スポンサーリンク

つっぱり棒を使って吹き抜けにクリスマスツリーを作る*2021ver*

昨年は階段横の半畳しかない吹き抜けに、つっぱり棒とワイヤーLEDを使ってクリスマスツリーを作りました。ボリュームがある割りにコストは2,000円も掛かっておらず、おまけに片づける場所もコンパクトで済んで、私としてはとても満足しています。

自宅の吹き抜けを利用してワイヤーLEDでクリスマスツリーを作ってみた
自宅の吹き抜けを利用してワイヤーLEDイルミネーションで高さ3mのクリスマスツリーを作ってみました。材料代はたった2千円ほどでOK。しかも収納スペースもコンパクトで済みます。ただし、細い針金でできたイルミネーションは絡まりやすいのが難点です。

ただ、細い針金みたいなワイヤーLEDは絡まりやすくて設置が大変。今年はもうちょっと設置しやすそうなイルミネーションLEDライトを使ってみることにしました。

※価格および仕様はすべて2021/11/08現在

 

KNONEW・LEDイルミネーションライト

KNONEW・LEDイルミネーションライト

今年のために購入したのはKNONEWの「LEDイルミネーションライト」。リンク先はウォームホワイトとなっていますが、私が購入したのはホワイトです。早々に売り切れてしまったのかもしれません。

昨年に使ったのは細い針金のワイヤーでした。一方で、こちらはビニールで被膜されており、絡まりにくいことが期待できます。また、我が家では室内での使用ですが、こちらはIP44等級の防水防塵性能で屋外でも使えるそうです。

先日使ったハロウィーンのイルミネーション同様、USB給電式で、リモコンもまったく同じものが付属しています。

 

クリスマスツリー作り開始

吹き抜けにつっぱり棒を突っ張る

今回購入したLEDイルミネーションライトは1本で20mあるので、3m強の高さから2往復半させます。

昨年使ったワイヤーLEDに比べれば絡まりにくいものの、倍の20mもあるのでやはり一筋縄ではいきません。それなりに手こずりながら往復させました。

ツリーの裾のリングを作成

透明ABS丸パイプでツリーの裾のリングを作成

ツリーの裾の部分は昨年同様、透明ABS丸パイプでリングを作ります。

昨年のは片づけるときに折ってしまったので、今年は6mmを3本と4mmを1本で作成。4mmを3分割して6mmのジョイントとします。

マステで配線を留める

マステでLEDイルミネーションの配線を留める

LEDイルミネーションの配線はマスキングテープでリングに留めます。最初は仮止めして長さを何度も調整し、調整が一通り済んでからちゃんと留め直します。

とりあえず完成

LEDイルミネーションライトを使ったクリスマスツリーが完成

そうしてクリスマスツリーが完成したわけですが、ちょっとパッとしません。昨年も今年もLEDが200球で同等の明るさのはずですが、間隔が広くなってしまっているからでしょうか。

ワイヤーLEDで追いイルミ

ワイヤーLEDで追いイルミ

そこで、昨年使用したワイヤーLEDを螺旋状にして絡ませて、追いイルミネーションすることにしました。2本とも使うと絡まって大変なので1本だけ使います。

追いイルミで良い感じに♪

追いイルミでクリスマスツリーが良い感じに♪

螺旋状にワイヤーLEDを巻き付けたことで上のほうがかなり尖った感じになってしまいましたが、全体としては光量がアップして良い感じに仕上がりました。

2階から見ても良い感じ

2階からクリスマスツリーを見ても良い感じ

2階の廊下から見るとこんな感じ。下から見るのも悪くないですが、2階から見下ろすクリスマスツリーも素敵です。

 

というわけで、基本的には昨年と同じやり方でクリスマスツリーを作りましたが、今年はより絡まりにくいLEDイルミネーションライトを使うことで手際良く済ますことができました。

ただし、コストは2倍程度に。また、どうも光量が少なく感じられたので、ワイヤーLEDを1本追加することになりました。

さて、来年はどんな風にバージョンアップさせるか、早くも今から検討中です。

 

関連記事

ハロウィンを控えてカボチャのLEDイルミネーションを玄関に飾りました
ハロウィンを控えてMiudecoブランド直営店の「カボチャのLEDイルミネーションライト」を玄関に飾りました。リモコン付きでコスパが良いです。階段の手摺にはマステ+超強力両面テープで、天井にはホッチキスで吊り下げました。
カインズ「折りたたみ式ワークデスク」がコンソールテーブル代わりに良き
カインズの新商品「D10 折りたたみ式ワークデスク 80×40 ナチュラル」をコンソールテーブルの代わりにして玄関に雛人形を飾りました。税込3,980円と安いですが、質感はおねだん以上だと思います。折り畳めば厚み70mmとなり省スペースで収納できるのもメリットです。
ミニサイズの「バスケットゴール」を子供部屋の壁面にマステで設置してみた
SPALDING(スポルディング)の「バスケットゴール・ミニ・スラムジャムバックボード 56098CN」はドアに掛けて使用するのが基本。ですが、敢えてドアに掛けるパーツを外し、マスキングテープと両面テープとPPシートを使って壁に貼り付けました。今回はその方法をご紹介します。
壁に付けられる家具のミラーより秀逸!「かがみのカタチ・クリスタル角」
ミラリスby松村鏡店のウォールミラー「かがみのカタチ・クリスタル角」を購入しました。無印良品の「壁に付けられる家具・ミラー・中」のように石膏ボード壁に掛けられることが特徴のひとつですが、こちらのほうがガッチリ取り付けできます。また、国産で品質が良いと思います。

コメント