『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中
スポンサーリンク

IKEA「プラッツア」にスチール製ユニットシェルフが大量投入された件

IKEA 2020春夏カタログ

先月、IKEA(イケア)から2020春夏カタログが発行されました。今回もたくさんのアイテムが新たに登場していますが、収納用品に関しては「PLATSA(プラッツァ)」シリーズが大幅にラインナップを増やしていることが特筆すべき点と言えます。

1年半ほど前にプラッツァが登場したときに取り上げた通り、プラッツァは「PAX(パックス)」や「BESTÅ(ベストー)」に近い特性を持っていました。

パックスとベストーを足して2で割った!?イケアの新商品「プラッツァ」
IKEA(イケア)の新商品「PLATSA(プラッツァ)」は「PAX(パックス)」ワードローブと「BESTÅ(ベストー)」システムを足して2で割ったような収納家具と言えます。比較してみると、リビングや個室にちょっと洋服を置いたり、チェストと組み合わせる場合に適していると言えるでしょう。

そのため、イマイチその存在意義を掴み切れなかったユーザーが多かったのではないかと思います。しかし、このたび加わったラインナップでプラッツァは別の次元に突入したと言えるのではないでしょうか。

※すべて2020/03/09現在の税込価格

 

PLATSA・オープンシェルフユニット

IKEA・PLATSA・オープンシェルフユニット, ホワイト, 60x40x180 cm

出典:IKEA

従来、プラッツァはパックスやベストーのように主に合板でできていました。そのためパックスやベストーとの違いが分かりにくかったのですが、上写真のスチールでできたオープンシェルフなどのラインナップが大幅に増えたことで、かなり印象が変わってきたと言えます。

PLATSA・ワードローブ 扉3枚付き

IKEA・PLATSA・ワードローブ 扉3枚付き, ホワイト, フォッネス ホワイト, 140x42x161 cm

出典:IKEA

たとえば上写真のようなコンビネーションが可能になりました。合板でできたボックスにスチール製のオープンシェルフを組み合わせることで、使い勝手の良いワードローブが完成。このような商品は今までに類がなく、しかも自由に組み合わせられるというのは非常に画期的です。

 

意外とシッカリしている

IKEA・PLATSA・オープンシェルフユニット, ホワイト, 60x40x180 cm

ただ、プラッツァのオープンシェルフは指ほどの太さのスチール製角パイプで構成されており非常に華奢な印象です。実物を確認するまでは「どうせIKEAクオリティだろう」とか「無印良品のユニットシェルフのようにグラグラ揺れるに違いない」と思っていました。

ところが、店頭で確認してみると意外に丈夫なのです。壁にネジで固定されているため全力で揺さぶることはできなかったものの、固定されていない下側に力を加えてみても大きく歪むことはありませんでした。

半年前にご紹介したIKEAの「JONAXEL(ヨナクセル)シェルフユニット」に近い構造ながら、背面のスチール製メッシュパネル(上写真)が横揺れ防止に貢献しているようです。

コスパ良いホワイトのシェルフユニット!イケア「ヨナクセル」
IKEA(イケア)の新商品「JONAXEL(ヨナクセル)シェルフユニット」は、白いスチール製オープンシェルフです。無印良品のスチールユニットシェルフの半値以下でコスパ良し。ただし、棚板の高さを調節することはできず、全段A4ファイルが収納できる高さです。

 

PLATSA・オープンハンガーユニット

IKEA・PLATSA プラッツァ オープンハンガーユニット, ホワイト, 80x40x180 cm

出典:IKEA

このたび発売されたプラッツァのスチール製オープンシェルフの幅は60cmと80cmの2サイズ、奥行はすべて40cm、高さは40cm、60cm、120cm、180cmの4サイズ展開となっています。いずれも単体で使用することができそうに見えますが、別売の「LÄTTHET(レットヘート)脚」など(税込400円~)を組み合わせる必要があります。

棚だけでなく上写真のようなワードローブも用意されています。これで税込10,000円ということですから、無印良品の「スチールユニットシェルフ・ワードローブセット」(同11,900円)と比較しても決して悪くない勝負です。

 

PLATSA・オープン靴収納ユニット

IKEA・PLATSA プラッツァ オープン靴収納ユニット, ホワイト, 80x40x120 cm

出典:IKEA

無印良品にはないラインナップもあります。「オープン靴収納ユニット」は傾斜棚板を備えたオープンタイプのシューズラックです。棚板はスチール製で丈夫で、棚板だけを購入してオープンシェルフに組み合わせることもできます。

もちろん、棚板の高さを調節することも可能です。従来の合板でできたボックスと組み合わせることで、様々な使い方を楽しむことができるのではないでしょうか。

 

ほかにもプラッツァシリーズにはベッドとワードローブのコンビネーションなども追加され、関連商品は全部で250アイテムにまで増えました。玄関からリビングダイニング、寝室に至るまで、様々な場所で活用できると思います。

オープンシェルフやワードローブを単品で無印良品のスチールユニットシェルフと比較すると、コスパや入手のしやすさで劣る面はあるものの、無印良品では実現できなかった組み合わせができるのが最大の魅力と言えます。これはIKEA史上もっとも強力な収納家具になり得るのではないでしょうか。

…という具合に珍しくIKEAの商品を褒めちぎってしまいましたが、さて世間の評価はどうなりますかねー(笑)

関連記事

イケアジャパンの2019年8月期決算は売上微増するも営業損失8.5億円
イケアジャパンの2019年8月期決算が明らかとなりました。売上は微増するも営業損失は8.5億円と3期連続で赤字経営が続きます。今後は郊外の大型店出店を凍結し、都市部への小型店戦略を進めるようですが、安全性を高めるなどしてシニア層からの支持を得られないことには売上増は厳しいのではないでしょうか。
無印良品の新「スチールユニットシェルフ」をステンレス&パイン材と比較してみた
無印良品の「スチールユニットシェルフ」がリニューアルされたのを受けて、改めてステンレスとパイン材と併せて比較してみました。スチールのセット品が値下げされたことでパイン材のセットよりも安くなりました。また、オプションパーツの多さでは現状はステンレスのほうが優位と言えます。
IKEAのエルヴァーリに似とる!ニトリのクローゼット収納「リンクス」
ニトリの新商品、クローゼット収納「リンクス」はIKEA(イケア)の「ELVARLI(エルヴァーリ)」によく似たオープンシェルフです。全体がホワイトでラダー状の帆立、背面はクロスブレースで補強、奥行55cmのワードローブ仕様となっています。ただ、現状はラインナップが少なく、見た目もエルヴァーリに劣ります。
奥行を深くしてIKEA「PAX」に対抗!?ニトリ「Nクリックディープ」
ニトリの新商品「Nクリックディープ」は従来の「Nクリックボックス」の奥行を単純に大きくしたものではありません。幅や高さ、段数も見直し、AV機器や洋服の収納に最適化したものと考えられます。今後はオプションパーツも増やしてIKEAのPAXワードローブシステムを目指すのではないかと勝手に予想しています。

コメント