主要メーカー「プラスチック製チェスト」まとめ!

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

主要メーカー「プラスチック製チェスト」まとめ

木製タンスが売れなくなって久しいですが、その一方でプラスチック製のチェストが市民権を得た感があります。プラチェストなら倒れてきても安心だし、移動や処分も容易。おまけに価格も手頃です。しかも、下手な木製タンスよりもスムーズに引出しが開閉できるものも珍しくなくなりました。

サイズやカラーのバリエーションも豊富です。ただ、各メーカーとも商品が乱立してしまって、どれを選べば良いのか分かりにくくなってきました。そこで今回は、主要メーカーの主要アイテムを中心にプラチェストをまとめてみました。

なお、今回は幅50cm前後のサイズを擁する、それなりにラインナップが揃ったプラチェストのみを対象としています。それではハイエンドモデルから順番に紹介して参りましょう。

※この記事は2023年8月28日時点の情報に基づいています

※価格はすべてメーカー直販サイトの場合

 

天馬・フィッツプラス

フィッツプラス

35cm、55cm、65cm、75cm
奥行 41cm
高さ 3段(66cm)~7段(144cm)
カラー 1色
荷姿 完成品
製造国 日本
キャスター 別売
税込価格 13,800円~28,800円

天馬の「フィッツプラス」は高級ポリプロピレン製チェストの代名詞と言える存在です。開閉がとてもスムーズなだけでなく、引出しの飛び出しを防ぐロック機構付きで安全、側板や背板がフラットでホコリが溜まらないのもメリット。別売キャスターの取り付けも可能です。

ニトリ版「フィッツプラスNT」は天板が2色展開となっています。

フィッツプラス イージー

55cm、65cm、75cm
奥行 41cm
高さ 4段(85cm)~5段(105cm)
カラー 3色
荷姿 完成品
製造国 日本
キャスター 別売
税込価格 13,800円~19,800円

「フィッツプラス イージー」はフィッツプラスの良いところをそのままに、天板をコストダウンした廉価モデルです。また、サイズバリエーションは売れ筋に絞り込まれています。

フィッツプラス デコ

65cm
奥行 41cm
高さ 3段深型(85cm)~5段(105cm)
カラー 2色
荷姿 完成品
製造国 日本
キャスター 別売
税込価格 17,800円~19,800円

「フィッツプラス デコ」は引出前板を有孔ボード(パンチングボード)にしたものです。上写真のように市販のフック等を組み合わせてデコることが可能です。

フィッツプラス メッシュ

55cm、65cm、75cm
奥行 41cm
高さ 3段(66cm)~7段(144cm)
カラー 2色
荷姿 完成品
製造国 日本
キャスター 別売
税込価格 16,800円~29,800円

「フィッツプラス メッシュ」は引出前板を籐チェストのようなテクスチャーにしたものです。あまりプラスチック感の強いのはお好みでない方には良いでしょう。

ニトリには天板が色違いの「フィッツプラスNT メッシュ2」があります。

フィッツプラス プレミアム

55cm、65cm、75cm
奥行 41cm
高さ 3段(66cm)~7段(144cm)
カラー 2色
荷姿 完成品
製造国 日本
キャスター 別売
税込価格 18,800円~33,800円

「フィッツプラス プレミアム」は光沢がありラグジュアリー感あふれるプレミアムモデルです。機能的には通常のフィッツプラスと変わりありません。

 

アイリスオーヤマ・ウッドトップチェストHG

33cm、56cm、73cm、80.5cm
奥行 41.5cm(W80.5cmのみD51cm)
高さ 4段(81cm)~7段(161cm)
カラー 5色
荷姿 完成品
製造国 日本
キャスター 取付不可
税込価格 7,680円~42,710円

天馬のフィッツプラスのライバルと言えるのがアイリスオーヤマの「ウッドトップチェストHG」です。引出しの上下に取っ手が設けられ、手を掛けやすくなりました。カラーも落ち着いた良い色になりました。

引出し前板が外れやすい、側面などにホコリが溜まりやすい、キャスターが取り付けできないといった問題はあるものの、価格が手頃なのは魅力です。

 

アイリスオーヤマ・デザインウッドトップチェスト

56cm、73cm
奥行 42cm
高さ 4段(81cm)~5段(100cm)
カラー 2色
荷姿 完成品
製造国 日本
キャスター 取付不可
税込価格 8,980円~12,800円

「デザインウッドトップチェスト」は基本的にはウッドトップチェストHGとデザインが異なるだけです。上下どちらからでも手を挿し入れられる持ち手の形状ではない代わりに、シャープな印象に仕上がっています。また、サイズバリエーションは絞り込まれています。

 

アイリスオーヤマ・カラーコーディネートチェスト

32.4cm、55cm、72cm
奥行 41cm
高さ 3段(61.5cm)~5段(99.5cm)
カラー 3色
荷姿 完成品
製造国 日本
キャスター 取付不可
税込価格 5,640円~15,800円

「カラーコーディネートチェスト」は前述のデザインウッドトップチェストの天板をポリプロピレンにしたものです。正しくはこちらのほうが先に発売されています。

 

アイリスオーヤマ・マルチユースチェスト

73cm
奥行 41.5cm
高さ 4段(74cm)~7段(132cm)
カラー 2色
荷姿 完成品
製造国 日本
キャスター 取付不可
税込価格 15,180円~32,300円

個人的に高く評価しているのは「マルチユースチェスト」です。マルチユースチェストは上1~2段が小さな引き出しとなっており、下着やハンカチなどを収納しやすくなっています。

 

アイリスオーヤマ・MGチェスト

56cm、73cm
奥行 42cm
高さ 3段(64.5cm)~7段(140.5cm)
カラー 2色
荷姿 完成品
製造国 日本
キャスター 取付不可
税込価格 10,580円~30,580円

アイリスオーヤマの「MGチェスト」は天馬のフィツプラスを模して作られたと思われるシリーズです。側面、背面ともにフラットで、脚が付いています。カラバリも当時2色展開だったフィッツプラスと同様です。

 

サンカ・ロイヤルドロアー

54.5cm、72.5cm
奥行 41cm
高さ 2段(47.5cm)~5段(107.5cm)
カラー 2色+ディズニー
荷姿 完成品
製造国 日本
キャスター 取付不可
税込価格 11,000円~22,000円

無機質なデザインのプラチェストが多い中、サンカの「ロイヤルドロアー」は大人の女性にピッタリな上質なデザインが魅力です。天板は木目調のリバーシブルとなっており、持ち手部分は本革。引出し最上段には隠しトレーが付いているというのもうれしい機能のひとつと言えます。

 

天馬・プロフィックス ルームケース

34cm、54cm、60cm
奥行 42cm(W60cmのみD45cm)
高さ 3段(68cm)~5段(115cm)
カラー 2色
荷姿 完成品
製造国 日本
キャスター 付き
税込価格 5,180円~14,800円

ここからはミドルエンドのプラチェストを紹介します。天馬の「プロフィックス ルームケース」は側面からホコリが侵入したりホコリが積もりにくい構造です。また、幅34cmはキャスター付き、幅54cmは後ろ側だけキャスター付き、幅60cmはコロ付きという風に仕様が異なります。

 

天馬・プロフィックス スタイルケース

65cm
奥行 45cm
高さ 3段(85cm)~5段(139cm)
カラー 2色
荷姿 組立品
製造国 日本
キャスター コロ付き
税込価格 10,800円~17,800円

ここからは組立式となります。天馬の「プロフィックス スタイルケース」は一見すると、前述のプロフィックス ルームケースを組立式にしたように見えます。しかしながら、引出しの開閉のスムーズさはフィッツプラス譲りで、しかも引出しは全段深型のため、組立式の割りには高価です。

 

アイリスオーヤマ・コロネチェスト

30.9cm、53cm
奥行 39.5cm/38cm
高さ 3段(62.5cm)~5段(99.5cm)
カラー 5色
荷姿 組立品
製造国 日本
キャスター 取付不可
税込価格 3,280円~8,780円

アイリスオーヤマの「コロネチェスト」は天板裏にパイプを仕込むことで天板がたわみにくいのが特徴です。また、引出し前板はマットな質感でプラスチック感が強くありません。

 

JEJアステージ・デコニー

34cm、54cm
奥行 41.5cm
高さ 3段(66.1cm)~5段(106.1cm)
カラー 7色
荷姿 組立品
製造国 日本
キャスター 別売
税込価格 3,199円~7,161円

JEJアステージの「デコニー」、表面にシボ加工を施した「デコニー シーヴォ」は標準的な組立式のプラチェストです。ほか関連商品として、側面がフラットな「壁付きデコニー」があります。

ニトリには標準仕様の「デコニー シーヴォ2」と壁付き&木製天板仕様の上位モデル「壁付きウッドトップ デコニー シーヴォ2」があります。

 

サンカ・ルームス

34cm、54cm
奥行 42cm
高さ 3段(68cm)~5段(107cm)
カラー 10色
荷姿 組立品
製造国 日本
キャスター 別売
税込価格 3,750円~8,000円

前述のデコニーと同じくらいメジャーなのがサンカの「ルームス」です。フニャフニャですが、カラーバリエーションが豊富で人気となっています。木天板タイプもあります。

 

以上の通り、天馬、アイリスオーヤマ、サンカ、JEJアステージの主要なプラチェストを紹介しました。

個人的には、天馬のフィッツプラスを軸に検討するのがもっとも理想的だと思います。もっとも引出しがスムーズに開閉でき、耐久性の面でも自信を持ってオススメできるからです。サイズやカラーのバリエーションも豊富です。

一方で、価格の安さでアイリスオーヤマのウッドトップチェストHGも魅力的です。お好みのカラーがあればなおさら、こちらのほうが良いとおっしゃる方もいることでしょう。

それに比べたら組立式の他のチェストはあまり積極的に選ぶ理由がないかなとは思いますが、そのときの価格次第ではアリかもしれませんね。

関連記事

ニトリ「フィッツプラスNT」とプロパーの違い→価格が安くて天板2色展開
天馬のフィッツプラスのニトリ版「フィッツプラスNT」が「NT2」にリニューアルし、以前よりも違いが大きくなりました。プロパーが値上げ、天板カラーも1色になってしまったのに対し、NT2は価格ほぼ据え置き、カラバリも2色を維持して、相対的に魅力がアップしています。
天馬「フィッツプラス」と同「イージー」の違いは天板!価格も安い
天馬からカプチーノ色の「フィッツプラス・イージー」が登場。天板のコストを抑えることで従来品よりも価格が安いことが魅力。天板耐荷重は数字の上で見ると半分ですけど、実際はそこまでの違いはないんじゃないかと思います。
ポリプロピレン製チェスト【徹底比較】ニトリvs無印良品vsアイリスvs天馬
ニトリ、無印良品、アイリスオーヤマ、天馬のポリプロピレン製チェストを徹底比較してみました。価格重視ならニトリ、無印良品好きなら、ポリプロピレン収納ケース、アイリスオーヤマのフレンチテイストのデザインウッドトップチェストも良いし、もっとも理想的なのは天馬のフィッツプラス。
一人暮らしにはどっちがオススメ?引出式衣装ケースvsワイドチェスト
引出式衣装ケースとワイドチェスト、一人暮らしにはどっちがオススメでしょうか。引出式衣装ケースのほうが引越しの際にそのまま運べて便利ですし、レイアウトの変更も容易で、クローゼットや押入れの中に収めることもできます。チェストは天板が丈夫、見た目が良い、下着や洋服を出し入れしやすいなどのメリットがあります。
この記事を書いた人

日本で初めて一般家庭向け収納&インテリア・コーディネートサービスを始めて20年の収納&インテリアのプロ。TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王優勝。
安全性を第一に、コスパを重視した収納グッズ&家具選びを心掛けています。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
比較
スポンサーリンク

コメント