2024年4月23日(火)から最長25日(木)にかけてサーバーの更新を予定しています。その間はコメントがうまく投稿or返信できない可能性があります。

カインズ×JEJ「システムケース」は幅奥行とも36cmの正方形の引出し

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

妻がNHKの「チコちゃんに叱られる!」という番組が大好きで、私も傍でよく見ています。素朴な疑問に対して出演者が答えられないでいるとチコちゃんから「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られるわけですが、私もこれまでボ――ッと生きてきたことを反省することしきりです。

先日も、これまで幅×奥行が正方形の引出し式衣装ケースなんてないと思っていたところに、実は天馬の「フィッツケース」シリーズに幅45×奥行45cmサイズがあったことに気付きました。

天馬「フィッツケース」幅45×奥行45cmに深型と幅ハーフ型が登場!
天馬の引出式衣装ケース「フィッツケース」シリーズの幅45×奥行45cm×高さ20cmの「ワイド」に深型「ワイドディープ」と半分の幅の「ワイドハーフ」が登場しました。

それだけでも十分ショックだったのですが、これまで何度も見ているはずのカインズの引出し式収納ケースにも底面が正方形のサイズがあったんですね。

※価格および仕様はすべて2022/03/22現在

 

カインズ×JEJ・システムケース

カインズ×JEJ・システムケース

出典:カインズ

それがこちら。カインズの「システムケース」というシリーズで、奥行360mmを基本とし、その中のひとつに幅360mmの正方形のものがあります。新しい商品ではないどころか、もう10年くらい前から販売されているものです。

作っているのはJEJアステージで日本製。基本的にはCDやDVDを収納するのに最適化されたサイズになっています。また、大量のCDやDVDを収納しても大丈夫なように天板にはステンレスの棒が仕込まれており、引出しも比較的スムーズに開閉できるように作られています。また、ゴム脚や上下連結パーツも付属しています。

サイズバリエーション

外寸(mm)内寸(mm)収納量目安仕切板税込価格
120180×360×120145×320×85MDを2列に70枚1枚980円
180シングル180×360×180145×320×145CDを1列に30枚1枚1,280円
180ダブル360×360×180320×320×145CDを2列に60枚3枚1,780円
240シングル180×360×240145×320×205DVDを1列に20枚1枚1,480円
240ダブル360×360×240320×320×205DVDを2列に40枚3枚1,980円
衣類240540×360×240495×315×205ワイシャツを10枚なし2,980円
専用キャスター高さ+55698円

サイズバリエーションは上表の通り。ニトリでも販売されているサンカの「squ+コレクトケース」に似たサイズ展開です。そればかりか、上下連結パーツや仕切り板が付いており、キャスターが用意されている点もとてもよく似ています。

一方で、サンカのほうはフニャフニャで耐久性に乏しいですが、カインズのシステムケースは天板も引出しもガッチリ。見た目も相まって無印良品の「ポリプロピレンケース・引出式」を強化したような感じです。

無印良品との比較

カインズ無印良品
外寸(mm)税込価格外寸(mm)税込価格
120180×360×120980円ハーフ浅型140×370×120790円
180シングル180×360×1801,280円ハーフ深型140×370×175890円
薄型縦260×370×90790円
浅型260×370×120890円
180ダブル360×360×1801,780円深型260×370×175990円
240シングル180×360×2401,480円
240ダブル360×360×2401,980円
衣類240540×360×2402,980円
専用キャスター高さ+55698円キャスター高さ+40390円

※無印良品はすべて「ポリプロピレンケース・引出式」

サンカのコレクトケース はカインズのシステムケースに比べて耐久性に乏しく価格も高いので比べるまでもありませんが、無印良品のポリプロピレンケース引出式と比較した場合はどうでしょう。

サイズが比較的近いものをピックアップして比較してみたところ、まず無印良品のほうがコンパクトなサイズを得意としていることが分かります。逆に言うと、無印良品にはこの奥行で深いものや幅の広いものはありません。

また、価格は無印良品のほうが安いです。これはカインズのほうは天板にステンレスの補強が入っている、ゴム脚や仕切り板が付属している、幅が大きい、ロットが少ないなどといった理由が考えられるでしょう。

 

ぶっちゃけ、私の中ではカインズのシステムケースは「無印良品のポリプロピレン収納に似てるなー」程度の認識しかありませんでしたが、もっと注目すべきであったと今更ながら反省しております。丈夫で価格も決して割高ではなく、特にCDやDVDを収納する場合には最適だと思います。

もっとも、最近はCDやDVDを収納したいと考える人は少なくなってきているので、別の用途を訴求していかないといけないのかもしれませんね。

関連記事

無印良品の「ポリプロピレン収納ボックス」がCDを収納するのにちょうど良い
無印良品の「PPキャリーボックス ロック付・大」と「ポリプロピレン収納ボックス・ワイド・中」はいずれもジャケットCDを約100枚収納することができます。その際の重さは12kg弱で比較的持ち運びやすい重さ。キャスターを付けたい場合はPPキャリーボックス、ホワイト系が良い場合はポリプロピレン収納ボックスを選ぶのが良いでしょう。
無印良品「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」の色違いがカインズに登場!
無印良品の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」の色違いがカインズに登場しました。「座れる丈夫な収納BOX」という商品名で、50Lサイズはホワイト×グレー色とブラック色、70Lサイズはブラック色のみとなっています。製造元はおそらくリスでしょう。
カインズ「折りたたみ式ワークデスク」がコンソールテーブル代わりに良き
カインズの新商品「D10 折りたたみ式ワークデスク 80×40 ナチュラル」をコンソールテーブルの代わりにして玄関に雛人形を飾りました。税込3,980円と安いですが、質感はおねだん以上だと思います。折り畳めば厚み70mmとなり省スペースで収納できるのもメリットです。
カインズ「玄関タイルの汚れを落とすブラッシングスポンジ伸縮柄」使ってみた
カインズの「玄関タイルの汚れを落とすブラッシングスポンジ伸縮柄」を使ってみました。たぶんアズマ工業の「玄関タイルブラッシングスポンジF AZ294」と色が違うだけですが、軽い力で玄関の床タイルやFRP塗装されたベランダをキレイにすることができます。

コメント