サーバーの更新は予定通り完了しました。ご協力ありがとうございました。

キャリコやカバコなどオープンボックスの開口部の大きさを比較してみた

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

キャリコやカバコなどオープンボックスの開口部の大きさを比較してみた

前回はIKEA「ソルテーラ」などのスタッキング分別ゴミ箱を比較しました。

IKEA「ソルテーラ」やニトリなどスタッキング式の分別ゴミ箱を比較
IKEA「ソルテーラ」、ニトリ「Nスタックバケット」、スタックストー「ペリカン・ガービー」で、スタッキング式の分別ゴミ箱を比較してみました。ソルテーラは2サイズから選べ、奥行が大きいのもメリット。Nスタックバケットは日本の住宅に合わせたコンパクトさが魅力。ペリカン・ガービーは高価ですが使い勝手は抜群です。

実は最初からスタッキング分別ゴミ箱の比較をしようと思ったわけではないのです。もともとはキャリコなどのスタッキング式オープンボックスの開口部の寸法を調べて比較しようと思たんですけどあまりに数が多かったので、その中でコンセプトが近い3商品だけ先にピックアップしたかたちです。

というわけで、今回こそが本題。カインズ「キャリコ」、天馬「カバコ」、サンカ「squ+フロック」、スタックストー「ペリカン」、ニトリ「フラッテ」、IKEA「フィッラ」、さらに新商品のJEJアステージ「ロッキンポッド」を加えて、計7商品の開口部のサイズを比較してみたいと思います。

※この記事は2019年6月14日時点の情報に基づいています(2023年5月30日一部更新)

 

今回比較する商品

カインズ/キャリコ

カインズ・キャリコ

出典:カインズ

まずはスタッキング式オープンボックスの火付け役となったカインズの「キャリコ」。サイズバリエーションは意外と3つしかないのですが、カラーバリエーションは豊富です。また、底面にコロが付いているので移動が楽です。

天馬/プロフィックス・カバコ

続いては現在ホームセンターで圧倒的シェアを誇る天馬の「プロフィックス・カバコ」。さすが天馬が作るだけあって丈夫なうえに、扉が天板下にスライドインする構造で使い勝手がグッド。カラバリやサイバリも豊富です。

サンカ/squ+フロック

サンカ(サンイデア)の「squ+froq(スキュープラスフロック)」はカバコが登場する前までは山善を介してホームセンターの売場シェアが高かったですが、現在ではその姿を見ることが少なくなりました。扉が2つ折りになることで、開口部を4段階に調節することが可能です。

スタックストー/ペリカン

おそらく元祖スタッキング式オープンボックスと言えるstacksto,(スタックストー)の「pelican(ペリカン)」は価格保護政策が失敗したのか、現在ではベーシックサイズもスリムサイズもなくなり、完全にマイナーな存在となりました。ワイドサイズも販売終了予定とのこと。ビビットなカラバリが可愛かったので残念。

JEJアステージ/ロッキンポッド

一方で、スタッキング式オープンボックスで最後発のJEJアステージ「ロッキンポッド」は、カバコのように扉が天板下にスライドインするだけでなく、天板までガバッと開くことができます。おまけに、扉をロックすることも可能。丈夫さも申し分なく、最新の注目株です。

ニトリ/Nフラッテ

「Nフラッテ」は全国に店舗網を持つニトリが販売しているので一気にシェアを奪うかと思われましたが、意外と停滞気味。やはりカバコなどと比較するとフニャフニャ過ぎて使い物にならない感じがバレてしまうのでしょうか(苦笑)

IKEA/フィッラ

実はIKEAにも「FIRRA(フィッラ)」というスタッキング式オープンボックスがあります。これが意外とIKEAにしては丈夫にできていて、類似商品と比較しても遜色ない感じです。ただ、国産品と比較して安いわけでもないし、カラバリもクリアとブラックの2色しかないのが残念。

スペック比較

メーカー商品名サイズ外寸(W×D×H mm)開口部(W×H mm)税込価格生産国
カインズキャリコS220×385×310160×160980円7日本
M440×385×310380×1601,480円
L660×385×310600×1601,980円
天馬カバコスリムS300×400×220220×1351,280円4日本
スリムM300×420×310220×2051,480円
スリムL300×420×410未確認1,880円
S450×400×220370×1351,480円
M410×420×310370×2051,680円
L450×420×410380×2052,480円
ワイドM600×420×310520×2052,580円
サンカフロックスリム浅型285×460×240235×1751,650円8日本
スリム深型285×460×310235×1751,430円
レギュラー浅型385×460×240335×1751,650円
レギュラー深型385×460×310335×1751,650円
ワイド深型570×460×310520×1703,080円
スタックストーペリカンワイド450×410×285407×1303,190円1台湾
JEJ
アステージ
ロッキンポッドS300×431×310225×1702,200円2日本
M450×431×310375×1702,420円
L600×431×310525×1702,800円
ニトリNフラッテハーフ260×390×235215×150899円6中国
レギュラー515×390×235440×1551,290円
ワイド770×390×235未確認1,458円
IKEAフィッラW22220×420×310170×1551,299円2不明
W45445×420×310395×1551,999円
W67670×420×310620×1552,999円
※開口部の大きさはカインズ、サンカ、スタックストーのみメーカー表示、それ以外は収納マンによる実測 ※空欄は未確認 ※価格は各社直販サイトなどを参照(カラーにより異なる場合があります) ※山善版フロックは2022年5月30日現在3色

 

比較してみた結果、開口部の幅は各社とも外寸幅より50~80mm程度小さいと言えます。一方で、開口部の高さは概ね150mm前後と言えますが、カバコだけは205mmというものも多く、開口部の広さで選ぶならカバコという感じです。

サイズバリエーションもカバコがもっとも多く、やはりこのジャンルの商品でトップシェアになったのも必然かなと思います。やっぱり、売れるものには理由があるんですねー。

 

しかし、キャリコのようなオープンボックスも随分と増えたものですね。今回は開口部寸法の比較がメインでしたが、改めてそう思いました。たぶん、一般の消費者ならどれも同じようにしか見えないと思います。

でも、こうやって比較してみると、やっぱりカバコという感じがします。最後発のロッキンポッドも良いんですけど、まだバリエーションが少ないですからね。

ともあれ、こういったスタッキング式オープンボックスは基本的には引出式衣装ケースの廉価版、もしくは洋服を重ねて収納したい人向けのもので、あまり使い勝手の良いものではありません。そこは注意が必要だということを改めて申し上げておきたいと思います。

 

関連記事

「キャリコ」より「カバコ」!収納グッズ・オブ・ザ・イヤー間違いなし!
カインズの「キャリコ」のようなフロントオープンタイプのスタッキングボックス、天馬の「プロフィックス・カバコ」を実際に買って検証してみました。結論から言って収納グッズ・オブ・ザ・イヤー間違いなしと言える優れものです。ペットボトル、ワイシャツ、Tシャツ、フェイスタオル、バスタオルなども入れてみました。分別ゴミ箱やコンテナ代わりに使うのも良いでしょう。
キャリコ型スタックボックスの「カバコ」に引出しをプラス!天馬の「カバゾコ」
天馬の「カバゾコ」はキャリコ型スタックボックスの「カバコ」にセット可能な引出しです。ですがこれはそれ単品で見ても秀逸。上下両方から手を掛けられる持ち手の形状ですし、奥行40cmでリビングなどでも使えます。
天馬「カバコ」vsニトリ「Nフラッテ」!違いは日本製か否かとサイバリ
天馬の「プロフィックス・カバコ」とニトリの「Nフラッテ」を比較してみました。もっとも大きな違いはカバコのほうがサイズバリエーションが多いこと。そして、フタ(扉)が天板下にスライドインできるので開口部が広く使いやすいことです。かたや日本製、かたや中国製、それでいて価格差は僅かですからカバコ一択で問題ないと思います。
まるで口裂けカバコ!ニトリでも販売中のJEJ「ロッキンポッド」
JEJの「ロッキンポッド」は天馬のカバコのように扉が天板下にスライドインするだけでなく、天板がガバッと開くのが最大の特徴です。また、扉をロックする機能も備わっています。ニトリでも「フタ付き収納ロッキンポッドNS」として3色展開で販売中。
キャリコやフラッテは使いにくい?衣類を重ねて収納する人に向いてます!
キャリコ、カバコ、Nフラッテなどのスタッキングボックスは使いにくい?必ずしもそんなことはありません。衣類を積み重ねるには最適です。また、分別ゴミ箱や食品のストックにも適しています。しかしながら、サイズが合っていなかったり、耐久性が低いものだと使いにくいと感じる可能性があります。

コメント