New!収納教える.コム

収納マンこと、TVチャンピオン収納ダメ主婦しつけ王 芝谷浩のブログ。部屋別・モノ別収納法、オススメ収納グッズ・家具、主夫の家事にまつわる話などを紹介します。

*

一番お得なカラーボックスはこれだ!ニトリvsイケアvs無印良品vsアイリスオーヤマ

      2016/06/07

意外と、アマゾンなどのショッピングサイトで「本棚」と検索すると、いわゆるカラーボックスが上位に出てきます。多くの一般家庭や単身世帯ではそれほど本は多くないため、カラーボックスがあれば事足りるのでしょう。私の今までの経験から言っても、3~5段程度のカラーボックス的なもので事足りるケースが多いように思いますので納得です。

カラーボックスというのはそもそも、サブロク合板(3×6尺)を使ってもっとも歩留まりが良く(材料効率が良く)作られた組立家具で、高度経済成長期には日本から海外に大量に輸出されました。日本が誇る、イケアもビックリのコストパフォーマンスの高い収納家具なのです。

しかし、カラーボックスは本を収めるには十分とは言えません。前述の通り、合板の無駄なく作ることを第一に作られたのであって、本のサイズに合わせて作ったわけではないからです。本だけでなく、何を入れても中途半端。結果、使い手に工夫が求められます。

今回はそういう点も踏まえまして、本棚として使える一番お得なカラーボックスを、ニトリ、イケア、無印良品、アイリスオーヤマの中から選んでみたいと思います。

 

ニトリ・カラーボックスカラボ

ニトリのカラーボックスは今年に入ってから仕様が変更されました。ニトリのカラーボックスの最大の特徴は棚板の位置が変えられることですが、2014年までは可動棚も固定棚も同じように外側からネジで固定するかたちだったのが、2015年からは可動棚は内側のダボ穴に棚受けを付けて可動棚を乗せるかたちになりました。そのためいちいちネジを抜かなくても棚が動かせるようになったのです。一方でやたらと穴だらけになりましたが、まあニトリに見た目を求める人なんていないので問題ないでしょう。

ニトリのカラボは幅420×奥行300×高さ880mmの標準的な3段タイプで税込1,190円。ホームセンターの特価品なら同程度のサイズで1,000円を切ることもありますが、本を収めるということを第一に考えれば、棚板が動かせてこのお値段というのはお得感があって良いと思います。

幅3サイズ、コーナータイプやA4サイズ対応の高さのものもあり、2段、3段、6段もあります。カラーバリエーションは3色。もちろん別売棚板もあり。十分なレパートリーが用意されていると言えるでしょう。

【関連】2015新仕様☆ニトリのカラーボックス「カラボ」を組み立ててみた

 

イケア・KALLAX(カラックス)シェルフユニット

イケアのカラックスをカラーボックスと呼んでいいのかは若干疑問がありますが、まあ今回はカラーボックスの仲間として扱いたいと思います。

イケアのカラックスの最大の特徴は、一般的なカラーボックスと比べると見た目が良いということでしょうか。ただ、外箱が厚い合板でできているということもあり、価格は高くなってしまって税込5,499円。カラックスが高いというより、いかに日本的なカラーボックスのコストパフォーマンスが高いかということがよく分かります。

本棚としての使い勝手を考えた場合、カラックスは雑誌を収めるのには高さはちょうど良いですが、文庫本、コミック、単行本を収めるにはスペースの無駄が多くなるだけでなく、見た目もあまり良くありません。また、奥行は390mmもありますので、雑誌を収めても200mm近く手前に空間が生じます。以上のことから、基本的にカラックスは基本的に本の収納には向かないと言えます。

ちなみにカラックスには引出や扉のオプションがあります。サイズは上写真のような4マスのものが最小で、あとは大きなものばかりです。

 

無印良品・パルプボードボックス


一般的にカラーボックスはパーティクルボードを芯材とした合板を使用したものが一般的ですが、無印良品のパルプボードボックスは分かりやすく言うと分厚い厚紙でできています。そのため、ちゃんと組み立ててもグラグラで、雑誌などを収納しようものなら重さで激しくグラグラします。最近の無印良品の収納家具は少しマシなものが出てきましたので、これも廃番になるのは時間の問題でしょうか。

上写真のA4サイズ対応の3段タイプの価格は税込2,730円。他にもサイズバリエーションはありますが、グラグラでこの価格では話になりません。もっとも選んではいけないカラーボックスと言えるでしょう。

 

アイリスオーヤマ・CBボックス


アイリスオーヤマのCBボックスはオプションパーツがもっとも豊富で、カスタマイズしやすいのが大きな特徴です。また、中空構造でないベタ芯の合板を使っているため丈夫で、どこにでもキャスターなどを取り付けることが可能です。さらにカラーバリエーションやサイズバリエーションも豊富。カスタマイズ次第で様々な使い方ができます。

ただ、構造的には本棚として使うには普通のカラーボックスとしか言いようがありません。現在では可動棚タイプもありますが、価格の面も考えるとあまり魅力的とは言えません。

カスタマイズしやすく頑丈という点ではCBボックスはオススメできるんですが、こと本棚として使うことを第一に考えれば、それほどオススメとは言えません。だいたい、オプションパーツの価格が高すぎます。諸々取り付けて数千円から1万円になってしまうんだったら、普通に本棚を買ったほうが良いと思います。

 

以上のことから、本棚としてカラーボックスを使うのであれば、コストパフォーマンスの面でも使い勝手の面でもニトリのカラボが圧倒的にオススメと言えます。正直、以前の仕様ではオススメできませんでした。結構グラつきがひどかったからです。しかし今の仕様であれば、グラつきが目立つことはありませんので大丈夫だと思います。

ちなみにニトリのカラボの以前の仕様では扉などのオプションパーツもあったんですが、現在はなくなりました。今後、好調に売れ行きが推移すればまたオプションパーツが増えるかもしれません。今後に期待したいところです。

 

【関連記事】

 - モノ別収納法, 部屋別収納法, 収納グッズ・家具, リビングダイニング, 押入, 子供部屋, 書斎・個室, 一人暮らし , , , , , , , ,

Comment

  1. 日本三毛猫 より:

     収納マン様、こんばんは。ニトリのカラーボックスが1つあります(と言いますか、カラーボックスは家に1個しかない)。ここのボックスはよそと比べ、奥行がありますので、コクヨのB5ファイルボックスがきちんと収まります。
     私は最下段にふだん使う教科書やファイル(私は教員です)の入ったファイルボックスを置いています。上の段は割とスカスカにしてあります。

     本当はちゃんとした本棚を置きたいのですけどね。A4ファイルボックスが収まる奥行のを。エースラックだといきなり40cmを超してしまうのでじゃまです。

    • 収納マン より:

      日本三毛猫さま

      こんばんは~^^

      たぶん、ニトリのカラボと一般的なカラーボックスの奥行内寸って10mmほどのことだと思うんですが、それがコクヨのファイルボックスと絶妙にマッチするんですね~。

      A4ファイルボックスが収まるとなると、コクヨのファイルボックスだと419mmですから奥行430~440mmくらいの本棚がちょうど良いってことですかね?エースラックだと460mmですけど、確かに今まで奥行300mmのカラボだったのが460mmになると邪魔ですね~^^;

  2. 日本三毛猫 より:

     収納マン様、ありがとうございます。
     >>419mm<<はB4サイズ以上では?コクヨのファイルボックスですと、A4サイズは317mmになります。なのでエースラックの奥行は惜しいところなのです。私としては、はみ出すのはNGです(はみだす=物事が収まらない)。

    • 収納マン より:

      日本三毛猫さま

      あ、すいません。コクヨのA4ファイルボックス、アマゾンでの記載はどうも組み立て前の状態の寸法でした^^;

      317mm・・・確かにこれはなかなかない寸法ですね。内寸なら扉付きのものだとちょうど良いものもあると思いますが、それだと意味ないですもんね(>_<)

  3. 日本三毛猫 より:

     収納マン様、たびたびおそれいります。
     A4ファイルボックスがぴったり収まる本棚が既製品としてあってもよさそうなのに、ないのが不思議ですよね。ファイルキャビネット類をみていると、たいてい40cmになるのです。部屋が広ければそれだっていいのですけど。

    • 収納マン より:

      日本三毛猫さま

      スチール製書庫にはA4ファイルボックスが収まるものがありますけどね。木製書棚はサブロク合板(3×6尺)かヨンパチ合板(4×8尺)で歩留まりが良い(=材料に無駄がない)寸法のものが作られるので、どうしても30、40、45、60、90、120cmが基本となってしまうのです。

      強いニーズがあれば間の寸法のものも企画される可能性はあるんですが、まあ、ほとんどの人はそういうことにニーズを持っていないので、難しいでしょうね~。

  4. まお茶 より:

    こんにちは。
    いつも収納で知りたいことがあり調べると、収納マン様のブログにたどり着きます(笑)
    リビングに置こうと思っているカラーボックスをニトリにするか、エースラックにするかで迷っています。
    ニトリは6段のカラーボックス(幅42cm)、エースラックはNC1845、いずれもホワイトです。
    全てが可動棚で幅が40cm程度、高さが170cm前後でホワイトの棚で探してこの2点に絞りました。
    収納するものは本(子供の絵本がほとんど)と雑貨少々です。
    例のニトリの机とアイリスのメタルラック(ホワイト)に挟まれる予定です。
    この2つは価格以外にどんな違いがありますか?

    • 収納マン より:

      まお茶さま

      こんにちは~^^
      まお茶さんにこちらにもお越しいただけてうれしいです!

      ニトリのカラボ(W42)6段か大洋のエースラックNC1845ですね。
      価格はかたや税込2,990円、かたや1万円強ですから、できれば出費を抑えられたほうがうれしいですよね。

      これらの違いは価格以外に主に3つあります。
      ・NC1845のほうが横揺れに強い構造
      ・NC1845のほうが棚板の移動が楽
      ・NC1845のほうがやや丈夫な表面素材

      NC1845のほうが価格が高いのでメリットが多くなりますが、以下、詳述しますので、価格差を考慮しながら品定めの参考にしていただければと思います。

      【NC1845のほうが横揺れに強い構造】
      NC1845の天板と台輪に注目してください。
      ニトリのカラボは天板・棚板・底板が同じように両側板の間に渡される構造です。
      一方でNC1845は天板が両側板の上に乗り、底板は両側板の間にあってその下を幕板が支えています。
      つまりNC1845はニトリのカラボより複雑な構造で、横揺れに強いと言えます。

      【NC1845のほうが棚板の移動が楽】
      NC1845は可動固定棚2枚と移動棚4枚という構造で、可動固定棚は一応固定しないといけないものの、移動棚は自由に位置を調整できます。
      一方のニトリのカラボ6段は半固定の棚5枚という構造で、すべて底からネジを計4本留めないといけませんし、さすがにこのくらいの高さになるといずれかの段は決められた位置で固定しないといけないと思います。
      そのあたりが微妙に使いにくいかもしれません。

      【NC1845のほうがやや丈夫な表面素材】
      NC1845もニトリのカラボもプリント化粧板ですが、NC1845は強化プリント紙を使っていると思われ、丈夫で質感もカラボよりは良いです。
      あと、ニトリのカラボは側面にネジ穴が多数見られるので、どうしても目障り感はあります。

      総じて、エースラックは書棚の廉価版、カラボはカラーボックスの親玉と言えます。
      価格が3倍も違うのでどちらが良いと一概に言うのは難しいです。
      リビングに置くということで見た目重視ならエースラック、とりあえず5~6年使えれば良いと考えるならカラボ、というところでしょうか。

      • まお茶 より:

        早々のお返事、有難うございます!!

        昨日、とりあえず現物を見てみようとニトリとホームセンターに行ってみましたが、あいにくエースラックにお目にかかることはどきませんでした。
        ニトリもリーズナブルで良かったのですが側面のねじ穴が気になったことと、一度購入したらきっと壊れるまで処分することはないので、リビングに長期間置くなら多少でも見栄えのいいものにしようと思い、エースラックをネットで購入しました。

        収納マン様に教えて頂いた、エースラックの方が棚板の移動がラク&やや丈夫な表面素材というのも決め手になりました。
        実物を見れない中、収納マンさまのアドバイスで自信を持って決めることができました。
        本当に有難うございます!!

        • 収納マン より:

          まお茶さま

          エースラックの実物は見れなかったんですねー。
          責任重大ですが、お役に立てて良かったです^^

          これで学習スペースは完成でしょうか。
          入学に向けて、お嬢様の気持ちもますます盛り上がりますね♪

          • まお茶 より:

            年末にエースラックが届き設置しました!!
            見た目重視で選んだエースラックですが、大正解だったと思います。
            思っていた以上にしっかりとした感じで、底の部分が10cm程度高さがあるのも埃が入りにくく、ものも取り出しやすいので気に入っています。

            今回初めてこのような家具を主人と2人で組み立てたのですが、なかなか大変ですね。
            かなり四苦八苦しながら組み立てましたが、完成したとき「おぉできた!!」というちょっとした達成感も味わい、いい経験でした。

            これで学習スペースは完成ですが、インテリア好き、収納好きなので、狭いリビングを中心に物を減らして家具を今までよりコンパクトなものに変えていくプランを進行させています(笑)
            ということで、収納マン様、有難うございます!!、そして引き続きお世話になりますね。
            宜しくお願いしま~す!!

  5. 収納マン より:

    まお茶さま

    お~!早速届いて、しかも設置もされたんですね!

    「大正解」というお言葉を聞けて、私もとてもうれしいです^^

    お嬢様もお母さんとお父さんが一生懸命勉強スペースを作ってくれてとても喜んでいることでしょう。
    これは一生の思い出になりますね♪

    なにはともあれ、お疲れ様でした~^^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ソフラン アロマリッチ 柔軟剤 ダイアナ
スッキリ暮らすためには「選ぶ楽しさ」より「選ぶ必要がない楽さ」が必要

先日、妻から頼まれて柔軟剤を購入しました。ちょうどアマゾンでまとめ買いのキャンペ …

森田アルミ工業・STOK laundry + rail
室内物干しワイヤー「pid 4M」の廉価版!? 森田アルミ工業「STOK laundry + rail」

室内物干しグッズとしてはもはや定番と言っても過言ではない森田アルミ工業の室内物干 …

ホットプレートの収納場所
【収納の問題です】ホットプレートの収納場所として適切な場所を答えなさい

収納の問題 ホットプレートの収納場所として適切な場所を以下の3つの選択肢から選ん …

スマイル・らくピタッ3連フックSE4060
収納芸人コジマジック氏がプロデュース!空納生活「らくピタッ」3連フックSE4060

みなさま、コンニチハ。元祖・収納王子、収納マンでございます。 突然ですが、粘着式 …

入居者が用途に合わせて自由に棚を組み替えられる賃貸住宅「SHELFREE(シェルフリー)」
家具付きじゃなくて棚付き!?賃貸物件「SHELFREE(シェルフリー)」のメリット

出典:PR TIMES 不動産業を営むクラスコが、入居者が用途に合わせて自由に棚 …

大洋・エースラック・カラーラック・AR1860/NC1860
アイリスオーヤマ「スペースフィットラック」を大洋「エースラック」と比較してみた

今年の春頃にアイリスオーヤマから発売された「スペースフィットラック」は、一見、普 …

WiiU本体とパッドのACアダプタを1本化!「USBもACもいりま線U」でコンセントを確保

わたくし収納マンは、配線収納ってとても大事なことだと考えています。ある意味で収納 …

小久保工業所・「壁ピタ」ティッシュ
セリアで見つけた♪小久保工業所の「壁ピタ」ティッシュは100均ならではのお手軽感

ネタ探しのために100円ショップのセリアの店内を物色していると、普段あまり足を運 …

セリア・アレンジコロ付きボックス
100円均一でOK!コンロ下の調味料はプラ箱にまとめるべし!

扉式のシステムキッチンの場合、コンロ下に調味料ボトルを収める際には100円均一の …

クリーニング屋さんでもらえる樹脂製ハンガー
ベスト・オブ・ハンガーはクリーニング屋さんでゲット!ハンガー揃えてクローゼットを快適収納

収納のプロなので新しい収納グッズがあるとつい買ってしまいたくなるのですが、ハンガ …