1400円以上送料無料!「Temu(ティームー)」で収納グッズを買ってみた

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

近頃、「SHEIN(シーイン)」というショッピングサイトが何かと話題です。かわいいアパレルや雑貨がとにかく安い、2022年11月に世界初の常設店が原宿にオープンしたなど、ポジティブな話題がニュースとなる一方、著作権侵害を各方面から訴えられているというネガティブな情報も多い中国発の企業です。

SHEINでも収納グッズなどの雑貨は扱っているのですが、現在のところあくまでアパレルがメインの印象です。その点、2023年7月に日本に上陸した「Temu(ティームー、テム)」は収納グッズもたっぷり扱っていて、しかもSHEINより安いものがたくさんあります。日本のamazonで見たことがある商品や100円ショップに並んでそうな商品も多いものの、まったく見たことがない商品や驚くほど安い商品が多数取り揃えられているのです。

ただ、安すぎても逆に怪しい(苦笑)それでも個人的に試してみたい商品がいくつかあったので、リスクを承知でいくつか商品を買ってみることにしました。

※この記事は2023年9月4日時点の情報に基づいています(2023年11月11日一部更新)

 

Temu(ティームー)

Temu(ティームー)トップページ

※Temuスクリーンショット(以下同)

SHEINは中国企業が中国発で世界220ヶ国に展開したのに対し、Temuは2022年9月にアメリカからスタート。その後、カナダやオーストラリア、ヨーロッパなど、22ヶ国に進出しています。

Temuの親会社は中国の大手EC「Pinduoduo(ピンドゥオドゥオ )」を運営しているPDD Holdingsです。Temuではそのノウハウを活かすとともに、アメリカでスーパーボウルに大量の広告を出稿して知名度を上げ、訪問者数はリリースから僅か3ヶ月でSHEINを上回ったと言われています。

そんな風に説明を受けるとちょっと安心できるものの、実際に自分が買うとなれば話は別です。掲載されている商品、その説明、価格、いずれをとっても不安しかありません。

1400円から送料無料

Temuは1400円から送料無料

それでも、Temuには100円以下の商品もたくさんあります。”すべての注文 送料無料”と書いてあるので、とりあえず88円の商品を買ってみることにしました。

しかしながら、実は全品送料無料ではなく、最低注文金額が1400円に設定されていて、それを上回る総額の注文が送料になるということだったのですね。冷静に考えれば当たり前の話ですけど、オープニングキャンペーンで大盤振る舞いされているのかと思ってました。

類似商品が多すぎてワケが分からない

Temuは類似商品が多すぎてワケが分からない

今回はまず、以前からamazonで目を付けていた「コードオーガナイザー」をTemuで買ってみることにしました。amazonだと数個セットで価格もそれなりでしたが、Temuなら1個から100円以下で買えます。

しかし、Temuでコードオーガナイザーを検索すると、相当な数がヒットします。まったく同じものもあれば、微妙に違うものもあり、価格も異なります。また、価格はそれぞれ最低ロットのものが表示されており、写真では10個表示されていても価格は1個の場合だったり、色によって価格が違ったりして、ちゃんと確認するのはとても骨が折れます。

しかも、サイズが書かれていない商品や取り付け方が分からない商品が多く、「安いから失敗しても良いわ」と割り切らざるを得ない感じです。

amazonや100均で買ったほうが安い商品も多い

Temuはamazonや100均で買ったほうが安い商品も多い

ちょうど照度計を買い替えようと思っていたので、Temuで探してみました。どうせamazonで買っても中華商品なので、Temuのほうが安く買えると思ったからです。

しかしながら、ほとんどがamazonで買ったほうが安い感じでした。Temuはプラットフォーマーとなるべく最初は大赤字を出しながら激安価格を実現しているなどと言われていますが、実際はタイムセールの目玉商品で釣りつつ、それ以外で十分に利益を上げていると考えられます。

もちろん、表示されている割引率なんてまったくアテになりません。よって、ついで買いで安くもない商品を掴まされないように気を付ける必要があります。

落ち着いて買い物できない

Temuは落ち着いて買物できない

前述の通り、Temuは各商品の情報が不十分で買い物しにくいのですが、それでも「エイヤッ!」とカートに入れると、”商品はもうすぐ売れ切りです! 残り3”などと表示が出て、まったく落ち着いて買えません。実際に迷っている間に売り切れてしまうこともあるものの、類似商品も多数販売されているので、あとで後悔しないようにジックリと品定めしたほうが良いと思います。

お気に入りに保存することができないのも、落ち着いて買えない理由のひとつです。「気になったら今すぐ買っちゃいましょう!」というオーラがすごいです。なお、閲覧履歴はあとで確認することができます。

結局、7点1800円余りを購入

Temuで結局、7点1800円余りを購入

当初は100円分くらいしか買う予定ではなかったので、1400円以上も買わなければならないとなると困りましたが、結局、合計7点、1800円余りを購入しました。支払いはクレジットカードのほか、Apple PayやGoogle Pay、コンビニ払いなどが選べます。Pay Payや楽天ペイ、Amazon Payは今のところ対応していません。

お届けは4日後から8日後の予定。それよりも遅れた場合は700円分のクレジットがもらえるということです。

翌日発送→3日後には届いた!

Temuで買った商品の荷姿

約1週間後に届く予定ということで気長に待つつもりでしたが、翌日には発送され、3日後に佐川急便で届きました。

荷姿はOPPテープでぐるぐるに巻かれたビニール袋です。amazonのマーケットプレイスで買った中国からの直送品もこんな感じで届くことが多いですけど、正直、イメージしていたよりも全然キレイで驚きました。以前にアリババで買ったときは、ゴミにしか見えないボロボロのダンボール箱で届いたからです。

計7点、間違いなく届きました

Temuで買った収納グッズ7点

中身を見ると緩衝材などは一切なく、多少の箱潰れはありました。しかしながら、価格を考えると上出来でしょう。中国の倉庫からダイレクトに航空便で送られてきたと考えればなおさらです。

ピッキングミスも破損もありません。なお、購入後90日以内は全額返金の対象になるということです。どこまで信用して良いのかは現時点では分かりかねますが。

 

というわけで、とても不安を感じつつ初めてTemuで収納グッズを買ってみましたが、無事に商品が届いてホッとしました。終わってみればamazonで買うのとほとんど変わりません。

むしろ、amazonで中華商品を買うよりも安く手に入れられるものもありますし、amazonや楽天市場などでは見かけない珍しい商品もたくさんあります。また、1400円以上購入で送料無料になるのですから手軽です。

一方で、amazonや100円ショップで買ったほうが良いような商品もたくさん紛れています。また、商品の仕様が分からないものが多いうえに、実際に届いた商品が思っていたのと違ったということもありました。

なので、Temuは全力でオススメできるようなところではないものの、上手にamazonなどと使い分けできれば面白いと思います。少なくとも私としてはこれからネタを探すのに役立ちそうです。

関連記事

Temuで買った「コードオーガナイザー」2種を比較→結局どちらも使いにくい
Temu(ティームー)で購入した「コードオーガナイザー」2種を比較してみました。いずれもamazonで購入するより安いのは良かったものの、コードを何度もぐるぐる巻かないといけないので使い勝手が悪いです。スルガの「配線コードフック」のほうが良いと思います。
冷蔵庫の卵を自動で先入れ先出しできる!「エッグディスペンサー」が素敵
Temuで「エッグディスペンサー」を購入しました。卵を自動で先入れ先出しできる2段のラックです。奥から順番に使う煩わしさがなく、一般的な卵ケースと比較して省スペースで設置できるのもメリットです。スムーズに転がらないこともありますが、価格も安く、総じてメリットのほうが多いと思います。
Temuで買った伸縮式の仕切り板「引き出しディバイダー」2種を比較
Temuで購入した「引き出しディバイダー2種」を比較してみました。ひとつは仕切り板の側面にスリットが入っていて、そこに凸部をハメ込んで長さを調整、端部のクッションで引出しに固定するタイプ。もうひとつはスライド式で引出しの内側に粘着テープで貼って固定するタイプです。
パンチフリーとは穴あけ不要!棚受けとマグネット式ホルダー試した結果
amazonやTemu(ティームー)でよく見かける「パンチフリー」や「パンチングフリー」は「穴あけ不要」という意味のようです。パンチフリーのフィルム式の棚受けを試してみたところシール式でした。マグネット式リモコンホルダーは粘着テープで壁面に貼るタイプ。
この記事を書いた人

日本で初めて一般家庭向け収納&インテリア・コーディネートサービスを始めて20年の収納&インテリアのプロ。TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王優勝。
安全性を第一に、コスパを重視した収納グッズ&家具選びを心掛けています。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
収納グッズ・家具
収納マン(芝谷 浩)をフォローする
New!収納教える.コム

コメント