせを選ぶことができる点でもオススメです。

幅90cmはこちら

ホームセンター各社の組立式木製書棚(幅90cm)の価格を比較してみた
ホームセンター各社で扱っている幅80~90cm、奥行25~30cm、高さ180~200cm程度の組立式木製書棚の価格を比較してみました。定番のIKEA「BILLY(ビリー)」を上回ったのはコーナンとナフコ。ナフコはカラーボックスの親玉みたいな感じですけど、コーナンは本棚らしい構造です。

関連記事

ホームセンター各社の3段カラーボックスの価格を比較してみました
ホームセンター各社の3段カラーボックスの価格を比較してみました。固定棚でもっとも安かったのはイオンとコーナン。可動棚ではニトリが最安となりました。なお、amazonや楽天市場での最安値は不二貿易でした。
IKEAで本棚を買うなら「BILLY」より激安の「GERSBY」がオススメな理由
IKEA(イケア)で本棚を買うならBILLY(ビリー)よりも激安のGERSBY(ゲルスビー)がオススメです。その理由は幅も高さもコンパクトで可動棚ではなく固定棚だから丈夫だからです。それでもA4ファイルを収めるには十分です。可動棚が良い場合はFINNBY(フィンビー)という選択肢もあります。
2015新仕様☆ニトリのカラーボックス「カラボ」を組み立ててみた
2015年初めにリニューアルされたニトリのカラーボックス「カラボ」を組み立ててみました。棚板だけでなく天板の位置まで変えられるというのは便利です。一方で、ネジをたくさん留める必要があり、組立はすごく大変です。
国産書棚徹底比較!小島工芸vsフナモコvs浜本工芸vsカリモクvs大洋
国産書棚を徹底比較!小島工芸「アコード」、フナモコ「ニューラチス」、浜本工芸「No.86書棚A」、カリモク家具「HU2415」、大洋「エースラック/カラーラック」。いずれも定番と言える本棚ばかりです。

コメント